『どうぶつはなにをみてるの? 2018』バイオロギングの企画展示に行ってきました!

先日、サメ仲間の皆さんと共に、バイオロギングに関する展示を見に行きました!

バイオロギングというのは、(展示内の解説の丸パクリですが)、小型の機器を動物に取り付けることで、動物の生態・生理・周りの環境を調べる研究手法のことを指します。

要は、動物に発信機とか計測器をつけて、解剖や単なる観察だけでは分からないことを調査するわけです。

今回の展示では、実際に用いられるバイオロギングの機器、撮影された映像、研究結果の簡単な紹介が展示されていて、本で読んだだけだったバイオロギングの世界を垣間見ることができました。

ホホジロザメのバイオロギング調査について解説

 

実際にバイオロギングで使用される機器の一部。動物に怪我をさせない小さな爆発で機器が外れるようになっています。

 

サメ好き仲間Y氏のホホジロザメの顎骨も展示!

見る展示だけでなく、体験する展示も!

ホホジロザメに計測器を取り付ける際の簡易的な体験ができるコーナーです。

一見簡単に見えますが、実際には船は波で揺れていて、ホホジロザメも動いているわけですから、相当に難しいはず。しかも取り付けるのは無駄になれば痛すぎる値段の高価な機器・・・。

別のコーナーでマッコウクジラに機器を取り付けた調査員が喜びの歓声をあげている映像が観られたのですが、それだけ大変な仕事ということですね。

 

ところで、個人的につぼにハマったのはこれです。

バイオロギング装置を乗せたアオウミガメ。思いっきりカメックスですwww

もちろん、イジメているわけではありません。大切な調査です。展示で公開されている映像では、アオウミガメが実際にビニール袋をクラゲと間違えて食べてしまう場面が記録されていました。

 

ウミガメから採取された糞のサンプルです。右側にはビニール袋が混じってしまっています。

皆さんも、僕みたいにサメ活したり水族館回って発信しなくてもいいですが、少しでも海が大切だと思うなら、ファインディング・ニモが好きなら、ビニール袋を安易に捨てたりしないでくださいね!!

なお、この企画展『どうぶつは、なにをみてるの? 2018』は9月2日まで行われているので、ぜひ夏休みなどを利用して訪れてみてください(^^)

—————————————————————————-
【企画展詳細】
開閉館時間:
9:30~17:00(入館は16:30まで) ※月曜は休館日

会場:
SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム

住所:
〒333-0844 埼玉県川口市上青木3丁目12−63 彩の国ビジュアルプラザ

料金:
大人510円・小人250円・未就学児無料

※企画展以外の通常展示も見ることができます。
※チケット半券で再入場可能。
—————————————————————————-

 

ちなみに、以下はおまけです。

会場近くのコンビニです。恐らく日本で唯一、サメの顎が買えるコンビニです。

 

通常展示でジュマンジを発見!!!分かる人には分かる、絶対にやってはいけないボードゲーム!無駄にテンション上がりましたww

最後になりますが、この記事を書いているまさに今、実はGW中(Great White ではなくゴールデンウイーク)の水族館遠征中です。落ち着いたらそちらも記事にしますね!

引き続きよろしくお願い致します!

 

 

【Writer Profile】
自称サメ社会学者Ricky

1992年東京都葛飾区生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。2016年から現在の肩書を使って活動。社会人として普通に働きながら、サメ関連イベント参加、水族館巡り、水族館ボランティアなどの活動を通してサメについて学び、サメ、環境、水産、動物倫理などの分野で情報発信を行う。

Youtubeでの動画配信や、第3回ソーシャルドリームコンテスト、もうやん文京などプレゼン・レクチャーイベントで登壇。今後、書籍の出版など活動の幅を広げていく予定。

Facebook: https://www.facebook.com/rikiya.mori.50
Twitter: https://twitter.com/shark_sociology
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCj5O8own7uD_kXbjOcI4TOQ

お問い合わせ、質問などはこちら↓
shark.sociology.ricky@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です