ミツクリザメ (Mitsukurina owstoni)

和名:ミツクリザメ
学名:Mitsukurina owstoni
英名:Goblin shark
分類:ネズミザメ目ミツクリザメ科ミツクリザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:胎生
飼育難易度:★★★★★★(長期飼育実績なし)
見れる場所(野生):世界各地の深海に生息していると思われる。日本では関東以太平洋側
見れる場所(飼育):なし

【特徴】
一科一属一種。ジンベイザメと同じく間違えようのない見た目をしたサメで、奇怪とも言えるその姿は「深海ザメ」の代表格です。薄くて先が尖った吻は非常に長く、天狗の花のように見えます。一見吻先が邪魔でものを食べにくそうな見た目ですが、ミツクリザメの顎は他のサメと比べてかなり長いリーチで飛び出させることができます。

まだ新鮮なミツクリザメの標本。顎の部分が簡単に飛び出るようになっています。

ミツクリザメは吻が長い分、電気を感知するロレンチーニ瓶を多く持っています。恐らくですが、深海のように暗い世界で獲物を正確に捕まえるため、長く平べったい吻と飛び出す顎を進化させたのでしょう。

その顔つきから英語ではGodlin shark(小鬼ザメ、悪魔のサメ)などと呼ばれていますが、尾鰭を除いた鰭の先が丸く大きさがほぼ同じというサメとしてはやや微妙なフォルムのためか、泳ぎはぎこちないようです(弱ったミツクリザメの映像資料が多いせいでそんな印象なのかもしれませんが)。ですが、最大で全長5mになるらしく、海で出会ったらその迫力に圧倒されるかもしれません。

 

【生態・行動など】
ミツクリザメは水深300~1300mまでの大陸棚に生息していて、世界各地で記録されていますが、詳しいことは分かっていません。鋭く尖った細い歯と飛び出す顎から推測するに、魚や頭足類に素早く噛みつき、歯に突き刺さった獲物を飲み込んで食べていると思われます。事実、胃の内容物からは魚やイカが発見されたことがあります。

ミツクリザメはシロワニやホホジロザメのような他のネズミザメ目のサメ同様、食卵タイプの胎生だという説がありますが、はっきりとしたことは不明です。その奇妙な姿と深海ブームが手伝って有名になりましたが、まだまだ謎の多いサメです。

【人間との関り】
ミツクリザメは深海魚を狙った漁で混獲されることがあります。日本では相模湾や駿河湾が有名です。これまで葛西臨海水族園、横浜・八景島シーパラダイス、沼津港深海水族館など数多くの水族館で展示が試みられてきましたが、安定した長期展示に成功した水族館はありません。

 

【チャームポイント】
ミツクリザメは深海という未知の世界を代表するような神秘的なサメです。標本や死体だけ見ると確かにグロテスクですが、実際に泳ぐ姿はぎこちなさがあっても実に魅力的でした(一度だけ生きた個体を葛西臨海水族園で観察しました)。

 

【トリビア】
ミツクリザメの学名 Mitsukurina owstoni はミツクリザメの発見(新種記載)に関わった二人の人物、箕作佳吉博士と貿易商アラン・オーストンから名付けられました。属名・種小名両方ともが人名なのは珍しいそうです。

【参考文献】
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p203, 205
井田齊 『魚はすごい』 p30-31
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p27
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p36

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る