久しぶりのダイビング(サメはいなかったけど笑)!

「サメが好き」と言いつつ、実は海でサメに会った回数はまだ両手の指で数えられる程度です・・・。

「もっと潜りに行きたい!」
「でもブランク空いちゃった!」

そんなことをサメ仲間の方々に相談し、久しぶりのダイビングに行って参りました!!!

機材の扱い方とかやっぱり頭からすっぽ抜けていて、色々教わりながらでしたが、幸い無事に終えることができました。無事どころか、久しぶりのダイビングでテンション上がりまくり(その割にはエアの消費がそこまで激しくなく良かったです笑)。

今回は千葉の浮島周辺で潜りました。サメには出会えませんでしたが、何気ない魚たちにも心奪われる至福の時間。改めてダイビングの素晴らしさを感じました。

クダゴンベ!実家の水槽で飼ったこともある可愛い魚です。写真で見ると大きく見えますが、3㎝ないくらいの実に可愛らしいサイズでした。

©サメ好き仲間O氏

ハナミノカサゴ!毒針を持っているせいなのか全くダイバーを怖がる様子なく悠々泳いでいました。

この他にもアオリイカの群れが小魚を捕食するシーンや、ちょっと目を離したら見失ってしまうカレイの華麗な(笑)カムフラージュなど、色々と楽しいものが見れました。

 

 

久しぶりにダイビングしてみて感じたことがあります。

それは、生の感覚って大事だなということです。

魚を観ることは水族館でも熱帯魚屋さんでもできます。ですが、実際に海の中という魚と同じ場所に身を置き、自然の中で泳ぐ魚の姿を見るのは、五感を通して色々な刺激を受けます。その刺激は、学術的な知見を超えた、もっと感覚的なものです。

僕は子供の頃からドキュメンタリー番組や動物特番が好きだったので、イカの捕食の瞬間だって観たことがあります。それでも、すぐ目の前を泳いでいた無数の小魚が、自分の上を泳ぐアオリイカに次々と食べられていく瞬間は、「すごい」としか表せない何かを感じさせました。

ハナミノカサゴだって、危険生物特番にしょっちゅう登場するのでおなじみですが、実際に水中で出会ってみると「物おじせずにどんどん寄ってくるな」、「刺されたら危ないな」、「でも実際に直接会ってみると可愛いな」などいろいろな思いが頭を巡ります。

そうした感覚が今後どう役に立つのか、具体的に述べろと言われても正直難しいです。僕はイカの研究家でもカサゴの研究家でもないですから。ですが、自分が「好きだ」、「守りたい」と主張している海がどんなところで、そこで魚たちは
どういう風に泳いでいるのか、言葉や理屈を超えて体感していることは、今後の活動にきっと生きてくると思います。

以前、「ポケモンGOでのポケモン探しと自然の中でのサメ探しの違いは何か」という趣旨の記事で、僕は「先があるかどうか」という答えを出してみました(記事はこちら→ http://shark-ricky.com/2016/08/27/pokemon_go_through_sharks/ )。管理されたシステムではなく、もっと生々しく自分の思い通りにいかないものを体験することで、より大きなものを感じ、それが原動力になることがあると思います。

抽象的な議論ばっかりになってしまって申し訳ないのですが、映像メディアの発達やVRブームの中で、「それでも生の感覚を求める」という構えが、どこかで生き残るべきだと思うのは僕だけでしょうか。

 

そんなことを考えつつ、今後どんどんダイビングして自然のサメにも直に会いに行こうと思っているので、皆さん応援よろしくお願いします!

 

 

【Writer Profile】
自称サメ社会学者Ricky

1992年東京都葛飾区生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。
2016年から現在の肩書を使って活動。社会人として普通に働きながら、
サメ関連イベント参加、水族館巡り、水族館ボランティアなどの活動を通して
サメについて学び、サメ、環境、水産、動物倫理などの分野で情報発信を行う。

 

Facebook: https://www.facebook.com/rikiya.mori.50
Twitter: https://twitter.com/shark_sociology
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCj5O8own7uD_kXbjOcI4TOQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です