ニホンヤモリザメ (Galeus nipponensis)

 

 


和名:二ホンヤモリザメ
学名:Galeus nipponensis
英名:Broadfin sawtail shark
分類:メジロザメ目トラザメヤモリザメ科属
CITES:記載なし
生殖方法:卵生
飼育難易度:★★★★☆☆(やや難だが水族館で飼育可)
見れる場所(野生):相模湾以南の太平洋、沖縄諸島
見れる場所(飼育):アクアワールド大洗水族館など

【特徴】
イタチにトラにネコにイヌ、サメの名前に他の動物の名がつくことは割とありますが、ヤモリザメなんてのもいます。本種ニホンヤモリザメは、北海道大学の仲谷先生の研究により別種として分類されました。ヤモリザメの仲間でも大型種で、50〜60cm以上で成熟、最大で75cmほどになります。

ヤモリザメ全体の特徴として、尾鰭付け根上部にノコギリのようなギザギザがあります。これは、大きな楯鱗が並んだもので、一説にはこれを使って身を守っているのではないかと考えられています。英名のsawtailはここからきているのでしょう。

ニホンヤモリザメの尾鰭上部。

その他の特徴として、長い吻、楕円形の大きな目をもち、第一背鰭は腹鰭基底上部、第二背鰭は臀鰭上部にあります。両背鰭はほぼ同型同大(若干第二が小さい)。ニホンヤモリザメの同定ポイントとしては、臀鰭の付け根から尾鰭下葉までの距離、および口から吻先までの距離がが目の直径(水平方向)よりも広いことが挙げられます。

また、ニホンヤモリザメのクラスパーはかなり長く、先が尾鰭に届くほど立派なものをもっています。

雄のニホンヤモリザメ。かなり長いクラスパーです。

 

【生態・行動など】
ニホンヤモリザメは水深360〜840mの深海で暮らしています。大陸斜面などに生息しており、小さな魚やイカ、タコなどを食べて生活しています。

生殖方法は卵生で、7~8cm程度の大きさの卵を産みます。アクアワールド大洗ではニホンヤモリザメの卵を孵化させることに成功していますが、その際は孵化まで388日かかったそうです(水温12.3〜12.6度)。

 

【人間との関り】
ニホンヤモリザメは底引き網で混獲されることはあれど、積極的に漁獲されることはないサメで、水族館で展示されることも珍しいサメです。しかし、日本のサメ研究者でトップクラスの仲谷先生が種を記載し、学名にも日本を表す文字(nipponensis)が入っているので、日本人のサメ好きとして知っておくべきサメと言えるかもしれないです。

顔も可愛くて面白い特徴が多いサメなので、ぜひ覚えてあげてください。

【チャームポイント】
ニホンヤモリザメは楕円形の目が可愛らしいですが、尖った吻先からはカッコよさが感じられます。深海水槽ではあまり姿を見せてくれず、まじまじとはじめて観察したのは死んでしまった個体ですが、生きている姿も愛でたいものです。

【その他紹介】

【サイト内関連記事】
激レア深海魚が大集合!深海ザメ&深海魚イベント@静岡!

 

【参考文献】
仲谷一宏 『Taxonomy, Comparative Anatomy and Phylogeny of Japanese Catsharks, Scyliorhinidae』p51~57
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p160

 

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com