ナガサキトラザメ (Halaelurus buergeri)


和名:ナガサキトラザメ
学名:Halaelurus buergeri
英名:Nagasaki catshark, Blackspotted catshak,
分類:メジロザメ目トラザメ科ナガサキトラザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:複卵生
飼育難易度:★★☆☆☆☆(一般家庭でも飼育可 )
見れる場所(野生):北大西洋(日本、中国、韓国、フィリピン)
見れる場所(飼育):アクアワールド大洗水族館など

 

【特徴】
トラザメの仲間はどれも可愛い顔をしていますが、その中でも特にオシャレな模様と可愛い顔が魅力的なのがこのナガサキトラザメです。茶褐色とベージュ色の縞模様という優しい色使いの上に黒い斑点がある姿、チャーミングだと思いませんか?この姿はタイワンザメというサメに似ていますが、第一背鰭が腹鰭のやや後ろに位置していることで見分けられます(タイワンザメはやや前方についています)。大きさは最大でも60㎝程度の小型のサメです。

【生態・行動など】
水深80~210mの割と深い海に住んでいます。水族館では魚やイカの切り身を食べていますが、具体的に野生で何を食べているか分かっておらず謎の多いサメです。

ナガサキトラザメを図鑑や水族館の解説で見る際、よく紹介されるのがその特異な生殖方法です。ナガサキトラザメは複卵生と呼ばれる、卵生と胎生の間ではないかという指摘もある生殖方法で子供を産みます。体内保持型胎生、長期保持型胎生とも言われる複卵生は、卵殻をすぐには産まず子宮で貯めてから産む生殖方法です。卵殻に包まれた卵をすぐに産むネコザメやナヌカザメなどの卵生(単卵生)と比べ、ナガサキトラザメの場合は卵殻内の胎児がある程度育ってから卵を産みます。

【人間との関り】
ナガサキトラザメはまだよくわかっていないことの多いサメですが、水族館での飼育は可能なので、アクアワールド大洗水族館ではトラザメなどと一緒に水槽で暮らしています。

【チャームポイント】
ナガサキトラザメのチャームポイントはトラザメよりもほんの少しだけ尖って見える吻先と、淡い体色にオシャレな斑点模様が可愛すぎることですね。アクアワールド大洗水族館で毎回癒されています。どことなく両生類か爬虫類っぽい顔なので、カエルとか好きな人はナガサキトラザメも萌えるかもしれません。

ナガサキトラザメの正面画。可愛すぎます。

【トリビア】
募集中です。

 

【参考文献】
Leonard Compagno, Marc Dando, and Sarah Fowler 『Sharks of the World』2005年 p232
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p42, p124

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る