ホシザメ (Mustelus manazo)

和名:ホシザメ
学名:Mustelus manazo
英名:Starspotted smoothhound
分類:メジロザメ目ドチザメ科ホシザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵黄依存型胎生(+子宮分泌?)
飼育難易度:★★★☆☆☆(頑張れば一般家庭でも飼育可)
見れる場所(野生):北海道以南の日本周辺、南シナ海、東シナ海など北大西洋
見れる場所(飼育):京急油壺マリンパーク、アクアワールド大洗水族館、仙台うみの杜水族館、美ら海水族館など多数

【特徴】
サメは地味な模様をしていると思われがちですが、イタチザメ、シマネコザメ、マモンツキテンジクザメをはじめ、美しい模様のサメは沢山います。このホシザメもその仲間です。80㎝ほどで成熟し、大きくても1m前後という小型のホシザメは、背中に星空のような白い斑点をもちます。

【生態・行動など】
ホシザメは時に500mほど深く潜ることもあるそうですが、基本的には200mより浅い場所に生息しています。典型的なサメ型をしたメジロザメ目のサメですが、その歯は尖っておらず敷石状に並んでます。この歯を使って、硬い貝や甲殻類、時にはイカなどの頭足類を食べて生活しています。

生殖方法は卵黄依存型の胎生ですが、いわゆる子宮ミルクと呼ばれる栄養物質も摂取しているのではと言われています。生まれる時は全長30~40㎝ほど。繁殖期は春から夏にかけて、妊娠期間は10~12か月ほどです。

母ザメの体内から見つかったホシザメの子供たち。©饗場空璃

 

【人間との関り】
ホシザメは飼育しやすいため水族館で見かけることが多いサメですが、食用として人と関わることの方が多いサメと言えるでしょう。ホシザメの肉は美味とされ、他のサメに比べても漁師さんや釣り人によって食卓に運ばれることが多いサメです。クックパッドにも沢山レシピが載っています。僕も一度食べたことがります。料理の仕方にもよると思うので何とも言えませんが、少なくとも僕が口にしたのは確かに舌をうならせる一品でした。

ホシザメの肉を使った料理。プロの方が作ったこともあり絶品でした!

【チャームポイント】
ホシザメの魅力は名前の由来にもなった星空のような白い模様と、ドチザメの仲間特有の楕円形をした可愛い目ですね。また、正面や上から見ると吻の形が少し角ばっていて、ドチザメとはまた違った可愛いかをしているのもホシザメの推しポイントです。

【トリビア】
募集中です。

【参考文献】
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p74
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p158

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る

 

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com