エドアブラザメ (Heptranchias perlo)

和名:エドアブラザメ
学名:Heptranchias perlo
英名:Sharpnose sevengill shark
分類:カグラザメ目カグラザメ科エドアブラザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵黄依存型胎生
飼育難易度:★★★★★★(長期飼育実績なし)
見れる場所(野生):全世界の深海に生息(北東大西洋からは報告なし)
見れる場所(飼育):なし

 

【特徴】
カグラザメ科のサメたちは少し間抜けな可愛い顔と鋭い歯のギャップでみんな大好きなのですが、そんな中での僕の推しザメがエドアブラザメです。とがった吻先、独特の目つき、そしてカグラザメ独特の形をした痛そうな歯、とってもチャーミングで見る度に癒されています。

歯の形はサメの中でも独特で、上顎歯は牙のように先端が細い鋭い形をしており、下顎歯は大きく尖った部分があるノコギリのような形をしています。

エドアブラザメの口の中です。

同じカグラザメ目の仲間のカグラザメやエビスザメと共通して鰓孔が他のサメより多く(エドアブラザメは七対)、背鰭は一つしかありません。歯の形もカグラザメに似ています。エドアブラザメ固有の特徴としては、吻が尖っている、目が大きい、体が細長いなどの特徴で見分けられると思います。また、カグラザメやエビスザメと比べ、エドアブラザメは最大でも全長が1.5mほどどやや小ぶりです。

横から見たエドアブラザメです。この写真では見えにくいですが、ちゃんと鰓孔は七つありました。

 

エドアブラザメの顎標本です。

 

【生態・行動など】
深海性のサメで、水深300~1000mほどの深さに住んでいます。「江戸」と標準和名に入っていますが、世界各地ほとんどの温かい海にいると言われていて、ニュージーランド、メキシコ湾など各地から報告があります。

体は小さいですが、無脊椎動物や小魚を鋭い歯で捕まえるハンターです。気性は荒く、捕まえたときに尾鰭を持つと体を起こして噛みついてくるため、漁師さんからは「飛びつき」などと呼ばれることもあります。

生殖方法は卵黄依存型の胎生です。深海という水温変化の少ない環境にいるためか特定の繁殖シーズンはなく、20尾ほどの子供を産みます。長崎大学時代の田中彰先生の研究によれば、子供のサイズは24㎝ほどであろうと推測されます。しかし、寿命など詳しいことはまだ分かっていない謎に満ちたサメの一種です。

エドアブラザメの子供です。 ©pikayadon

 

【人間との関り】
深海魚を狙う際に混獲されることがありますが、そこまで数が多いわけではないようです。僕がサメ肉の中で最も旨いと思うカグラザメと同じ仲間なので多分美味しいと思うのですが、食べたという話はあまり聞かず、逆に弱い毒をもつという噂もあります(どういったものなのか、本当にエドアブラザメ特有のものなのか詳細不明)。体が小さく数もそこまで獲れないため、経済的な重要性は低いでしょう。

水族館での長期飼育実績はなく、ミツクリザメなどと同じように、珍しい深海ザメとして一時展示されてもすぐに死んでしまうようです。これまで、2010年の下田海中水族館、2016年の伊豆・三津シーパラダイスなどの一時飼育の実績がありますが、長生きはしていません。ただ、深海ザメ標本の企画展示などで標本であればお目にかかる機会があります。

葛西臨海水族園で一時展示された標本です。生でエドアブラザメを見たのはこれが初めてでした。

 

 

【チャームポイント】
可愛い。とにかくそれにつきます。カグラザメ系のサメは顔の可愛さと歯の鋭さのギャップで結構推していたのですが、このエドアブラザメに関しては、標本を触った時から心惹かれるものがあり、何度見てもその可愛さに魅了されるばかりです。目つきが悪いなんて言う人もいますが、僕に言わせればその表情が可愛い。なかなか一般には知られていないサメですが、もっとこの子達の魅力を世に伝えていきたいです。

【トリビア】
一説には、学名の perlo はpearl (真珠)を意味すると言われています。恐らく灰色がかった体色からつけられたとしていますが、はっきりしたことは分かりません。なお、Hept は7、branchos は鰓を意味し、「Heptranchias」で7つの鰓というエドアブラザメの特徴を表しています。

 

【参考文献】
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p28
田中彰 『深海ザメを追え』2014年 p141-142
田中彰、水江一弘 『Studies on Sharks XI Reproduction in Female Heptranchias perlo』p9
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p18

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る

 

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com