チョウチョウコショウダイの幼魚が可愛すぎる

僕が一番好きな動物はもちろんサメですが、サメ以外の生き物ももちろん好きで、水族館で夢中になって観察したりします。

今回は前から会いたかった子に出会えたのでその子の生態などを紹介します!

どことなくミ●ーマウスを思わせる模様をしたこちらの魚、チョウチョウコショウダイ(Plectorhinchus chaetodonoides)という魚の幼魚です!マクセル アクアパーク品川に展示されていました!

薄茶色っぽい体色に大きな白い斑点が目立つこの模様がかなり可愛くて、個人的に結構お気に入りの魚です。また、模様が可愛いだけでなく、頭を下にしてヒラヒラ舞うように泳ぐので、その動作も非常に愛らしいです。諸説ありますが、この幼魚の泳ぎ方が蝶のようであることからこの名前がつきました。

このチョウチョウコショウダイ、幼魚の時はこのような姿ですが、成魚では全く模様が異なります。サンシャイン水族館で撮影した成魚がこちらです。

 

どうでしょう。全く模様が違いますね。知らなければ同じ魚だとはまず思いません。しかし、よく体つきを比べれば、滑らかな頭部、後ろ側が広い背鰭、大きな腹鰭、尾鰭など、確かに似ています。

チョウチョウコショウダイの幼魚は、一説には身を守るために毒を持っているヒラムシ(ウミウシっぽい見た目をした扁形動物)に擬態していると言われています。浅瀬の藻場などで成長し、ヒョウ柄を思わせる黒い斑点をした成魚は沿岸のサンゴ礁や岩礁域で暮らすようになります。

ちなみに、チョウチョウコショウダイ以外にも幼魚と成魚で模様が異なる魚は数多くいますが、僕が知る限りどの魚もポケモンの進化のように急に模様が変わることはありません。体が大きくなるにつれて徐々に模様が変化していきます。

こちらは同じアクアパークの水槽にいた幼魚ですが、若干模様が成魚に近づいているのが分かりますでしょうか。体が大きくなるにつれてこのように変化していきます。

チョウチョウコショウダイ以外の魚でもっと分かりやすい事例があるので紹介します。

これ二つの写真は、どちらもタテジマキンチャクダイ(Pomacanthus imperator)という魚です。タテジマキンチャクダイは幼魚(上)が青い体に白の渦巻き模様をした姿で、成魚(下)になると縞模様が入った全く別の模様になります。

では、次にこちらをご覧ください。

これもタテジマキンチャクダイの幼魚ですが、若干体が黄色味がかっていて、渦巻きが縞模様に変化しているのが分かりますでしょうか。段々成魚の模様に近づいてきています。

この子はサンシャイン水族館で、先ほどのチョウチョウコショウダイの成魚と同じ水槽に展示されています。定期的に訪れれば、幼魚が成魚の模様になっていく様子を経過観察できるので、興味のある方は是非年パスを買って通ってみてください(ちなみに僕はここ最近月3~4くらいのペースで訪れています)。

 

ここで終わっても良かったのですが、サメの情報発信ブログなのでサメも紹介します。サメにも成魚と幼魚で模様が異なる種がいくつかいます。もっとも目にするのは恐らくこの子でしょう。

サメ好きならご存知だと思いますが、イヌザメ(Chiloscyllium punctatum)です。イヌザメは幼魚の頃にこのようなハッキリ目立つ縞模様をしていますが、成長するにつれて段々薄れていき、最終的には灰色や茶色っぽい色一色の見た目になっていきます。

イヌザメの成魚はこんな感じです

 

なお、チョウチョウコショウダイもイヌザメも幼魚の見た目が可愛いので熱帯魚ショップで販売される人気種ですが、チョウチョウコショウダイは40~50cm、イヌザメでは1m以上の大きさに成長するので、もし飼育したいという方は必ず成魚のサイズに合わせて水槽などの設備を整えてください。どんなに見た目が変わっても、その動物が死ぬまで飼育しきるのが飼い主の務めです。

こんなことを言うと成魚が可愛くないように聞こえますが、そんなことはないですよ。イヌザメは元々可愛いと思っていましたが、サンシャイン水族館でチョウチョウコショウダイの成魚の正面顔を撮影した時は、その可愛さにやられました・・・。幼魚は前から憧れでしたが、成魚も素敵です。

 

この他にもまだまだ興味深い生態の魚たちが沢山いるので、サメをメインにしつつもちょくちょく紹介していきます!引き続きよろしくお願いいたします!

 

 

【Writer Profile】

サメ社会学者Ricky

1992年東京都葛飾区生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国ポートランド州立大学へ留学。

社会人として働きながら、サメの生態や環境問題などについて情報発信。主な発信分野はサメの生態、水産業、動物倫理、進化生物学など。

本HP『World of Sharks』での運営のほか、Youtube動画配信、トーク・プレゼンイベント登壇、水族館ボランティアなどで活動。

メールでのお問い合わせ、質問などはコチラ!
shark.sociology.ricky@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です