水族館活動推進会なるイベントに行ってきた!

以前「鱶いい話」というトークイベントでも訪れたかなざわ珈琲 世田谷店さんで、面白そうなイベントがあると聞き参加してみました。

『水族館活動推進会・新年会2019』

世間一般的には水族館はレジャー感覚で訪れる場所。休みの日にお子さんを遊園地に連れていく感覚で訪れたり、カップルで訪れてノコギリエイのことをどや顔でノコギリザメとか言っちゃう彼氏のうんちくを彼女さんが聞かされてしまう場所というイメージのはず。

そんな水族館のイメージを払拭して教育・研究機関としての水族館を発信したいという僕の野望はさておき、とにかく世間的には1年に1~2回なんとなく訪れることになっているであろう水族館に「活動」をしに来る時点で只者ではない人が揃っているに違いない。そんな予測を秘かにしつつ参加してみました。

そして結論、みんな只者じゃなかった。

まず、主催の方が2019年に訪れた水族館の数が29施設、参加者の中にはこれまでで100施設以上回ったという猛者もいました。

100・・・。そもそも日本にそれだけ水族館あったんだという感じの人も読んでいる方にはいるはず。余談ですが、『美しき捕食者 サメ図鑑』というサメ初心者向けのおすすめの図鑑があるのですが、そこに「サメに出会える主な水族館」として掲載されていたには合計21施設でした(本当はもっとあるんですが「主な」と書いてあるので良しとしましょう)。

 

そんな方々を交えながら、素敵な料理を食べつつ水族館トークを皆さんと合計7時間くらいずっとしていました。長い?いやいや、時が経つのを忘れて楽しむというフレーズがピッタリな時間でしたよ。

海外の水族館の事例や、ここでは公開できない水族館の裏話など色々聞けて、非常に充実した時間でした。度合いや方向性の差は多少あれど、好きなものについて仲間で語り合うのは楽しいですね。

「鱶いい話」に登場したピッツァロレンチーニ復活!お洒落なシュモクザメピザです。

ちなみに今回写真をアピールしたりする時間があったので、僕の水族館写真も少し紹介させていただきました。

正面顔のネムリブカ(アクアワールド大洗)

 

歯をむき出しにするポートジャクソンシャーク(アクアワールド大洗)

 

可愛い顔を見せて方向転換するイタチザメ(葛西臨海水族園)

一部ですが、こんな写真をお披露目してきました。基本的に僕はその生物の生態とか表情が分かるような写真と、魚の正面顔が好きなので、写真を撮る際は一応そんなことを意識して撮影しています。

もう少し写真が上手くなったら、「水族館でいい感じに写真を撮るための方法」とかも紹介したいです。そのうち動画とかでやると思うので乞うご期待です。

 

 

【Writer Profile】

サメ社会学者Ricky

1992年東京都葛飾区生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国ポートランド州立大学へ留学。

社会人として働きながら、サメの生態や環境問題などについて情報発信。主な発信分野はサメの生態、水産業、動物倫理、進化生物学など。

本HP『World of Sharks』での運営のほか、Youtube動画配信、トーク・プレゼンイベント登壇、水族館ボランティアなどで活動。

メールでのお問い合わせ、質問などはコチラ!
shark.sociology.ricky@gmail.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です