レモンザメ (Negaprion acutidens)

和名:レモンザメ
学名:Negaprion acutidens
英名:Sharptooth lemon shark
分類:メジロザメ目メジロザメ科レモンザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:母体依存型胎生・胎盤タイプ
飼育難易度:★★★☆☆☆(水族館などで飼育可能)
見れる場所(野生):沖縄県伊平屋島、八重山諸島、太平洋の西部、インド洋、紅海など
見れる場所(飼育):美ら海水族館、アクアワールド大洗水族館、登別マリンパークニクス、京急油壺マリンパーク、しまね海洋館AQUAS、マリンワールド海の中道、横浜・八景島シーパラダイス、鴨川シーワールドなど

【特徴】
ニヤケ面が印象的なイタズラ小僧とでも呼ぶべきでしょうか。典型的なサメ型ですが、ややずんぐりした体つきと大きめの鰭なので、メジロザメの中でも見分けやすいです。顔つきも、どこか意地悪く笑った感じをしていて、すぐに他のサメと見分けることができます。アクアワールド大洗でその顔を見た時、その可愛さに思わず夢中になってしまいました。

身体的特徴としては、全長は2mほどで、最大3mを超えると言われています。先端が短くて丸い吻、第一背鰭が胸鰭と腹鰭の中間に位置していて、第二背鰭が第一背鰭と同じくらい大きいです。臀鰭も長いです。また、鰭先はほぼ全て尖っています。野生のレモンザメは名の通り黄色っぽい色をしているのですが、水族館にいるレモンザメは完全に灰色になってしまう場合が多いみたいです。ちなみに、顔つきがニヤケたような表情なので割と水族館ではすぐ見分けがつくのですが、専門家の図鑑ではこのことに触れられていないので、正式な見分け方としては採用されていないのかもしれません(笑)。

@美ら海水族館。ここのレモンザメはシロワニと間違うレベルで太っています(笑)。

ちなみに、レモンザメ属のサメにはもう一種、ニシレモンザメというサメがいます。こちらはアメリカ熱帯地域、カリブ海、西アフリカ沿岸などに生息し日本近海では生息が確認されていませんが、水族館などで仮に見分けるとしたら、ニシレモンザメは第二背鰭がレモンザメと比べると小さく、レモンザメの方が鰭が鎌状になっています。

もう一個ちなみにややこしい話をすると、レモンザメ(学名:Negaprion acutidens)は英名がSharptooth lemon sharkであるのに対し、ニシレモンザメ(学名:Negaprion brevirostris)は英名がLemon sharkです。そう、レモンザメの英名はLemon sharkではなく、ニシレモンザメの英名がLemon sharkなのです。本当にややっこしい。僕がサメの試験問題作るならまず間違いなく出題します。多分一部の水族館でも間違えていると思うので注意してください。

【行動・生態など】
人を食い殺すようなことはほぼないと言っていいでしょうが、鋭い歯を持ち体が大きいこともあり、危険なサメの一種に数えられることもあります。僕自身はレモンザメと泳いだことはないですが、泳いだ経験のある方曰く、好奇心旺盛ですぐに向かってきて体当たりとかするので結構怖いらしいです。美ら海水族館でイタチザメが子供を出産した時も、凶暴とされるオオメジロザメよりも先に胎児を捕食しようとしたという話もあり、物怖じしない性格のようです。

同じ仲間のニシレモンザメも同様ですが、大型のサメにしては人工飼育下の環境に適用しやすく、水族館や研究施設で数多く飼育されています。また、珊瑚礁だけでなく河口付近にも生息していて、泳ぎ続けなくても生きていくことができるので、環境適応能力の高いサメと言えるかもしれません。

【人間との関り】
水槽の中でも比較的安定して飼育できるため、大型のサメの中では水族館でよく見かける種です。また、生きたサメを対象とした実験では重宝しているようです。臭いに対する反応や視覚、知能に関する実験について書籍で読むとき、レモンザメまたはニシレモンザメが登場することが多いです。

【チャームポイント】
なんといってもその顔でしょう。ニヤっとした口角の表情とその好奇心旺盛な性格がマッチしていて、とても魅力的なサメです。実際に見るまでは正直そこまで関心がなかったのですが、泳いでいるその姿、表情を見て、「可愛い!」とはまってしまい、以来見つけてはその顔をはっきり撮影できるように水槽に張り付いています。

【トリビア】
推理小説『水族館の殺人』(青崎有吾著)に、死体がレモンザメの水槽に落ちて八つ裂きにされるシーンがあります。

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る