クロトガリザメ (Carcharhinus falciformis)


和名:クロトガリザメ
学名:Carcharhinus falciformis
英名:Silky shark
分類:メジロザメ目メジロザメ科メジロザメ属
CITES:附属書Ⅱ
生殖方法:母体依存型胎生・胎盤タイプ
飼育難易度:★★★★☆☆(水族館などで飼育可)
見れる場所(野生):熱帯、亜熱帯の海に幅広く分布
見れる場所(飼育):沖縄美ら海水族館

【特徴】
メジロザメ属の見分けというのは大変難しいですが、このクロトガリザメも例にもれません。全長は2m以上で最大のものでは3mほど。流線形の典型的なサメ型。丸みを帯びた吻は長く(ただし口の幅より短い)、胸鰭の後端から始まる第一背鰭は小さく、先端は丸みを帯びています。水族館などでは背鰭の位置と形で見分けられるかもしれませんが、確実に同定する場合は背鰭と胸鰭の位置関係など測定して科学的に検証する必要があるのでご注意ください。一応クロトガリザメで間違いないであろう写真を沢山載せておくので参考になれば幸いです。

内臓器官を説明するために展示されたクロトガリザメの標本 @沖縄美ら海水族館

 

反対側の写真はこちら

【生態・行動など】
世界中の熱帯・亜熱帯の海に生息し、水温は23℃以上の海域を好みます。外洋性のサメとして知られていますが、同じく外洋性で個体数が多いヨシキリザメなどと比べると、クロトガリザメは陸地に近い沖合にもよく現れます。魚類、頭足類委、甲殻類など、様々なものを捕食します。

生殖方法は多くのメジロザメ属と同じく胎盤を形成する胎生で、妊娠期間は約1年ほど(11~12か月)で、55~80㎝ほどのサイズの子ザメを4~14尾産みます。

クロトガリザメと思しきサメの子供。母ザメから取り出された個体で、まだへその緒が伸びています。

 

【人間との関り】
クロトガリザメはヨシキリザメと同じように数多く漁獲されるサメの一種で、マグロ延縄漁の混獲、メキシコ湾・カリブ海でのフカヒレ漁、スリランカでの漁業など、世界各地で漁獲されています。

クロトガリザメに限らず水産資源、しかも回遊する資源の資源量を正確に測ることは困難ですが、マグロ・カツオ類を対象にした漁で数多く混獲され乱獲の危険が心配されています。そのため、中西部太平洋まぐろ類委員会(The Western and Central Pacific Fisheries Commission, WCPFC)ではクロトガリザメの船上保持が禁止され、ワシントン条約でもクロトガリザメは第17回締約国会議で附属書Ⅱに掲載されています。ただし、日本は「輸入承認申請等の手続きを要しない例外的な動物」として、クロトガリザメおよび同会議で掲載されたオナガザメ属の扱いを留保しています。

日本でも決して珍しいサメではないですが、水族館で飼育されることは少ないです。

【チャームポイント】
クロ「トガリ」という名前に反して吻先や背鰭は丸みを帯びていますが、どことなく上品な雰囲気で人気の高いサメです。沖縄美ら海水族館の個体は吻先がゆがんでしまっていますが、大水槽に最近仲間入りした小さなクロトガリザメは2018年7月時点で元気に泳いでいたので、順調に育って欲しいです。

【トリビア】
英名の「Silky」は、循鱗が密であるために滑らかな触り心地であるために名付けられました。

【参考文献】
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p413, 415, 416
経済産業省貿易経済協力局 貿易管理部 野生動植物貿易審査室 『お知らせ・ワシントン条約対象貨物に係る輸入公表の改正について』
水産庁・水産総合研究センター『平成27年度国際漁業資源の現況』p41-1~5

 

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る