ダルマザメ (Isistius brasiliensis)


和名:ダルマザメ
学名:Isistius brasiliensis
英名:Cookie cutter shark
分類:ツノザメ目ヨロイザメ科ダルマザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵黄依存型胎生
飼育難易度:★★★★★★(長期飼育実績なし)
見られる場所(野生):世界中の外洋の表層~3700mの深海域、日本では太平洋側
見られる場所(飼育):なし

 

【特徴】
ダルマと名前につきますが、どちらかというと小型魚雷を想像するのは僕だけでしょうか。全長30cmほどで成長しても50cmくらい。胸鰭も背鰭も小さく体が円筒型のダルマザメはミサイルのようにも見えます。小さい第一・第二背鰭は身体の後ろの方に位置し、その背鰭には棘はありません。体は茶褐色であることが多いですが、鰓の部分に濃い茶色から黒の帯があります。

つたない絵で恐縮ですが、こんな姿をしています。

サメは上顎と下顎で歯の形が変わることが多いですが、ダルマザメはその中でも極端に異なっています。上顎歯は細かい棘状で、下顎歯は大きな三角形で、かなりかみ合わせが悪そうな歯をしています。ちなみにこの歯の大きさと数が、コヒレダルマザメ(学名:Isistius plutodus)というダルマザメ属の別のサメとの見分けるポイントになります。

 

【生態・行動など】
ダルマザメは、昼間は深海に住み、夜になると深みから表層近くに上がってくるサメで、3700mというかなり深い深度の記録もあります。普段は自分より小さい魚、イカ、甲殻類などを捕食して食べますが、ダルマザメは特殊な摂餌方法で有名です。

ダルマザメは自分より大きい生物の肉を円形にえぐりとって食べる変わった食事方法を持つサメです。マグロなどの大型魚類、アシカやクジラなどの海生哺乳類、メガマウスなどのサメの体に、3~5cm程度の丸く肉をかじられた跡が見つかることがあります。これがダルマザメの噛み跡です。英語名の「クッキーカッター」はこの摂餌方法からきています。

ダルマザメはこの方法で餌の少ない外洋でも食事にありつくことができると言われています。また、この方法は噛みどころが悪くなければ相手を殺すことがないため、エコな捕食者、持続可能な生き残り戦略として紹介されることもあります。ただ、ダルマザメの噛み跡が見つかることはよくありますが、ダルマザメが泳ぎながら獲物の肉をえぐり取る様子は2019年現在誰も観たことがないそうです。

日本のサメ研究の権威である仲谷先生の仮説では、ダルマザメはまず上顎の細い棘のような歯を獲物の皮膚に突き刺し、次にノコギリ状の大きな下顎歯を肉に食い込ませます。噛みつく際に腹筋につながった大きな舌を引っ張り陰圧をかける。これにより口の中が真空のような状態になってぴったりくっつき、獲物が暴れても振り落とされないようにしてから、体ごと顎を回転させ下顎歯で肉を円形に切り取って食べます。

ダルマザメの体の構造を考えると、上記が最も現実に近い説明だと思いますが、ダルマザメの生態はまだままだ謎に包まれています。まず、アオザメなどと比べると高速遊泳に適していない比較的泳ぎが遅いダルマザメが、なぜマグロやメカジキなどの動きの素早い生物の肉をえぐることができるのかもはっきりと分かっていません。ダルマザメは身体に発光器をもっているので、それを使っておびき寄せているという説もありますが、いつかその全貌が明らかになると良いですね。

生殖についても妊娠個体の標本が少なすぎるのでさらなる調査が必要ですが、6~9尾ほどの子供を産む卵黄依存型の胎生であることが知られています。

 

【人間との関り】
ダルマザメはダイビングではもちろん水族館でもまずお目にかかることがなく、ラブカやミツクリザメと違って顎骨や乾燥標本展示もほとんど見ることがない、超激レアサメの一種です。ただし、ダルマザメの噛み跡が残っている魚が水揚げされることは割とあるそうです。

ちなみにこのダルマザメですが、映画『シャーク・ナイト』に登場し、円形に肉を切り取る、発光器でぼんやり光るというディテールにこった描写で描かれています(しかも学名まで紹介されています)。

また、かなり事例は少ないですが、外洋を泳いでいた人がダルマザメに肉をえぐられるシャークアタックの記録があります。致命傷にはなりにくいと思いますが、絶対痛いのであんまり味わいたくないですね。

【チャームポイント】
ダルマザメは小型ミサイルみたいな見た目と帯模様がオシャレなサメなので、いずれ人気深海ザメとしてラブカなどと並んでマスコット化されるのではないかと個人的に思っています。まだまだ認知は低いですが、今後の研究が進むのに合わせて注目されて欲しいです。

 

【参考文献】
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p145~150
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p107
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p78~81
沼口麻子 『ほぼ命がけサメ図鑑』2018年 p247~257