カグラザメ(Hexanchus griseus)

和名:カグラザメ
学名:Hexanchus griseus
英名:Bluntnose sixgill shark
分類:カグラザメ目カグラザメ科カグラザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵黄依存型胎生
飼育難易度:★★★★★★(長期飼育実績なし)
見れる場所(野生):熱帯、亜熱帯、温帯の深海に生息
見れる場所(飼育):なし

【特徴】
背鰭が1基しかなく鰓孔が6対以上のサメが含まれるカグラザメ目の代表格、口元だけちょっと笑って見える少し間が抜けた顔の巨大ザメです。深海に住むため謎多きサメですが、3~4mほどの大きさで最大で5mを超えるとされるその体と、ノコギリ状の肉を切り裂くのに適したその歯が深海のトッププレデターであることは想像に難くないですね。

カグラザメ科のサメは似たような歯の形をしていますが、カグラザメは上顎歯がエドアブラザメなどと比べると幅広で、下顎歯も大きいためより迫力があります。姿が似ているサメにシロカグラ(Hexanchus nakamurai)がいますが、カグラザメは下顎歯の大きい歯が左右6つずつなのに対し、シロカグラは5つずつなので歯を見れば見分けることが可能です。

 

【生態・行動など】
カグラザメは熱帯、亜熱帯、温帯の深みに生息するサメです。海域により差があるようですが、200~2000mの深みで日中を過ごし、夜間に水深30mくらいまで浮上してきます。

可愛い顔のイメージに反しカグラザメはあらゆるものを捕食します。硬骨魚はもちろん、アブラツノザメやギンザメなど小型(といっても1m以上はある)軟骨魚類たちも胃から見つかっています。深海に沈んだクジラの肉も漁っているとされ、実際に2013年に放送された『シリーズ深海の巨大生物 謎の海底サメ王国』という番組で紹介された映像では、相模湾に沈めたマッコウクジラの肉に食らいつくカグラザメが記録されました。

生殖方法は卵黄依存型胎生で、60~70cmほどの胎仔を産むとされていますが詳しいことは分かっていません。ただし、フランスのアルアション沖で漁獲された452cmの雌が108尾の胎仔を身ごもっていたという記録があり、サメの中ではかなり多産である可能性があります。

 

【人間との関り】
カグラザメはサメの研究者か深海魚を漁獲する漁師の方でなければあまりなじみがないサメと言えますが、かつては漁獲された蒲鉾の原料になることもあったそうです。ちなみに、僕はカグラザメの肉を3度ほど食べたことがありますが、料理によって歯ごたえがあるホルモンっぽい肉質になったり、焼き魚風になったりと、触感の違いがかなり出たのが印象的でした。ちなみにどちらもかなり美味しかったです(調理した方の腕も大きいと思いますが)。

 

【チャームポイント】
カグラザメの魅力はそのアルカイックスマイルと言うべきにやけたような顔でしょう。この顔と肉を切り裂く恐ろしい歯のギャップが個人的にはたまりません。

【その他紹介】
カグラザメは別名「アベカワタロウ」と呼ばれます。恐らく静岡県の安倍川沖でよく漁獲されていたのでしょう(全国的にどこまで知名度がある呼び方なのかは不明)。

 

【サイト内関連記事】

 

【参考文献】
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p31~35
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p95
沼口麻子 『ほぼ命がけサメ図鑑』2018年 p127~137