サメの心臓はうまい?馬刺し似の珍味を一度食べてみよう!

おはヨシキリザメ!サメ社会学者Rickyです!

先日、東京の御徒町の鮮魚店・食品スーパー「吉池」さんが、「宮城県石巻産 サメの心臓 入荷です。」とツイートされているのを発見!

件のツイートはこちら↓

これをリツイートしたところ、割と興味ある人が多そうだったので、今回はサメの心臓を紹介します!

目次:
【珍味サメの心臓】
【ネズミザメとは?】
【気になるお味】

 

【珍味サメの心臓】
サメの心臓と聞くとグロテスクに感じる人もいるかもしれませんが、「モウカの星」という素敵な名前が付いています。モウカとは、モウカザメのことで、標準和名はネズミザメ(学名:Lamna ditropisと言います。

恐らく、ネズミという名前を食品につけるのがためらわれたために別の名前が付いたのだと思います。

このネズミザメは日本だと宮城県気仙沼で多く水揚げされます。ネズミザメのお肉自体も煮つけやカレーなど様々な食材に使用できますが、その心臓である「モウカの星」は知る人ぞ知る絶品です。

あまり食べる機会がないように感じるかもしれませんが、気仙沼の居酒屋さんや、アメ横のお店で食べることができます。実際に行ったお店の食べログを貼っておきますね(現在扱っているかは各店舗さんにご確認ください)。

 

 

【ネズミザメとは?】
そんな美味しい心臓を持つネズミザメはどんなサメか言えば、ホホジロザメに似たカッコいいサメだったりします。

©Sa-sharky

ネズミザメはネズミザメ目ネズミザメ科ネズミザメ属に分類される全長3mほどの大型のサメで、『ジョーズ』のモデルになったホホジロザメと近い仲間です。

確かに体つきや大きくて黒い目がホホジロザメと似ていますね。ただし、歯の形状や体の模様などが異なります。また、顔の尖り具合とか目のクリクリ具合がホホジロザメと異なる気がします(科学的な見分け方ではないですが笑)。

サメと言えば温かい海にいるイメージがあるかもしれませんが、ネズミザメは体温を周りの水温よりも高く保てる血管構造をしているため、寒い海でも早く泳ぐことができます。冷たい海でサケを襲うことから、英名はSalmon sharkと呼ばれます。

ネズミザメの詳しい解説はコチラ↓

 

【気になるお味】
そんなネズミザメの心臓、「モウカの星」ですが、味はやはり絶品です。

例えるのであれば、クセがないレバ刺しや馬刺しといったところでしょうか。

「心臓を刺身で?」と思う人もいるみたいですが、塩やニンニク、ごま油をつけて食べるその味は格別です。この記事を書いている途中ですでに口の中に唾液が分泌されていくのを感じます・・・。

心臓と言っても魚類なので、哺乳類の内臓みたいなクセはなく、普段レバーとか苦手な人も大丈夫だと思います(ちなみに僕は元々レバーとか大好きなです)。

また、サメはアンモニア臭いという意見もあるみたいですが、鮮度のいいものをちゃんと調理すれば問題ありません。モウカの星の刺身だけでなく、ネズミザメの肉は煮つけやカレー、炒め物、ムニエルなど様々な料理に使えます。

 

 

今回は以上になります!この記事を読んでくださった方が、少しでもサメやその利用法について興味を持っていただければ幸いです。

普段は生物の生態や環境問題について長めにブログを書くことが多い気がしますが、たまにはこういうラフな紹介もしていこうと思います。

引き続きよろしくお願いいたします!

 

 

【Writer Profile】

サメ社会学者Ricky

1992年東京都葛飾区生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国ポートランド州立大学へ留学。

サメをはじめとする海洋生物の生態や環境問題などについて発信活動を展開。

本HP『World of Sharks』での運営のほか、YouTube動画配信、トーク・プレゼンイベント登壇も行い、サメ解説のライターとしても活動。水族館ボランティアの経験あり。

メールでのお問い合わせ、質問などはコチラ!
shark.sociology.ricky@gmail.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です