シロカグラ(Hexanchus nakamurai)

和名:シロカグラ
学名:Hexanchus nakamurai
英名:Bigeye sixgill shark
分類:カグラザメ目カグラザメ科カグラザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵黄依存型胎生
飼育難易度:★★★★★★(長期飼育実績なし)
見れる場所(野生):北大西洋、メキシコ湾、カリブ海、西部インド洋など
見れる場所(飼育):なし

【特徴】
一言で言えば小型のカグラザメです。英名のBigeye sixgill sharkが示す通りカグラザメよりも眼球の大きさが大きく体も小さいのが特徴です(このためSmall sixgill sharkと呼ばれることも)。カグラザメが4mを超える割とずんぐりした体形であるのに対し、シロカグラは大きくても180cm程度で細長い体をしたサメです。

小さいカグラザメとシロカグラを見間違う可能性はあると思いますが、カグラザメは下顎歯の中の大きな歯が左右6つずつであるのに対し、シロカグラは5つずつであることが見分けるポイントになります。

 

【生態・行動など】
シロカグラは幅広く、しかし限られた場所でところどころ確認されているサメです。分布域がもっと広いのかもしれませんが、まだまだ分かっていないことが多いです。水深100~700mの大陸斜面に生息し、魚や頭足類を捕食していると思われます。カグラザメと同じく普段の動きが非常にゆったりですが、生きている獲物を追うときは突然速く泳ぐこともあります。

 

【人間との関り】
水産業での利用もほとんどなく、水族館で飼育された事例もほとんどないと思われます。

 

【チャームポイント】
カグラザメのように可愛い顔で、しかも目が大きく体も小さいので余計に愛らしいと言えます。図鑑などでしか僕も見たことがないですが、いつか会ってみたいです。

【その他紹介】

 

【サイト内関連記事】

 

【参考文献】
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p36~37
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p19