クロヘリメジロザメ (Carcharhinus brachyurus)

和名:クロヘリメジロザメ
学名:Carcharhinus brachyurus
英名:Bronze whaler / Narrowtooth  shark / Copper shark
分類:メジロザメ目メジロザメ科メジロザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:母体依存型胎生・胎盤タイプ
飼育難易度:★★★☆☆☆(水族館で飼育可)
見れる場所(野生):太平洋、インド洋、大西洋の亜熱帯~温帯、日本では北海道以南の各地に生息
見れる場所(飼育):アクアワールド大洗水族館、おたる水族館、名古屋港水族館など

【特徴】
メジロザメ属の見分けはサメ好きにとってある種の闇ですが、このクロヘリメジロザメも例外ではありません。他のメジロザメと一緒に泳いでいると見分けるのに本当に苦労します。全長は2〜3mほど。ブロンズのように光沢のある体色が特徴的で体はやや角ばった印象ですが、光の加減や個体差で変わると思うのでこれで見分けるのはご法度。第一背鰭は胸鰭の内縁後端あたりに位置し、第二背鰭は臀鰭の真上かほんの少しだけ後ろにあります。これだけで見分けるのは困難ですが、背鰭間の隆起線がないことが、クロヘリメジロザメの特徴です。また、図鑑に載っている見分け方ではないのであくまで個人的な見解ですが、ドタブカという見た目が似ているサメと比べ、クロヘリメジロザメは頭の上の方が少し盛り上がっていて目がクリクリしているように見えます。また、生きている個体では観察困難ですが、上顎歯が幅広でやや湾曲しているのも特徴です。

【生態・行動など】
メジロザメの中では唯一温帯を好むサメとされていて、亜熱帯から温帯の表層、水深100mより浅い場所に生息しています。季節によって回遊し、子供も他のメジロザメと比較すると寒い地域で産むとされています。

餌は硬骨魚類、頭足類、小さなサメなど様々です。

生殖方法は他の多くのメジロザメと同じく胎盤形成型の胎生で、60〜70cmの子供を7~24尾ほど産みます。2.3〜2.5mほどの大きさで成熟しますが、それまでに雄は13~19年、雌は10~20年ほどかかります。

 

【人間との関り】
クロヘリメジロザメは最大で3mを超えるような大型のメジロザメですが、アクアワールド大洗水族館をはじめとするいくつかの水族館で長期的に飼育されています。また、大洗から北海道のおたる水族館まで運ばれたクロヘリメジロザメは、何故だかネットの記事で多く取り上げられたようです。北の大地ではメジロザメは人気なんですかね。

【チャームポイント】
クロヘリメジロザメはブロンズに輝くその体と典型的なサメ型のカッコ良さでしょうか。また、これは超個人的な話ですが、月一ペースで大洗水族館に通う身からすると、クロヘリメジロザメには結構愛着があります。「あの子は皮膚が剥げているけど大丈夫かな?」とか、いろいろ気になったりするものです。

 

【トリビア】
トリビアとは少し違いますが、クロヘリメジロザメは英名が多いサメだと思います。銅のような色に見えるからCopper shark、クジラの死体に群がるからBronze whaler (本当にこれが由来かは不明。そもそもクロヘリメジロザメに限らないし)など、色んな呼ばれ方をするので、英語で調べようとすると戸惑うことも。こういう時に学名で調べると間違いがないなって思います。

【参考文献】
Leonard Compagno, Marc Dando, and Sarah Fowler 『Sharks of the World』2005年 p293
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p403~406
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p163

 

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る