上野の科学博物館にてお座りするティラノサウルス発見!

久しぶり(?)に上野の科学博物館を訪れました!

海のハンター展や深海展目当てではないので、今回は通常展示をじっくり観て回ることに!

今回は、水族館ボランティアで活かせることはないか?次にブース出展するときに参考にできるものはあるか?そんなことを考えながら見ていきました。

標本と一緒に関連論文を掲示。論文内容の解説が一緒にあることで標本の希少性が伝わります。

 

哺乳類の仮剥製を作るための道具展示。標本作りを身近に感じてもらえるかも。

 

数ある展示の中でも、やはり目がいくのは海関連。こちらの展示は興味深いです。

海の生き物の標本が並んでいるのですが、こちら、水深別で棚の高さが分かれています。どの生き物がどんな深さに住んでいるのか、それはどのくらい深いのか、数字よりビジュアルの方が印象に残りそうですね。

 

ちなみに、同じ展示室にはこんなものが!

オンデンザメ!いつかの焼きそばといい、この前のワサビおろしといい、貴重なサメなのにオンデンザメに最近よく巡り会う気がします。図鑑ページを早く作れという神の思し召しですかね(神など信じておりませんが笑)。

ちなみに、もう一個シャーキビリティ高い展示が!

サメの歯を使った武器です!原始的に見えますが、鋸歯(ノコギリ状の細かいギザギザ)がある歯なので、上手く使えば相手の肉を思いっきり引き裂けるでしょう。

 

さて、見所満載の科学博物館なので全部は紹介しきれませんが、個人的に気になったのはこちら!

お座りするティラノサウルス(笑)!

 

ただ、もちろんふざけた展示ではありません。獲物の恐竜を待ち構える時に、このようにしゃがんでいたのではないかという想像にもとづいた展示です。

詳しくはネタバレになっちゃうのであえて話しませんが、この恐竜フロアにいらっしゃるボランティアさんの恐竜に関する解説は実に分かりやすく、知識を示すだけでなく実物やレプリカを上手く使って生き物のことを伝える方法には、見事としか言えませんでした。

 

上野の国立科学博物館は、実は珍しいサメ標本の展示があったりと、1日で回りきれないくらい魅力溢れる場所なので、まだ行ったことない人は是非行ってみてください!

 

【Writer Profile】
自称サメ社会学者Ricky

1992年東京都葛飾区生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。
2016年から現在の肩書を使って活動。社会人として普通に働きながら、
サメ関連イベント参加、水族館巡り、水族館ボランティアなどの活動を通して
サメについて学び、サメ、環境、水産、動物倫理などの分野で情報発信を行う。

Youtubeでの動画配信や、第3回ソーシャルドリームコンテスト、もうやん文京などプレゼン・レクチャーイベントで登壇。
今後、書籍の出版など活動の幅を広げていく予定。

Facebook: https://www.facebook.com/rikiya.mori.50
Twitter: https://twitter.com/shark_sociology
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCj5O8own7uD_kXbjOcI4TOQ
Instagram: https://www.instagram.com/shark_ricky/
note: https://note.mu/shark_ricky

お問い合わせ、質問などはこちら↓
shark.sociology.ricky@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です