ハチワレ (Alopias superciliosus)

和名:ハチワレ
学名:Alopias superciliosus
英名:Bigeye thresher
分類:ネズミザメ目オナガザメ科オナガザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:母体依存型胎生・食卵タイプ
飼育難易度:★★★★★★(長期飼育実績なし)
見れる場所(野生):太平洋、大西洋、インド洋、地中海の熱帯や温帯海域、日本では南日本海域
見れる場所(飼育):なし

【特徴】
「ハチワレ」という言葉を検索するとネコの模様に関しての情報が沢山出てきますが、ここで言うハチワレはもちろんサメの仲間です。頭部のてっぺんから目の上を通り鰓にまで伸びる大きな八の字の溝があるためにこのような名前がつきました。他のオナガザメ2種と同じく全長の半分ほどが尾鰭という独特の見た目をしていますが、ハチワレは頭の溝、そして第一背鰭がかなり腹鰭側に寄っていることなどで容易に見分けがつきます。

また英名の「Bigeye thresher」の通り、他のオナガザメに比べて目が大きいのも特徴です。図鑑で他のオナガザメの特徴に対し「目が小さい」と書いてあることがありますが、サメ全体で見れば大きい方なので、恐らくこのハチワレと比較した場合のことを言っていると思われます。

【生態・行動など】
ハチワレは温かい海の沖合から外洋域、表層~水深500mや700mなどの深みに生息するサメです。日本では南日本に生息しています。昼は水深200~500mで暮らしm夜になると10~130mほどまで上がってくるようです。

深みからでも獲物を狙いやすいように上方が見える大きな目をしていると思われます。目の周りには熱を保つための奇網があり、視力に頼った狩りをしていることが伺えます。獲物はイカ類やサバの仲間などが多いです。

生殖方法は母胎依存型の食卵タイプで、排卵された他の卵を食べることで成長します。ただ、ネズミザメなどのように胃がパンパンに膨れ上がることはないようで、他のオナガザメ2種とどうように早い段階で成魚に近い見た目に成長します。出産される際のサイズは全長140cm程度で、一度に2~4尾ほどを産みます。

【人間との関り】
ハチワレは延縄漁で混獲されることがありますが商業的な価値は低いようです。また、マオナガやニタリと比べると酸味や苦みがあるという噂もあります。ただ、僕がもらった肉で料理した時はあまりそういったことはなく、下味をつけて火を通せば十分に美味しい料理に仕上がると思います。

【チャームポイント】
ハチワレの魅力はオナガザメ特有の長い尾鰭に加えて大きな目が可愛いというところでしょうか。また、個人的に見分けられないと推しにくいという気持ちがあり、そういった意味ではハチワレは分かりやすくて良いかもしれません笑。

【その他紹介】

【サイト内関連記事】
オナガザメとは何者なのか? 全長の半分ほどにも達する長い尾鰭の秘密を簡単解説!


【参考文献】

Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p235~240
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p33
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p166

 

 

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com