【サメ活動記録 ~大洗水族館~】

一人暮らしを始めてまだ1か月も経っていませんが、衝動を抑えきれずに大洗水族館(正式名称:アクアワールド茨城県大洗水族館)へ遊びに行きました。やはり思うのですが、最低限一か月に一回サメを観ないとダメですね。禁断症状が出そうです。今回はその報告記事です。

さて、東京から行くのと時間的にはそこまで大差ないですが、線を選べば東京からより安く行けるため、今後も通おうと思い年パス購入(^^)

まず入り口の小さい水槽で出迎えてくれたのは、ショートテールナースシャークの赤ちゃん!!!

オタマジャクシみたいですが、テンジクザメ目コモリザメ科のサメです。ちなみに、現在はタンビコモリザメという和名も一応ついているはずです。とにかく可愛い・・・。

のんびるするナヌカザメに癒されようとしたら、コブダイがヤバいことになってました。彼は無事だったのでしょうか・・・・。多分弱ってただけだと思うのですが、顔が顔だけにホラー映画みたいです。

さて、気を取り直して今度はカスザメちゃんを発見!!!

しかも泳いでいる!
エイに形が似ていますが、カスザメ目(一科一属)のれっきとしたサメの仲間。サメ特有の表側の鰓がこの写真だと見えにくいですが、体のパーツが1枚になっていないので、サメの仲間と分かります。そして、普段は砂の中に潜って獲物を待ち構えています。

こんな感じです。一体カスザメ君はどこでしょう。


正解はこちら↓

ちょっと簡単すぎたかもしれないですね。

さて、お次は出会いの海のコーナー。僕が最後に大洗水族館を訪れてから搬入されたというドタブカが泳ぐ場所です。ドタブカ好きな友人がいることもあり、会えるのが楽しみだったサメです。

一応はっきり見れたのですが、水槽の上部ばかりを泳ぐうえ、見た目がかなり似ているクロヘリメジロザメも一緒だったので、写真だとちゃんとドタブカなのか怪しいです。

種の同定どころじゃない写真ですが、カッコいいでしょ(笑)?
確かドタブカの写真だったと思うんですよね。

ちなみに、ドタブカとクロヘリメジロザメの見分け方は、クロヘリメジロザメの方が鼻がドタブカより丸く(というか吻が短い?)、クリクリした可愛い目をしています。この見分け方は、大洗水族館の職員にも確認したので間違いないかと。また、これは僕の持論ですが、クロヘリメジロザメの体は独特の角張があり、光の反射の仕方が特徴的な気がします。

他にもエイラクブカ、アブラツノザメといった、(多分)なかなか他の水族館ではお目にかかれそうにないサメがいます。

そして、やはり主役はこの子達(*´ω`*)

シロワニとレモンザメ!!シロワニは相変わらず堂々としていて、レモンザメは可愛いニヤケ顔。クロヘリメジロザメとナースシャークもいたのですが、クロヘリメジロザメは別水槽で観ていたし、ナースシャークは端っこで爆睡していたので、今回はこの子達の写真ばっかりでした(笑)。

んで、他にも可愛いサメはいっぱいいたですが、僕の中では今回のMVP(Most Valuable SharkでMVSかな)はこの二匹!!!

岩に頭を乗せるオオセ!!!!(正確にはノーザンウォビゴング)

さらに

アメリカナヌカザメ!起きてるか寝てるのか分からない半開きの目と微妙に見える歯が可愛すぎる。

 

他にも可愛いサメたちが沢山いる大洗水族館。みんな紹介してたらキリがないのでこのくらいにしますが、僕が大洗水族館が大好きなのはサメの種類数が多いからだけではありません。

大洗水族館は、展示している生き物についての説明を他の水族館に比べて丁寧に行っています。例えば、ほぼ全ての生き物紹介に学名を載せています。

これを見習って、僕も当HPで積極的に学名を紹介していこうと考えています(ちょっと面倒くさいけど笑)。

また、飼育実績が優れている故かもしれませんが、生き物を学ぶ上で参考になる素材もたくさんあります。

死産になってしまったシロワニの胎児の標本です。
今回の大洗水族館訪問はサメに癒されに行くのと同時に、当HPで使用する素材の撮影のためでもあったのですが、かなりいい写真がいくつか撮れました。これから更新するページや、今まで作ってきたページを充実させるために活用していこうと思います。

あと、もう一つ大洗水族館が好きな理由としてはサメを観る以外の方法で文字通り「味わえる」からでしょうか・・(笑)。

鮫カレー&シャークナゲットです。ゲテモノと思うなかれ。とっても美味しいです。

せっかく年パスを買ったので、最低毎月ペースで遊びに行こうと思います。基本一人でも水族館を楽しめる人間ですが、他の人といくといつもと違った刺激をもらえたりするので、ご一緒してくれる方も募集してます(^^)

まあ、2~3周は必ずすることになるので、ご了承ください(笑)。

引き続き皆さま宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です