ナヌカザメ (Cephaloscyllium umbratile)

和名:ナヌカザメ
学名:Cephaloscyllium umbratile
英名:Blotchy swellshark / Japanese swellshark
分類:メジロザメ目トラザメ科ナヌカザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵生
飼育難易度:★★★☆☆☆(水族館などで飼育可能)
見れる場所(野生):日本周辺海域や東シナ海に生息
見れる場所(飼育):沼津港深海水族館、大阪海遊館、沖縄美ら海水族館など多数

【特徴】
ずんぐりとした茶色っぽい体と、どこかネコを思わせる顔が印象的なサメです。第一背鰭が体のかなり後方(腹鰭位置よりも後ろ)にあり、吻も短くて先が丸いので、シャープで流線形をしたサメの一般イメージとはかけ離れた姿かもしれません。

全長は1.2mほどでですが、体に対して頭と口が大きく、模様も相まってオオサンショウオのように見えることもあります。幼魚の頃は薄い縞模様がはっきり見えますが、成長すると全身に不規則なブチ模様や斑点が増えてくるので縞が不明瞭になりがちです。

 

上から見たナヌカザメ成熟個体。
ナヌカザメの幼魚。

【生態・行動など】
ナヌカザメは水深700mまでの大陸斜面などに生息していて、深海ザメの一種として紹介されることもあります。実際にはダイビングで潜れるような浅い場所にいることもありますが、10~18℃前後のやや冷たい水温を好むため、水族館だとタカアシガニなどの深海生物と一緒に展示されることが多いです。

ずんぐりしていて顔も呑気そうに見えるナヌカザメですが、大きな口で様々な獲物を襲うハンターです。イワシなどの硬骨魚や甲殻類だけでなく、トラザメやカラスザメの仲間など小さなサメも食べてしまいます。実際に胃の内容物を調べた研究では、ヌタウナギ、ツノザメ類、他のナヌカザメ、ギンザメ、などが見つかっています。

ナヌカザメは自分の体を風船のように膨らませるという面白い特技を持っています。身の危険を感じると、水や空気を胃の中に取り込んで体を膨らませます。体が大きく膨らめば敵もこちらを食べにくいうえ、小さな洞窟や岩の隙間に体をいれて膨らめば、引きずり出されないように体を固定することができます。実際に僕の自宅に届いたナヌカザメも胃袋の中が空気でタプタプになっていました。恐らく漁獲された際に体を膨らませたものと思われます。ナヌカザメの仲間は英語でSwell shark(膨らむサメ)と呼ばれますが、それはこうした生態が由来になっています。

ちなみに、日本語「ナヌカザメ」の名前の由来は陸にあげても七日間生きることができるという意味らしいですが、もちろんそこまで生きることはできません。ただ、他のサメに比べれば多少の耐性はあるかもしれません。

ナヌカザメは卵生のサメで、焦げ茶色っぽいものが多い中で黄色味がかった綺麗な卵殻を産み落とします。この卵殻はその見た目から通称「人魚の財布」と呼ばれます。胎内の卵殻を取り出したことがありますが、その時は非常に綺麗な黄色味がかった白色をしていて、まさにその名前にピッタリの卵でした。この卵殻の中で赤ちゃんは全長20cm程度になるまで成長します。

ナヌカザメの卵殻

 

【人間との関り】
ナヌカザメは底引き網や延縄漁で漁獲されることがあります。そこまで珍しいサメではないので、手に入れる機会もあると思います。一度解体したナヌカザメの肉を食べたことがありますが、ほどよい歯ごたえがあってよい肉質の料理に仕上がりました。

また、ナヌカザメはそこまで大きくならず、速く泳ぎ回るサメでもないため、水温にさえ気を付ければ長期飼育が可能です。日本の多くの水族館で、タカアシガニなどと一緒に過ごすナヌカザメを観察することができます。

沼津港深海水族館のナヌカザメ。

【チャームポイント】
ナヌカザメの魅力はずんぐりした体形と、ちょっと猫目に見える顔が可愛らしいところでしょうか。成魚になると模様がごちゃごちゃしてきますが、幼魚の頃は淡い縞模様で特に愛らしいです。また、先ほども触れた通りナヌカザメは卵殻が非常に美しいのもポイントです。

【その他紹介】

【サイト内関連記事】
届いたナヌカザメから卵殻が出てきた話
【新発見】新しいサメの卵生と透明な卵殻について解説!

【参考文献】
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p63
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p159
谷内透 『Aspects of Reproduction and Food Habits of the Japanese Swellshark Cephaloscyllium umbratile from Choshi, Japan』1988年

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com