オオセ (Orectolobus japonicus)

和名:オオセ
学名:Orectolobus japonicus
英名:Japanese wobbegong
分類:テンジクザメ目オオセ科オオセ属
CITES:記載なし
生殖方法:胎生
飼育難易度:★★★☆☆☆(水族館で飼育可 )
見れる場所(野生):日本、韓国、中国、台湾など北西大西洋の温帯・亜熱帯地域。
見れる場所(飼育):アクアワールド大洗水族館、横浜・八景島シーパラダイスなど多数

【特徴】
一般の人に馴染みにくく、メジロザメほどではないですが種の同定が難しく、サメ初心者を困惑させがちかもしれないサメが、このオオセ科のサメたちです。オオセは、日本近海に住むということもあり僕たちにとって代表格です。エイのように平べったい体つきをしていますが、体の側面に鰓孔があるサメの仲間です。また、平べったいサメは他にカスザメの仲間が挙げられますが、オオセは臀鰭があるテンジクザメ目のサメです。

オオセの仲間は共通して鼻ひげがあり、第一・第二背鰭が腹鰭と臀鰭の間になり、臀鰭が尾鰭下葉と接するのが身体的特徴として挙げられます。さらにオオセ達は体に独特の模様があり、この模様と鼻ひげの形状が見分けのポイントです。オオセの場合、帯模様、斑点模様、線のような模様が入り組んだ迷彩柄をしています。

 

最初の見分けは大変ですが、慣れれば見分けられるようになるかも(笑)

 

【生態・行動など】
オオセは比較的浅い海の岩礁や珊瑚礁に生息します。海底でじっとして獲物を待ち伏せするハンターです。大人しそうな見た目に似合わず鋭い歯をもっていて、吸い込んで噛みつくかそのまま飲み込んでしまいます。

生殖方法は胎生です。一度に20尾ほど、21㎝前後で産まれ、成熟すれば1m以上になります。

 

【人間との関り】
オオセは水族館で飼育されることが多いサメの一種です。時に混獲されているらしいのですが、詳しいデータはないみたいです。

 

【チャームポイント】
オオセの仲間は小さな目ともじゃもじゃしたヒゲがチャームポイントです。テンジクザメ目のサメは正面顔はみんな可愛いですが、オオセはまた違った表情があって僕のお気に入りです。また、同じように平べったいカスザメが割と優雅に泳ぐのと比べ、オオセはどこかぎこちなく泳いでいる感じがして愛らしいです。

【トリビア】
募集中です。

【参考文献】
Leonard Compagno, Marc Dando, and Sarah Fowler 『Sharks of the World』2005年 p161
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p32

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る