マモンツキテンジクザメ (Hemiscyllium ocellatum)

和名:マモンツキテンジクザメ
学名:Hemiscyllium ocellatum
英名:Epaulette shark
分類:テンジクザメ目テンジクザメ科モンツキテンジクザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵生
飼育難易度:★★☆☆☆☆(一般家庭でも飼育可能 )
見れる場所(野生):オーストラリア北部、ニューギニア周辺海域の浅瀬
見れる場所(飼育):アクアワールド大洗水族館、アクアパーク品川、須磨海浜水族園、京急油壺マリンパークなど

【特徴】
別名ウォーキングシャーク。海底を這うように進む可愛いモンツキザメたちの中で、黒い丸模様がチャームポイントのカワイ子ちゃんです。体長は60㎝ほどで最大でも1m前後。生まれたときは15㎝ほどという実に愛らしいサイズ。胸鰭の上よりやや後方に、白く縁がついた大きい黒丸模様を持つのが特徴です。これが将校の肩章(昔の軍服の肩についている丸いもの)に似ていることから、エポレット(エポーレット)シャークと英語で呼ばれます。この特徴的な模様意外にも、吻部を除いた全身に斑点模様があります。また、これはモンツキテンジクザメ属全体の特徴ですが、尾部がかなり長く、第一背鰭と第二背鰭がほぼ同大です。

 

【行動・生態など】
マモンツキテンジクザメをはじめとするモンツキテンジクザメ、エポレットシャークたちの最大の特徴は、海底を這うように進む独特の移動方法です。通常のサメは胸鰭を前後に動かすことはほとんどできません。しかし、このマモンツキテンジクザメをはじめとするエポレットシャークの仲間たちは、胸鰭と腹鰭を足のように使って「歩く」ことができます。トカゲが這うようのに歩く姿はキュン死するレベルで可愛いです。マモンツキテンジクザメはこの能力を使い、普通のサメであれば泳げず閉じ込められてしまいそうな浅いタイドプール(潮だまり)でも、一時的に水から出て歩き移動することができます。ただ、泳ぐのに十分な水深とスペースがあっても歩くことが確認されています。

さらにマモンツキテンジクザメはタイドプールのような浅瀬に適応するためか、酸素が少ない場所でも一時的に活動することができるサメとして知られています。

エサは小魚や甲殻類などで、水族館などではイカも食べています。

生殖方法は卵生で、産卵から孵化までは120~180日程度と言われています。

 

【人間との関り】
マモンツキテンジクザメは飼育可でも繁殖可能で大きさもサメの中では小さいため、水族館や一般家庭で飼育することが可能です。

 

【チャームポイント】
マモンツキテンジクザメをはじめとするエポレットシャークの魅力はやはり歩く姿が可愛すぎることです。よちよち歩いている姿はたまらないです。しかし、僕が注目したいのは彼らの正面顔です。魚の正面顔は可愛いと相場が決まっていますが、マモンツキテンジクザメの顔は正面から見ると頬(?)の部分がぷくっと膨らんでいて、餌を食べる時にそこが動くのは、思わずムニムニしたくなります。

正面から見たマモンツキテンジクザメ。ほっぺが少し膨らんで見えます。


【トリビア】

募集中です。

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る

 

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com