ヨゴレ (Carcharhinus longimanus)

 

©Sa-sharky

和名:ヨゴレ
学名:Carcharhinus longimanus
英名:Oceanic whitetip shark
分類:メジロザメ目メジロザメ科メジロザメ属
CITES:附属書Ⅱ
生殖方法:母体依存型胎生・胎盤タイプ
飼育難易度:★★★★★★(長期飼育困難)
見られる場所(野生):世界中の熱帯・亜熱帯海域の外洋
見られる場所(飼育):南日本外洋

 

【特徴】
グライダーのような姿が実に美しいサメですが、和名は何ともかわいそうな名前です。ほとんどの場合200~250cmほどですが、300cmに達することもあります。

見分けが困難なサメが多いメジロザメ属の仲間ですが、大きくて先が丸みを帯びた第一背鰭と胸鰭という見間違いようのない特徴を持っています。鰭先が白いサメとしては他にツマジロが知られていますが、ツマジロは全ての鰭先が綺麗に白くなっているのに対し、ヨゴレは第一背鰭・胸鰭・尾鰭上葉だけが白く、その模様が斑点状で汚れっぽく見えます。これが名前の由来なんですが、全体的な見た目のカッコよさを考えるとあんまりなネーミングです。ちなみにこの鰭先の模様ですが、生まれたばかりの子供では胸鰭先が黒かったりして、成長するにしたがって白っぽくなります。

ヨゴレはこの大きな鰭と模様だけで他のサメと見分けられますが、吻先が丸く短い(口の幅と同じかそれより短い)こと、臀鰭に深い切れ込みがあるのも特徴です。

 

【生態・行動など】
ヨゴレは世界中の熱帯・亜熱帯の海に生息していますが、もっぱら外洋を泳ぎ回っていています。水温は20~22℃以上を好み、表層から水深150mくらいまでの深さに住んでいます。滑空するようにゆっくり泳ぐ姿には見惚れてしまいますが、時として俊敏に動くハンターです。硬骨魚、イカなどはもちろん、海鳥やウミガメ、クジラの死肉などあらゆるものを食べて暮らしています。

生殖方法は胎盤を形成する胎生で、1~14尾の子ザメを産むと言われていますが、詳しいことは分かっていません。

 

【人間との関り】
ヨゴレはアオザメなどと同じく人間が普段泳がないような外洋を泳ぐサメで人間との接触は稀です。しかし、好奇心が強く、時に攻撃的になることがあり、万が一出会ったときは注意が必要な危険ザメとして知られています。映画『ジョーズ』でクイントが語ったことでも有名なインディアナポリス号の事件ではヨゴレによって襲われた船員が多くいたという話もあります。

インディアナポリス号の真相について、脱水や溺死による死者数がほとんどだったと指摘されることもありますが、餌の少ない環境で暮らすヨゴレにとって、海面に浮かぶ弱った人間はご馳走に見えるかもしれません。

一方で、ヨゴレはマグロ類などを対象とした漁で混獲されることが多く、個体数の減少が心配されています。外洋ではクロトガリザメやヨシキリザメと並ぶ一般的なサメでしたが、近年数が激減してしまい、国際取引に対して規制がかかっています。また、鰭が大きいためか、フカヒレとしての需要もあるようです。

水族館で見ることはまずないサメですが、沖縄美ら海水族館でかつて展示されたことがあります。割と長期で飼育されていたようですが、一緒に飼育されていたオオメジロザメに惨殺されるという悲しい最期を迎えました(来館者の目の前で首を噛みちぎられたそうです)。

 

【チャームポイント】
2019年2月現在、正直なところ僕は映像と写真でしかヨゴレの姿を見たことがないです。しかし、白く模様がついた大きな胸鰭を広げて青々とした海を泳ぐ姿は、カッコよさと美しさが融合して具現化したようで惚れ惚れします。ホホジロザメと並び、自分が死ぬまでに生きている姿を見てみたいサメの一種です。

 

【トリビア】
学名のlongimanusは長い手を意味し、胸鰭が長いことからきています。

 

【参考文献】
Leonard Compagno, Marc Dando, and Sarah Fowler 『Sharks of the World』2005年
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p438~443
内田詮三 『沖縄美ら海水族館が日本一になった理由』2012年 p25
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p43
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p113

 

 

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る