ラブカ (Chlamydoselachus anguineus)

和名:ラブカ
学名:Chlamydoselachus anguineus
英名:Frilled shark
分類:カグラザメ目 科属
CITES:記載なし
生殖方法:卵黄依存型胎生
飼育難易度:★★★★★★(長期飼育実績なし )
見れる場所(野生):太平洋・インド洋・大西洋に幅広く分布。日本では駿河湾などに生息
見れる場所(飼育):なし(剥製のみ複数の水族館・博物館で展示)

 

【特徴】
一般的なサメのイメージからかけ離れて見えるラブカは、サメの中でも原始的と言われるカグラザメ目に属し、その中でも見間違いようのない見た目をしています。よくウナギに例えられるその体の全長は最大で2mほど。多くのサメは口が下についているのですが、ラブカは口が頭部の前端についています。ちなみに学名のChlamydoselachus anguineusは意訳すると「マントを着たような蛇に似たサメ」です。鰓孔は6対あり、一番前の鰓孔はお腹側で左右繋がっています。また、側線が非常に目立つのもラブカの特徴だと言えます。

ラブカの鰓です。六対あり、やや鰓の内部が飛び出しています。

 

下から見たラブカ。第一鰓孔がつながっています。

 

ラブカの側線です。人が切れ込みを入れたようにはっきりと入っています。

カグラザメ目のサメはどれも独特な歯の形状をしていますが、ラブカは特に面白い形をしています。とがった部分が三又に分かれていて、それが並んだ形状をしているのです。

ラブカの上顎歯です。カグラザメ目特有の奥向かって尖る独特の形をしています。

 

 

【生態・行動など】
ラブカは水深50~1500mの大陸棚や大陸斜面に生息しています。日本では駿河湾や相模湾で多く記録されています。餌は小魚、頭足類などが知られています。実際に、胃の内容物としてイカの嘴が発見されるそうです。

ラブカの注目すべき点は、その長い妊娠期間です。2~3年以上にもなるという陸上哺乳動物を超える妊娠期間はギネスブックにも登録されています。これは、水温が低いために胚発生が遅いからだと考えられます。アクアマリンふくしまでラブカの研究を行う飼育員さん曰く、卵は卵殻に包まれていますが、卵黄を吸収して子供が8㎝くらいの大きさになると卵殻が破けるそうです。順調育った子供は全長40㎝ほどで急速に卵黄を吸収し、60㎝程度の大きさで産まれてきます。150㎝前後で成熟し大きくても2m以下であることを考えると、相当大きな赤ちゃんですね。

ラブカの妊娠でもう一つ興味深い点は、ほとんどの場合子宮を片側しか使わないことです。サメの卵巣・子宮は二対になっていて両方使うことが多いのですが、ラブカは右側の子宮のみで受精卵や胎児が発達します。

卵黄がまだついていたラブカの胎児の剥製です。
卵殻内で発生をしたラブカ。大きな卵黄をもっています。

また、ラブカは青春時代が謎に満ちているサメとも言われます。日本のサメ研究の権威である田中彰先生によれば、ラブカは全長60㎝以下の生まれたての幼い個体か、全長110㎝以上の成熟個体以外が捕れないそうで、彼らがその間にどんな生活をしているのかはっきり分かっていません。

【人間との関り】
ラブカは駿河湾のサクラエビ漁などで混獲されます。珍魚として紹介されたり、瀕死の状態で水族館に搬入されて一時的に展示されたりと、割と僕たちの前に姿を現すことが多い気がします。古代のサメとのつながりが指摘されたり、シン・ゴジラ第二形態(蒲田くん)のモデルになったりと、僕たちの想像力を掻き立ててくれるサメと言えるかもしれません。

【チャームポイント】
ラブカはカグラザメ目のなかでも異質なサメですが、独特の歯の形とやや間の抜けたような顔はやっぱり癒されますし、他のサメと異なる奇妙な外見は、深海の面白さを象徴しているようで、そういったある種のロマンがラブカの魅力だと思います。

 

【トリビア】
和名はまだついていないはずですが、実はラブカも複数種います。紹介できる時が来たらページ作りますね。

ラブカをラブカ目に分類し、カグラザメ目と分ける分類方法もあるそうです。

 

【参考文献】
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p22
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p91
田中彰 『深海ザメを追え』2014年 p91~95
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p18
矢野和成 『サメ 軟骨魚類の不思議な生態』1998年 p90

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com