カマストガリザメ (Carcharhinus limbatus)

和名:カマストガリザメ
学名:Carcharhinus limbatus
英名:Blacktip shark
分類:メジロザメ目メジロザメ科メジロザメ属
CITES:
生殖方法:母体依存型胎生・胎盤タイプ
飼育難易度:★★★★☆☆(水族館で飼育可)
見れる場所(野生):世界の熱帯・亜熱帯の沿岸から沖合
見れる場所(飼育):アクアワールド大洗、横浜・八景島シーパラダイスなど

【特徴】
メジロザメには見分けが難しい仲間が多いですが、このカマストガリザメも例外ではありません。全長は大きいもので2m前後。胸鰭や尾鰭下葉が黒っぽくなっている点、第一と第二背鰭の間に隆起線がないことなどが見わけのポイントですが、すぐにそれと分かる人は少ないと思います。第一背鰭の形状がやや鎌っぽい個体が多い気がしますが、図鑑には掲載されていない特徴だったので僕の気のせいかもしれないです。

オスとメスで異なりますがだいたい150~160cmほどの大きさで成熟し、最大では2.5m近くにまで成長します。

泳いでいる姿を見て見分けるのは難しいですが、歯を確認して見分けることも可能です。カマストガリザメの上顎歯は底が広いのに対し尖った部分が細長く、漢字の「山」の左右の線をなくしたような形をしています。クロトガリザメやドタブカなどのメジロザメ属の仲間は上顎歯がもっと幅広いので、この点は同定のカギになると思います。

ヒレの先が黒っぽいことからBlacktip sharkと英語では呼ばれますが、ツマグロ(Blacktip reef shark)の「reef」を抜かして同じように呼ぶことがあるので注意が必要です。

ツマグロの写真。英名は似ているが全く別のサメであることが分かる。

カマストガリザメの方が顔つきがシャープで、ツマグロのようなカマイルカ似の模様もなくブロンズやグレーの体色をしています。また、カマストガリザメのヒレ先は確かに黒いですが、ツマグロのヒレ先はほぼ全個体共通して黒いのに対し、カマストガリザメは第一背鰭の先が黒くなかったり、臀鰭が白かったりと年齢、地域、個体差などで模様が変わります。

 

 

【生態・行動など】
カマストガリザメは太平洋、大西洋、インド洋の熱帯・温帯地域の沿岸や外洋に生息していて、時に群れで回遊を行うサメです。

餌は硬骨魚、小さなサメ、エビやカニなど様々なものを捕食します。魚の群れを襲う際に回転しながら水面から飛び出すという面白い行動をすることがあります。

生殖方法は胎生で、他のメジロザメ属の仲間と同じように胎盤を形成します。出産数は4~6尾程度と少なめです。飼育下で単為生殖が確認されたサメでもあります。

サメの単為生殖の解説では世界で初めて確認されたウチワシュモクザメがどうしても注目を浴びがちですが、カマストガリザメはその次、世界で2番目に単為生殖が確認されたサメです。バージニア水族館で幼いころからオスのいない環境で育ったメスのカマストガリザメが死亡してしまい、その子を解剖した際に妊娠が確認され、胎仔と母ザメのDNAを調べた結果、単為生殖であると判明しました。

 

 

【人間との関り】
カマストガリザメは世界中に分布していることもあり、延縄漁などで数多くが混獲され、スポーツフィッシングの対象にもなっています。

広い水槽であれば水族館でも展示することが可能ですが、カマストガリザメに限らずメジロザメ属の仲間は見分けが難しく、「カマストガリザメ」として展示していないケースもあったりします。現に別のサメだと思って展示していたサメがカマストガリザメだと分かって訂正されたり(アクアワールド茨城県大洗水族館)、カマストガリザメだと思われるサメをクロヘリメジロザメとして展示していたり(横浜・八景島シーパラダイス2020年3月現在)という事例があります。

 

 

【チャームポイント
ハナザメなどのサメにも言えることですが、顔つきがシャープなのがカッコいいサメだと思います。じかに見たことはないですが、回転しながら水面から飛び上がる様子も一度見てみたいですね。

【その他紹介】

 

【サイト内関連記事】
交尾していないのに出産?サメの処女懐胎(単為生殖)を解説!

 

【参考文献】
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p432~437
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p45
ナショナルジオグラフィック 『謎の妊娠:サメの単為生殖を確認』2020年6月7日アクセス

 

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com

 

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る