イヌザメ (Chiloscyllium punctatum)

 

和名:イヌザメ
学名:Chiloscyllium punctatum
英名:Brownbanded bamboo shark
分類:テンジクザメ目テンジクザメ科テンジクザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:
飼育難易度:★★☆☆☆☆(一般家庭でも飼育可)
見れる場所(野生):太平洋西部およびインド洋
見れる場所(飼育):アクアワールド茨城県大洗水族館、マクセルアクアパーク品川、大阪海遊館、沖縄美ら海水族館、新江ノ島水族館など多数

【特徴】
名前に「イヌ」とついていますが顔が犬に似ているかどうか微妙なことでお馴染みイヌザメです。この名前の由来は諸説ありますが、吻先を砂などに当てて獲物を探す様子が地面の臭いを嗅ぐイヌに似ているからだと言われています。

全長は大きくても100cmほどで、丸みをもった短い吻と小さい目、その目より前に口があるテンジクザメ目特有の顔はじつに愛らしいです。背鰭と臀鰭が体のかなり後ろ側にあり、第一背鰭は腹鰭の上、臀鰭は尾鰭と接しそうな位置についています。シマザメという見た目が似ているサメがいますが、イヌザメの背鰭は先が少しとがって若干鎌みたいなっているという違いがあります。

イヌザメは生まれてからしばらくは白黒の可愛い縞模様をしていますが、徐々に縞が薄くなって体色が灰色になっていきます。

子供の頃のイヌザメです。

 

【生態・行動など】
イヌザメはサンゴ礁や潮だまりなどのかなり浅い場所に生息するサメです。岩陰やサンゴの下に隠れていることが多く、時折底生性の甲殻類や小魚を捕食します。

生殖方法は卵生で、10~15cmくらいの卵殻に包まれた状態で胎仔を産み落とします。卵殻には付着糸という粘着質の糸がついていて、これが岩などにくっつき卵が流れていかないように守ります。孵化までの期間は5~6か月程度ですが、この長さは水温などによって前後します。

イヌザメの卵殻。もじゃもじゃした海藻みたいなものが付着糸。

孵化した時の胎仔の大きさは13~17cm程度で、60cmほどに成長すると成熟します。熱帯魚飼育者のブログだと寿命は5年と紹介されることが多いですが、あくまで一般飼育者の知見なので、野生下でどれくらい生きるのかはっきりとは分かっていません。

 

【人間との関り】
イヌザメは他のサメに比べると人口環境に慣れやすく大きさもサメの中では小さいので、水族館だけでなく一般の熱帯魚飼育者の間でもペットとして人気なサメです。人により考え方は違うと思いますが、サメ飼育初心者ならまずイヌザメというイメージがあります。底の方でじっとしていることが多いのも飼いやすさの理由の一つです。

ただ、最初は小さいイヌザメも成長すれば60cm、最大で1m以上になります。イヌザメに限らず飼育環境であれば魚の成長が止まるという話はよく聞きますが、窮屈な場所で飼うのは好ましいことではありません。最低でも90cm水槽、できればそれ以上で飼育するのが望ましいです(幼魚の頃は60cm水槽でいいと思います)。

なお、イヌザメは一応日本の一部海域にも生息しているみたいですが(あまり聞かない)、一度飼育した動物を安易に放すことは生態系保全の観点から望ましくなく、ペット飼育者の責任を考えても絶対に許される行為ではありません。イヌザメに限ったことではないですが、ペットは最期まで飼い切る覚悟を持って飼育するようにお願いします。

ちなみに、2018年は戌年ということでサメ仲間の皆さんがイヌザメの写真をSNSでシェアし、各水族館でもイヌザメがたくさん展示されました。寅年と戌年は今後もトラザメ、イヌザメが展示されると思います(丑年はオオメジロザメ、鼠年はネズミザメがいますが、簡単に飼育できないので厳しいかと・・・笑)。

【その他紹介】
「イヌザメの幼魚の黒白模様はウミヘビに擬態して身を守るためのもの」という紹介がサンシャイン水族館の化ケモノ展でされたことがあります。このように本来無害な種が別の有害な生物に擬態することはベイツ型擬態と呼ばれますが、化ケモノ展に関するネット情報以外ではイヌザメがベイツ型擬態をしているとする図鑑や資料は見つかりませんでした。

【サイト内関連記事】

 

【参考文献】
Leonard Compagno, Marc Dando, and Sarah Fowler 『Sharks of the World』2005年 p168

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com