サメは胎生?卵胎生?サメの生殖の疑問を簡単解説

サメがどのように子供を残すかというのは非常に興味深いテーマです。

というのも、サメの生殖は様々なパターンがあり、掘ってみるとかなり面白いのです。サメ好きの方なら、卵生と胎生両方がいたり、お腹の中で共食いしたり、色んなタイプがいるというのは聞いたことあると思います。

しかし、面白いと同時に分かりにくいところもあります。卵生、胎生、そしてその胎生の中に複数タイプがあり、さらに「卵胎生」という言葉もあり、混乱してしまう人もいるのではないでしょうか。

 

今回は、ややこしくなりがちな胎生、卵胎生について紹介していきます。

目次:
【サメの胎生】
【サメは卵胎生なのか?】
【卵胎生は食卵も含む?】

【サメの胎生】
まず基本からですが、500種以上知られているサメのうち、だいたい6割が胎生、4割が卵生と言われています。つまり、赤ちゃんを直接ママが出産するサメの方が多いわけです。今回はこの胎生に絞ってご紹介します。

 

この胎生の中にも色々タイプがいますが、よくサメ図鑑などで見るのは以下の4タイプだと思います。

卵黄から栄養を得て母胎内で成長する卵黄依存型、母親が排卵する卵や他の兄弟姉妹を食べて成長する母胎依存型・卵食タイプ、子宮壁から分泌されるミルクのような栄養物を吸収して成長する母胎依存型・子宮分泌タイプ、そして卵黄の袋だったものが胎盤とへその緒を形成して母胎から栄養をもらう母胎依存型・胎盤形成タイプの4つです。

せっかくなので少し実例をお見せしましょう。

こちら、ホホジロザメ(Carcharodon carcharias)の胎仔です。お腹が丸々としていますよね。これは卵黄がついているわけではなく、母胎内で卵をたくさん食べて胃がパンパンに膨れている状態です。これが卵食タイプの一例です。

同じ卵食タイプのネズミザメ(Lamna ditropis)の胎仔の胃を開くと、このようにいかにも卵という感じの黄色いものが詰まっています。

 

続いてはこちら。

これはシロシュモクザメ(Sphyrna zygaena)の胎仔なのですが、お腹から紐が伸びています。これがへその緒で、先についている袋のようなものが胎盤です。この胎盤が子宮壁にくっついていて、母胎から栄養をもらいます。これが胎盤形成タイプです。

ただ、注意してほしいのが、卵黄とか胎盤とかどれか一つしか使わないとは限りません。一般の書籍とかこのHPの図鑑ページでは分かりやすくするために母胎依存型・卵食タイプとしか書いていなかったりしますが、実際には全部のサメが卵黄を使いますし、ホホジロザメは最近の研究で食卵と子宮内ミルクの両方を使っていることが明らかになりました。

 

【サメは卵胎生なのか?】
ここまでサメの胎生についてざっくり紹介しましたが、ここで「卵胎生」という言葉について解説します。というのも僕はサメは「胎生」と言いましたが、一部の図鑑やサイトなどだと「卵胎生」という言葉が使われているのです。一体どちらが正しい表現でしょうか。

卵胎生は母胎の中で卵が孵化して、母親が赤ちゃんを産むという生殖方法を指します。これだけ聞くとサメの胎生との違いがいまいち分かりにくいですが、卵胎生は原則として「母胎から栄養の提供を受けない」というのが特徴です。

卵胎生は硬骨魚類、爬虫類などで知られていますが、彼らは基本的に元からついている卵黄だけを使って成長し、母胎から産まれてきます。

一方サメは確かに卵黄を使いますが、先ほど紹介したように卵食や胎盤と言った形で母胎から何かしら栄養をもらうケースが多く、卵胎生の原則からは外れています。

では、母胎依存型ではない卵黄依存型であれば、卵胎生と言えそうです。ただし、卵黄依存型と言われるケースでも、何らかの形で母胎から栄養を受けていることがあります。

先日ブログでホシザメ(Mustelus manazo)の妊娠個体を観察したという記事を出したのですが、実はこのホシザメもその一種です。

ホシザメは古い資料だと卵黄依存型とだけ書いてあったりしますが、実は子宮内ミルクなどを使っていると言われています。というのも、生まれるときに自分の持っていた卵黄の10倍の重さにまで成長するのです。

仮にホシザメが卵黄の栄養だけで成長していた場合、産まれてくる胎仔は卵黄とそこまで変わらない重さのはずなので、10倍となると、卵黄以外にも何かもらっていないと説明がつきません。

一応ツノザメ目のサメで卵胎生のサメはいるっぽいんですけど、何らかの栄養提供を母胎から受けているサメが多いので、卵殻に包まれていない状態で成長した子ザメを産むサメは専門家の間でも「胎生」と呼ばれています。なので、卵生ではないサメやエイの場合は基本的に卵胎生ではなく「胎生」と呼んで問題ないです。

 

【卵胎生は食卵も含む?】
ここまでの知識で「サメやエイは胎生かそれとも卵胎生か?」という議論はほぼ解決できるはずですが、ここからちょっとややこしい話をします。

基本的に卵胎生かどうかは「母胎から栄養の供給があるかないか」で済むのですが、実は胎盤を形成して栄養提供するかどうか、という基準が採用される場合があります。つまり、胎盤を形成しないものは子宮ミルクだろうが卵食だろうが卵胎生だとする見方です。

これがどこまでスタンダードな区別なのか分かりませんが、実際サメの生殖に関する英語表現にこれが現れることがあります。

英語で胎生はviviparityと言い、卵胎生はOvoviviparityと言いますが、一部のサイトや図鑑ではOvoviviparityと同義の言葉としてaplacental viviparity が使われることがあります。Placentalは胎盤のという形容詞で、接頭語のaがこの場合否定を意味して、胎盤を形成しない胎生という意味です。

つまり、この二つの単語が同じ意味として使われているということは、胎盤を形成する一部のメジロザメの仲間以外は卵食をするホホジロザメや子宮ミルクを使うマンタなど、胎盤を形成しないサメ・エイの生殖方法は、すべて卵胎生扱になるわけです。

これはどっちかが絶対に正しい正しくないというより、図鑑の古さとか学者の意見とかで記載が変わるものだと僕は思います。日本国内でサメ好きが議論するのであれば、卵生と胎生の二つの区別で問題ないはずですが、論文とか海外の図鑑を読む際は今の説明を知っていないと惑わされる気がしたので一応注意してください。

今回の記事はここまでです。人によって解釈や基準は異なりますが、本記事がサメの生殖について理解するうえで少しでも役に立てば幸いです。

※今回の記事は以下の動画の内容を加筆修正したものです。YouTubeチャンネルも定期的に更新しているのでよろしくお願いします!

【Writer Profile】

サメ社会学者Ricky

1992年東京都葛飾区生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国ポートランド州立大学へ留学。

社会人として働きながら、サメの生態や環境問題などについて情報発信。主な発信分野はサメの生態、水産業、動物倫理、進化生物学など。

本HP『World of Sharks』での運営のほか、Youtube動画配信、トーク・プレゼンイベント登壇、水族館ボランティアなどで活動。

メールでのお問い合わせ、質問などはコチラ!
shark.sociology.ricky@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です