シマネコザメ (Heterodontus zebra)

 


和名:シマネコザメ
学名:Heterodontus zebra
英名:Zebra bullhead shark
分類:ネコザメ目ネコザメ科ネコザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵生
飼育難易度:★★★☆☆☆(頑張れば一般家庭でも飼育可)
見れる場所(野生):日本、韓国、中国、台湾、ベトナム、オーストラリア北西部などの浅い海
見れる場所(飼育):アクアワールド大洗水族館、大阪海遊館など

 

【特徴】
ネコザメの中でも特に可愛いシマネコザメ!ネコザメ自体可愛いですが、縞々模様がオシャレな最高級にキュートなサメです。身体的特徴は黒い帯模様が多く入っている以外はネコザメと大きく異なりません。大きさもほぼ同じで、幼魚の時に第一背鰭が大きいことも同じです。細かい違いを言えば、尾柄長(臀鰭の後ろの付け根から尾びれの付け根までの距離)がネコザメより長いです。

 

シマネコザメの赤ちゃん。可愛すぎる…。

 

【生態・行動など】
底の方で大人しくしていることが多いサメですが、生態は分かっていないことが多いです。歯の形はネコザメと同じく奥が臼状になっていて、貝類やウニなど固いものを砕いて中身を食べて生活しています。

シマネコザメはネコザメと同じく変わった形の大きな卵(10〜15cm)を産みますが、ネコザメとは異なり紐状不着糸(サンゴや岩などにまきつけるためのつる状のもの)がついています。

シマネコザメの卵殻。

 

【人間との関り】
シマネコザメはネコザメよりも捕獲数が少ないためか、水族館で見かけることが珍しいです。繁殖に成功しているアクアワールド大洗では赤ちゃんを沢山見ることができますが。また、一般向けの熱帯魚屋さんに入荷されることもあるようです。

【チャームポイント】
ネコザメ目のサメはみんな顔が可愛く、特に正面顔はサメの中でもトップレベルの愛らしさですが、シマネコザメは縞模様がオシャレなのが魅力です。

【その他】
募集中です。

 

【参考文献】
Leonard Compagno, Marc Dando, and Sarah Fowler 『Sharks of the World』2005年 p154
アクアワールド大洗水族館 『SHARK サメのふしぎ』 p15

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る