ニタリ (Alopias pelagicus)

©サメ好き仲間のU氏。

和名:ニタリ
学名:Alopias pelagicus
英名:Pelagic thresher
分類:ネズミザメ目オナガザメ科オナガザメ属
CITES:付属書Ⅱ
生殖方法:母体依存型胎生・食卵タイプ
飼育難易度:★★★★★(長期飼育実績なし)
見れる場所(野生):太平洋・インド洋・日本海・八丈島周辺などの外洋、セブ島周辺など一部沿岸地域など
見れる場所(飼育):なし

【特徴】
オナガザメ特有のとてつもなく長い尾鰭と可愛い顔が特徴の人気なサメです。オナガザメ属の3種(ニタリ、マオナガ、ハチワレ)は見分けが難しいですが、ニタリは大きさが最大でも4mほどと最小サイズであること、の尾鰭先の欠刻部分から後方が臀鰭と同じくらい小さいことなどで一応見分けられます。ただ、よく見ないと大変だと思うので、「目がハチワレにしては小さいし鰓の上に溝がない→ハチワレではない。唇の溝(labial furrows)がないし胸鰭の先が丸っこい→マオナガでもない。つまりニタリだ!」みたいな消去法で見分けるなど、自分なりの見分け方を見つけてください。僕も未だに苦労しています笑。

最近多分これが一番楽かな、と思ったオナガザメの見分け方は、ニタリは第一背鰭の位置が胸鰭と腹鰭のほぼ中間に位置し、ハチワレは腹鰭寄り、マオナガはやや胸鰭寄りについている点でしょうか(マオナガの資料が不足していて、ニタリだと思われる動画がマオナガとして紹介されているなど、結構信憑性の確認が大変です・・・)。

©太田毅人

【行動・生態など】
ニタリをはじめとするオナガザメの仲間は実に面白い狩りをすることで知られています。自らの尾鰭を勢いよく振り上げて小魚を攻撃し、気絶させたり絶命させたりしてから食べるのです。この狩りの様子は生け簀で一時的に飼育されたニタリに餌を与えたときに撮影され、その他ドキュメンタリー映像にも収められています。

高知県で延縄漁で記録をとったところ、漁獲された74個体のうち65個体が尾鰭に針がかかっていたそうです(仲谷, 2016, p175)。ただし、気仙沼漁港の水揚げを見たとある方の証言によれば、少なくともその場にいたオナガザメは口に針のかかったものばかりだったとのことで、ニタリを含むオナガザメが実際にどれくらいの頻度で尾鰭で狩りをしているのかはっきりしたことは分かりません・・・。

【人間との関り】
ニタリは外洋性のサメのためダイビングで観るのは難しいですが、セブ島周辺など一部の海岸付近に集まることがあり、ダイバーにとっては人気な魚の一つです。僕はまだお目にかかってはいないですが、泳ぐその姿はさぞ美しいことでしょう。また、ニタリをはじめオナガザメは肉は練り物、鰭はフカヒレとして利用され、CITESで付属書Ⅱに記載されるなど、絶滅が心配されています。

【チャームポイント】
長い尾鰭を優雅に振りながら泳ぐその優雅な姿の美しさ、大きなお目目の可愛さ、尾鰭で獲物を狩るという面白さ、3つの魅力を兼ね備えたサメと言えるでしょう。ちなみに、仲谷先生の本でニタリの身体的特徴について「眼は小さく」と書いてありますが、サメの中では大きい方なので「ハチワレなどと比べたら」という意味だと思います。

ニタリの目玉です。可愛いとか言いつつ少しグロくてごめんなさい(笑)

僕はまだ映像と写真でしか生きたニタリを見たことがありませんが、美しい体色をしている割に表情の可愛いところが愛らしく、もっと非サメ好きの方にも認知していただきたいサメですね。

【トリビア】
トリビアって言えるトリビアを知らないんですが、ホホジロザメと近いネズミザメ目のサメであることが、あまり詳しくない方からするとトリビアかもしれません・・・・。

【サイト内関連記事】
オナガザメとは何者なのか? 全長の半分ほどにも達する長い尾鰭の秘密を簡単解説!

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る