ジンベエザメ (Rhincodon typus)

和名:ジンベエザメ
学名:Rhincodon typus
英名:Whale shark
分類:テンジクザメ目ジンベエザメ科ジンベエザメ属
CITES:附属書Ⅱ
生殖方法:卵黄依存型胎生
飼育難易度:★★★★★☆(大型水槽なら飼育可 )
見れる場所(野生):地中海以外の世界の熱帯・亜熱帯の海に分布
見れる場所(飼育):美ら海水族館

 

【特徴】
見間違いようのない大きさと表情。ダイビングでも水族館でも大人気な地球最大の魚類がこのジンベエザメです。テンジクザメに多く見られる吻が短い(というかない?)顔と横に大きく開いた口、小さい目、背中の甚平模様は誰が見てもそれとわかるジンベエザメの特徴です。体そのものが大きいことはもちろん、胸鰭から後方・腹鰭よりやや前方に位置する第一背鰭は大きく、尾鰭も下葉が長く「く」の字型をしています。さらに、体にはトラフザメのように目立つ隆起線が長く伸びています。のんびりした印象を与えますが、意外と速く泳ぐので、一緒に泳ぐことを夢見るダイバーは足腰を鍛えた方がいいかもしれません(ちなみに僕がスクワットを始めたきっかけがこれです)。

最大サイズは13mとか20mとか色々な噂があります。60㎝ほどで産まれ、6~8mで成熟し、18m以上の個体が記録されたという話も聞きますが、果たしてこれが最大なのか定かではありません。

スケールが大きすぎてよく分からないレベルです。

【生態・行動など】
ジンベエザメはプランクトンフィーダー、つまりオキアミや魚の卵など海を漂う小さな生き物を食べるサメです。よく「ジンベエザメは魚を食べない優しいサメ」というようなことが一般の方から言われますが、ジンベエザメも小魚であれば食べているようです。一応歯はありますが、ほとんどつかうことはありません。海水を掃除機のように吸い込み、鰓についている鰓耙という部分でこしとって食べます。その吸い込む力は吸引力の変わらないただ一つの掃除機のように強力で、知人の話では正面で吸われると口の中に入ってしまいかねないそうです。

僕の指と比較したジンベエザメの歯です。かなり小さく獲物に噛みつくには使えそうにありません。

外洋から沿岸まで幅広い海域を行動範囲とするジンベエザメは餌を求めて旅をしていると推測され、魚の産卵やプランクトンの大量発生、一部の観光地では人間の餌付けに合わせて海を移動していると思われますが、回遊パターンについては分からないことも多いようです。

ジンベエザメの生殖方法はかつて卵生だと言われてきました。成長した胎児が入った卵殻が発見されたからです。ところが、その後台湾で漁獲されたジンベエザメのお腹から300匹を超える胎児が確認されました。このことから、卵殻内である程度育つ期間がある卵黄依存型胎生であると考えられます。

ジンベエザメの胎児の標本です。

【人間との関り】
ジンベエザメは一部では食肉やフカヒレとして漁獲されることがありますが、ジンベエザメを特別に目的にした漁はないようです。むしろ、環境客向けのエコツーリズムや水族館での人気者として多くの人を引き付ける存在と言えるでしょう。

【チャームポイント】
ジンベエザメの魅力と言えば何とも言えないその表情の可愛さと、圧倒的大きさによる迫力です。表情は目が小さくて口も尖っておらず癒し系ですが、水槽越しでも伝わってくるその存在感!そして意外に泳ぐの速い!「プランクトンを食べるから大人しい」と言われ、実際人に危害を加えることはないですが、広い海をその巨体で力強く泳ぐという意味ではある種ジンベエザメも海の王者です。いつか僕はジンベイザメと泳いでみたいですし、彼らが住む海が綺麗なままでいて欲しいと思います。

 

【トリビア】
魚も食べる時がある、というのは結構トリビアかもしれません。

先に紹介した台湾で漁獲されたジンベエザメの子供のうち一部はなんと生きていて、3.7mほどの大きさになるまで大分マリーンパレス水族館(現在の「うみたまご」)で飼育されていました。

 

【参考文献】
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p140~142, 164

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る

 

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com