ネコザメ (Heterodontus Japonicus)

和名:ネコザメ
学名:Heterodontus Japonicus
英名:Japanese bullhead shark
分類:ネコザメ目ネコザメ科ネコザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵生
飼育難易度:★☆☆☆☆☆(一般家庭でも飼育可能)
見れる場所(野生):北太平洋の亜熱帯から温帯地域、日本の温帯地域沿岸など
見れる場所(飼育):美ら海水族館、アクアワールド大洗水族館、京急油壺マリンパーク、海遊館、新江ノ島水族館などなど多数

【特徴】
魚は正面顔が可愛いというのは多くの魚好きが賛同してくれるのですが、その中でもトップクラスの可愛さを誇るのがネコザメの仲間たち。日本近海に生息し数多くの水族館で飼育されるこのネコザメは、特になじみ深いサメです。一応頭の形がネコに似ているからその名をつけられたそうですが、果たして似ているのかいつも疑問に思います・・・。大人しくて可愛い顔をしているので、サメが苦手または興味ないという方でも、ネコザメは好きという方はいるようです。

体長は最大でも70㎝ほどの小型のサメです。特徴は短くて太い頭部。顔は丸っぽくて吻はかなり短く、鼻は豚みたいな形をしています。これらはネコザメ科全般に共通する特徴ですが、ネコザメの特徴としては全体として茶色っぽい体色で濃い茶色の模様が縦に入っていることでしょうか(生まれたばかりの子供では明るめの体色をしています)。

産まれて間もない頃のネコザメです。

【生態・行動など】
底生性で岩礁などに住む大人しいネコザメは、「サメ=凶暴」のイメージを覆してくれる実に可愛らしいサメです。主な餌は貝類、エビ、カニ、うになど固くてそのまま食べると痛そうなものばかり。ネコザメの歯は固いものを噛み砕くために特化した形をしています。

ネコザメの顎の標本です。前方の尖った歯で貝などを捕まえ、奥歯で噛み砕いて獲物を捕食します。
実際のネコザメの口の中です。前に尖った歯があり、お国すりつぶすための歯があります。

ネコザメは卵生で一つの卵から一匹の子供が生まれます。ネコザメの卵は昆布がドリル上になったような面白い形をしており、初めて見た人はサメの卵だとまず分かりません。

ネコザメの卵殻です。

卵は岩の間に挟まって流されないようにし赤ちゃんを守ります。生まれた子供はすでに成魚と同じサイズをした小さなハンターですが、卵に入っている間に肉食性の貝に食べられてしまうなんてこともあるようで、やはり野生の世界はどの生物にも厳しいようです(貝の捕食は『The Reality of a Shark’s Life in the Deppd Seas』などのドキュメンタリー映像にも記録されています)。

ちなみにこのネコザメの卵、縦になるようにして置かれていないと、中の赤ちゃんがうまく育たないようです。アクアワールド大洗水族館の元飼育担当のスタッフさん曰く、生まれた卵を水中で保存するときも、パイプを組み立てた土台で卵が横にならないようにしているとのこと。ご自宅でハッチアウトさせる方は是非参考にしてみてください。

性格は大人しく愛らしいサメですが、背ビレ部分に棘を持っていて、歯も前歯は尖っているので、触るときは注意しないと怪我をするかもしれません。

【人間との関り】
ネコザメは大人しくてサイズも小さく、飼育環境にも適用しやすいため、水族館だけでなく一般家庭でも飼育されています。また、水族館ではタッチングコーナーでよく展示されていて、ザラザラしたサメ肌を体感させてくれます。

【チャームポイント】
ネコザメと言えば、なんと言っても正面から見たときの表情でしょう。豚みたいな鼻をして、ちょっとだけ尖った歯を見せる表情はキュン死ものです。加えて映像などを見返して思ったのは、ネコザメの胸鰭と背ビレって体の小ささの割に広く大きいので、水の底を何かの探知機みたいに泳ぐ姿がまた可愛らしいなと思いました。

【トリビア】
募集中です。

 

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る