【新年のご挨拶】

少し遅れてしまいましたが、新年のご挨拶です。

去年の夏に祖母が亡くなったため「あけおめ」ではございませんが、今年も何卒宜しくお願いいたします。

2016年から「自称サメ社会学者」という謎の肩書を作り、今までも続けていたサメ関連の活動にこれまで以上に力を入れてきました。

気仙沼への一人旅、サメ合宿、サメキャンプ、夢プレゼン交流会でのプレゼン、サメ好きのクリパなど、趣味でやっているだけにしては割と動けたと思いますが、2017年は、それを発展させる年にします。

Facebookではすでに公開したことですが、今年は僕にとって「実験と修行の年」です。

会社員としての本職、性愛やほかの人間関係も含み、もちろんサメと社会学の分野でも新しいことに挑戦し、既存のことにも新しい方法で取り組み、そして経験を積んで能力向上、成果につなげていきます。

こうした思いをもったのは、自分が2016年を大いに楽しんだのと同時に、かなり危機感を覚えたからです。

仕事と性愛については安易にネットに公開したくないので詳しくは伏せますが、今の自分のままでは両方ともボロボロになり、ビジネスでもプライベートでも誰からも求められない存在になるのではないかというある種の恐怖を覚えました。

サメ社会学と名付けて環境社会学や動物倫理学の分野を勉強していますが、今のままではマニアックなことを知っている一般人の域を出ません。それに、「サメの人」という印象は皆さんの中にあるかもしれませんが、社会学者としての僕はまだ周りに確立できていないように思います。僕はサメが好きなのでサメ社会学者なんて肩書を使っていますが、あくまで社会学者でもあるのです(自称ですが笑)。なので、この取り組みを通して訴えていきたい考えがまだまだあります。

自分のブランディングが甘い、自分の知識や能力が中途半端なため、まだ突き抜けていないと思います。

2017年は「実験と修行の年」。

今年、自称サメ社会学者として、今年は下記のことに挑戦します。

・サメについて情報発信を行うHPの設立計画
やはりサメそのものについての自分の理解を深めるため、発信型のHPを作るのは手っ取り早いと感じました。せっかく周りに研究者やマニアの方が数多くいるので、お力を借りたいと思っています。うまくすれば図鑑よりも読みやすく、wikipediaよりもはるかに正確な、サメに興味のある人にとってかなり便利なインフラになると考えています。と言っても、HPの作り方なんて全く知らないので、完全に計画段階です・・・。

・サメグッズに囲まれた家への一人暮らし計画
サメも社会学も関係ありませんが、自分の時間を自分でコントロールし、生き物を理解するうえで大事な取り組みの一つである料理にもっとコミットしやすくするため、本気で一人暮らしについて考え、どんなに遅くとも2018年には必ず実行します。

・サメ社会学の本格的な学術論文の計画書作成、および執筆開始
ブログで発信するだけでも十分負荷がかかって自分の知識不足を埋める動機づけになってきましたが、やはりアカデミックな文章に取り組むことでしか見えない高みに行ってみたいです。色々あって大学時代ゼミに入らなった僕にとって多少ハードルありますが、乗り越えていけるでしょう。

・太地町、気仙沼など、自分が気になる街への訪問および再訪
以前のブログで共同体による自然保護について書きました。人間と自然との関わり方について、やはり太地町や気仙沼など、自分が今まで気になっていた場所を訪問し、学べることもあると思います。気仙沼は去年も行きましたが、シャークスさん(気仙沼のサメグッズ専門店 http://sharksjapan.com/ )も新しくなったので、また訪れるつもりです。

・社会問題や時事についての勉強会実施または参加
自分の殻にだけ閉じ困らず、色んな方と意見を交換したい。そもそも、メディアリテラシーの議論で触れてきた通り、メディアの是正よりも受け取るためのリテラシー強化を僕は重視しており、そこには他分野の方と意見を交換して柔軟な思考をしていくことが大切です。勉強会の参加はそれを補ううえで一つの手段だと思います。ネトウヨみたいな気持ち悪い一体感だけもつような集団になったり、一部の自己啓発セミナーみたいに一つの分野しか勉強しない自己洗脳みたいなことにならないよう注意しながら頑張っていきたいと思います。

以上、引き続きよろしくお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です