ヨシキリザメ (Prionace glauca)

和名:ヨシキリザメ
学名:Prionace glauca
英名:Blue shark
分類:メジロザメ目メジロザメ科ヨシキリザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:母体依存型胎生・胎盤
飼育難易度:★★★★★★(長期飼育実績なし)
見れる場所(野生):全世界の熱帯、亜熱帯の外洋表層域
見れる場所(飼育):アクアマリンふくしま

【特徴】

「世界で最も美しいサメ」と称されるに相応しい魅力的なボディ、その割に実は日本人に馴染み深いサメ、それがヨシキリザメです。

長く尖った吻とクリクリした可愛らしい大きな黒目、メジロザメの仲間の中でも見間違えようのない顔つきをしています。体は細長くスマートで、細長い胸鰭は飛行機の翼を思わせます。第一背鰭は胸鰭よりかなり後ろで腹鰭寄りの位置にあり、小さな第二背鰭が臀鰭と対になっているのも特徴です。だいたい1.6mほどで成熟し、最大で3.8mほどになると言われています。

ヨシキリザメの特徴であり魅力でもあるのが、インディゴブルーと呼ばれることもある、コバルト色の美しい体色です。残念ながらこの色は漁船にあげられるとダークブルーへ、水揚げから時間が経つとスカイブルーへと変色するため、ヨシキリザメの美しさを目に焼き付けるためには泳ぐ彼らに遭遇する必要があります。

上から光が当たった時のヨシキリザメの輝きは実に素晴らしいです。
一度冷凍されてから解凍したヨシキリザメ。

 

【生態・行動など】
ヨシキリザメは外洋表層域に生息するサメとして知られており、世界の熱帯・亜熱帯の海に幅広く生息しています。水温10〜20℃ほど、水深200mより浅い場所で多く漁獲されますが、1000m以上の深海に潜ることもあります。群れで回遊しますが、この群れは年齢や性別で分かれているそうです。

ヨシキリザメは、硬骨魚類、イカ、小型のサメ、鯨の肉(おそらく屍肉)など、様々なものを食べて生活しています。

生殖方法は胎盤形成をする胎生で、10〜30尾ほどの子供を産みますが、135尾を妊娠した個体の記録があります。どれだけお腹が膨れていたのか気になるところです。ちなみに、多くのサメは雄が雌の胸鰭に噛みついて交尾しますが、ヨシキリザメでは特に交尾が激しく、雌の方が皮膚が3倍も厚くなっています。

ヨシキリザメの幼魚

 

【人間との関わり】
ヨシキリザメはカマボコ、フカヒレ、革製品の原料として多く用いられ、日本では最も多く水揚げされるサメです。僕の財布もヨシキリザメの皮を利用したものです。その一方で、外洋性のためか水族館での飼育は難しく、日本ではこれまで葛西臨海水族園、仙台うみの杜水族館、アクアマリンふくしまなどが長期飼育に挑戦しています。また、むろと廃校水族館では、元々プールだった場所で飼育を行い話題になりました。大海原や食卓では身近ですが、水族館ではレア、と言ったところでしょうか。

 

 

【チャームポイント】
ヨシキリザメは先述した通り実に美しい体色をしたサメで、生きている姿を見れば魅了されること間違いなしの人気なサメです。また、シャープな体型と翼のような胸鰭で泳ぐ姿は美しいだけでなく格好良さも持ち合わせています。一方で、丸く大きな目は愛らしく、ヨシキリザメは美しさ、格好良さ、可愛さを揃えたハイスペックなサメと言えます。

【トリビア】
日本ではヨシキリザメが川を上ってきたという記録があります。

 

【サイト内関連記事】
3月舘山サメ合宿!ヨシキリザメの頭骨標本製作に挑戦!

【参考文献】
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p57
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p173
沼口麻子 『ほぼ命がけ サメ図鑑』2018年 p322

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る