ウバザメ (Cetorhinus maximus)


和名:ウバザメ
学名:Cetorhinus maximus
英名:Basking shark
分類:ネズミザメ目ウバザメ科ウバザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:母体依存型胎生・食卵タイプ
飼育難易度:★★★★★★(長期飼育実績なし)
見れる場所(野生):熱帯・亜熱帯を除く太平洋、インド洋、大西洋、地中海に分布。スコットランドなどで一緒に泳ぐことが可能
見れる場所(飼育):なし。京急油壺マリンパーク、美ら海水族館などで標本を見ることができる

【特徴】
ジンベエザメに次いで世界で二番目に大きい魚類で、全長は7~8mで、10mを超えることもあります。その巨体に天狗のような長い吻先、すべてを飲み込むような巨大な口、体をほぼ一周するような大きな鰓穴はあまりに特徴的で、ほかのサメとまず見間違うことはありません。ただし、その大きな体と背鰭、下葉が発達した三日月形の尾鰭のせいか、水上から見たウバザメの姿をホホジロザメと見間違えることもあるのだとか。ちなみにウバザメの特徴的は吻先ですが、全長3m以下の個体では象のように細長いようです。
【生態・行動など】
ウバザメはサメの中では比較的冷たい海の沿岸から沖合の表層域を泳いで生活しています(時に1200mという深みに潜ることも)。回遊を行い、夏の間は高緯度の海域で過ごして、冬は暖かい海へ移動します。日本近海でも混獲されることがあるそうですが、後述するように個体数が減ってしまっているためか、目撃されるのは稀だそうです。ホホジロザメやアオザメなど恐怖の対象にされがちなサメと同じネズミザメ目に分類されますが、その巨大な口で食すのはプランクトンです。ゆっくりと泳ぎながら海水ごとプランクトンを飲み込み、鰓にある鰓耙と呼ばれる櫛のような器官で餌だけ濾しとって食べます。ちなみにこの鰓耙、プランクトンが少ない時期は抜け落ちてしまい、その間は冬眠をしているなんて説もありますが、はっきりしたことはまだ分かっていません。

ウバザメの鰓。黒い毛のような部分が鰓耙です。

ちなみにウバザメは体の大きさに対して脳の割合がとても小さいサメです。ウバザメは別名バカザメとも呼ばれ、捕獲しやすい間抜けなサメだから、馬鹿みたいに大きいからなど由来は諸説ありますが、脳が小さいことを考えればあながちズレたネーミングではないかもしれません(もちろん実際には脳の大きさだけで知能を語ることが難しいのは言うまでもありません)。

生殖方法は母胎依存型の胎生で他のネズミザメ目のサメと同じように子供に無精卵を食べさせる食卵タイプですが、妊娠個体のメスがほとんど調べられたことがないため詳しいことは分かっていません。

【人間との関り】
ウバザメは肝臓に含まれる肝油を目的に世界各地で乱獲され数を減らしてしまいました。サメの肝臓はどの種類でも大きいですが、ウバザメの肝臓は体重の25%を占めるほど巨大で、表層をゆっくりと泳ぐウバザメは捕獲しやすかったそうです。日本でも三重県志摩半島などで突棒漁(突きん棒漁)と言って、ウバザメを突き刺して仕留める白鯨さながらな漁がかつて行われていました。また、ウバザメは鰭が大きいことから高級なフカヒレの材料として用いられることもあります。かつては鰭1枚が100万円以上の価格で取引されもていたそうです。ワシントン条約附属書Ⅱに記載された今では取引自体が少ないと思いますが、希少性を考えればその価値はさらに上がっているでしょう。

ウバザメはかつでちょっとしたUMA騒動の原因になったことでも知られています。1977年ニュージーランドでとあるトロール船が正体不明の巨大生物の死体を引き上げ、その見た目がネッシーのように見えたことから、「ニューネッシー」などと呼ばれ注目を集めました。しかし、最終的にはこの死体は腐敗したウバザメの残骸である可能性が高い、と結論付けられました。というのも、ニューネッシーの鰭らしき部分の骨格が輻射軟骨だったためです。

最大全長はジンベエザメよりも小さいとされるウバザメですが、未だかつて水族館で長期飼育された実績はなく、生きているウバザメを見る場合はスコットランドなど冷たい海域に行く必要があります(くれぐれも低体温症には注意)。

【チャームポイント】
ウバザメはその大きさと変わった見た目からモンスターのように思われがちですが、黒目は愛嬌があり、どこか優しそうな顔をしたサメです。また、これまでかなりの数を人間が捕まえてきたにもかかわらず、その生殖についてほとんど謎に満ちているというロマンにあふれたサメでもあります。水族館で見ることは叶いませんが、ジンベエザメのように海の人気者になって欲しいです。
【参考文献】
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p249, 250, 253
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年   p21
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p151
沼口麻子 『ほぼ命がけサメ図鑑』2018年 p269, 270~274, 283
矢野和成 『サメ 軟骨魚類の不思議な生態』1998年 p15, 60HPトップへ戻る図鑑ページトップへ戻る