待望の伊戸!ダイビングでドチザメまみれに!

ここ最近なるべく間を空けずにダイビングに行くようにしているのですが、今回はサメを目的にした、サメ好き仲間との、本格的なサメダイブ!

今回のポイントは、シャークスクランブルで有名な千葉県の房総半島南端、伊戸です!

天候は文句なしの晴れ!風もそこまでなく、絶好のダイビング日和!

この伊戸という場所は、定置網にドチザメが迷い込むのを防ぐために餌付けをしてサメをおびき寄せダイビングスポットにしているという、かなり特異なポイントです。

岸から船でわずか3〜5分地点。潜行ロープを伝って降りれば、いるわいるわ、ドチザメとアカエイの大軍団!餌に群がり大混雑でした!

サメの大群と僕 ©️サメ好き仲間S氏

普通のダイビングなら野生動物と距離を取る、触らないが基本原則ですが、この伊戸に関しては大量に突っ込んでくるので、もはやサメとの接触は不可避です(笑)

ドチザメの大群をバックに撮影 ©️サメ好き仲間S氏

ちなみに、一応言っておきますが、ドチザメは大人しい性格のサメで襲われることはほぼありません(そもそも人を襲うサメがほとんどいないのですが)。

ただ、伊戸ではよくエイに髪の毛をハムハムされたりするからフードを被ることを推奨されました。まあ、今回フード無しだったのですが、幸いにも僕の頭髪は無事でした。

 

ちなみに、今回お世話になったダイビングショップのBOMMIEさんでは、こんな子たちがお出迎え!

水中ではネコザメにも会えましたが、陸上では可愛いネコたちとも戯れました。

 

潜った後は近くの海鮮料理屋さんで自分たちを餌付けしました。

流れが速いボートダイブですが、ここまでサメとエイにまみれてたわむれることができる場所はまず他にありません。まだ未体験な方はぜひ!

 

【Writer Profile】
自称サメ社会学者Ricky

1992年東京都葛飾区生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。2016年から現在の肩書を使って活動。社会人として普通に働きながら、サメ関連イベント参加、水族館巡り、水族館ボランティアなどの活動を通してサメについて学び、サメ、環境、水産、動物倫理などの分野で情報発信を行う。

Youtubeでの動画配信や、第3回ソーシャルドリームコンテスト、もうやん文京などプレゼン・レクチャーイベントで登壇。今後、書籍の出版など活動の幅を広げていく予定。

Facebook: https://www.facebook.com/rikiya.mori.50
Twitter: https://twitter.com/shark_sociology
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCj5O8own7uD_kXbjOcI4TOQ
Instagram: https://www.instagram.com/shark_ricky/
note: https://note.mu/shark_ricky

お問い合わせ、質問などはこちら↓
shark.sociology.ricky@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です