まかさのイタチザメ!年始の京急油壺マリンパークでまさかの出会い!

おはヨシキリザメ!サメ社会学者Rickyです!

年末年始にグダグダするのもいいですが、水族館の職員さんは休まず働いている・・・。ならば行くしかないと僕も思い(謎理論)、今回は京急油壺マリンパークへ!

入り口にあるメガロドン顎模型

実は2018年の年始も来ていたのですが、諸事情によりゆっくり回れなかったので、今回はじっくり見ようと思ってきました。

まずはチョウザメさんたち。

こうして近くで見ると結構可愛い目してますよね。ただし、チョウザメはサメではありません!軟質亜綱というグループに分類されていて確かに骨も軟骨が多く「普通の魚」とは異なりますが、サメの仲間ではありません。

そんなことを考えて歩いていると、またもや「サメではないサメ」に出くわしました。

コバンザメ。張り付いている姿は可愛いですが、やっぱりサメではありません。

 

さて、愛すべきサメたちはどこだ?軟骨魚類はどこだ?と、歩みを進めていくと、オールスターともいべき僕の好きなサメたちが出迎えてくれました。

シロワニ、オオメジロザメ、レモンザメ!みんな僕の大好きなサメたちです!

特にここのレモンザメは他の水族館の子達と比べてガッシリしていて、かといって太りすぎてもおらず、整った美しい顔立ちをしています。オオメジロザメという危険ザメと一緒にいても堂々としていて、まさに女王の風格がありますね。個人的にこの子は推しザメの一匹です。

今回はそんなサメたちの迫力あるお食事シーンを見ることができました!

動画を観た方なら分かると思いますが、解説の合間にトンデモナイ情報をぶっこまれました。

(イタチザメがいる・・・・・?)

イタチザメと言えば危険度N0.2 で知られるサメであり、美しい模様と迫力あるボディが魅力的なサメで水族館では結構レア(というかダイビングでもレア)。お食事解説が終わり次第飛んでいきました。

イタチザメ発見(ヤジブカたちの水槽です)!!!

目が結構黒くなっていて全長は1m以上はあるかと思います。子供ってわけでもないですが、一緒に泳いでいるツマグロとそこまで大差なく、ヤジブカより小さいくらいのサイズなので、まだまだ若い子ですね。

去年1月より前に来ていたヤジブカと一緒に泳ぐイタチザメ。可愛いサイズですね。

ゆったり館内を見るとか言いつつ、閉館ギリギリまでこのイタチザメに見惚れてずっと眺めたり写真撮ったりしてました(イルカショーは観たけど笑)。

ちなみに、イタチザメの撮りまくった動画もまとめてYouTubeにアップしました!こちらも観てくださると嬉しいです!

年末にミツクリザメ、年始にイタチザメとは、2019年はサメサメしたいい年になりそうです。今年のサメ活もこれまで以上に頑張っていきますので、皆さん宜しくお願い致します!

 

 

【Writer Profile】



自称サメ社会学者Ricky

1992年東京都葛飾区生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国ポートランド州立大学へ留学。2016年から現在の肩書を使って活動。社会人として働きながら、サメや環境問題などについて情報発信を行なっている。水族館ボランティアとしても活動。主な発信分野はサメの生態、水産業、動物倫理、進化生物学など。

Youtubeでの動画配信や、第3回ソーシャルドリームコンテスト、もうやん文京などプレゼン・レクチャーイベントで登壇。今後、書籍の出版など活動の幅を広げていく予定。

メールでのお問い合わせ、質問などはコチラ!
shark.sociology.ricky@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です