トラザメ (Scyliorhinus torazame)

和名:トラザメ
学名:Scyliorhinus torazame
英名:Cloudy catshark
分類:メジロザメ目トラザメ科トラザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵生タイプ
飼育難易度:★★☆☆☆☆(一般家庭でも飼育可)
見れる場所(野生):北海道南部より南の日本各地に生息、その他台湾や東シナ海、朝鮮半島にも生息
見れる場所(飼育):アクアワールド茨城県大洗水族館、しながわ水族館、横浜・八景島シーパラダイス、鳥羽水族館など多数

【特徴】
サメ=人食いの偏見を壊すのにはピッタリな小さいサイズと可愛らしい見た目のサメです。流線形の典型的なサメ型が多いメジロザメ目の中で、トラザメは吻が丸くて短く、頭も少し平たい、全長40~50cm程度の小さな体をしています。第一背鰭は腹鰭の、第二背鰭は臀鰭のすぐ後ろ辺りに位置しています。

体の模様は太い縞模様(鞍状班と表現されることも)や不規則なブチ模様があります。砂泥底や岩場などに生息するサメなので、周りの環境に溶け込むための模様かもしれません。成魚は茶色っぽいですが、幼魚の頃は色が全体的に淡く、可愛さが引き立ちます。

トラザメの幼魚。

 

【生態・行動など】
トラザメは底生性のサメで、主に水深100mより浅い場所に生息していますが、水深320mからの記録もあるので、深い場所に住んでいることもあるようです。水族館でも底の方で大人しくしていることが多いです。また、15℃前後の少し低めの水温を好むため、深海生物と一緒に展示されることも多いサメです。

そんなトラザメはエビ、カニなどの甲殻類、小型の魚類などを食べていますが、トラザメ自身が小さいため、ナヌカザメなど自分より大きなサメに食べられてしまうこともあるようです。

生殖方法は卵生(単卵生型)で、ひも状の付着糸(卵を絡みつけたりして固定するための糸)がついた焦げ茶色っぽい色の卵殻を産みます。卵殻の長さは約5~6cm、幅2cm程度ですが、卵殻内で子供は7~9cmほどまで成長してから孵化します。トラザメに限ったことではないですが、卵生のサメはかなり窮屈になるまで大きくなってから卵殻を出るようです。

孵化までの期間は7カ月~1年間ほどで、水温により前後します。水族館が公開している情報ですと、水温16~21℃では5カ月前後(アクアワールド茨城県大洗水族館)、水温13℃では10カ月ほど(新江ノ島水族館)で孵化したそうで、水温が高い方が胎仔の成長早いことが伺えます(もちろん高すぎたらダメですが)。

トラザメの卵殻。水族館展示用に中が見えるようになっていますが、実際はこんなに透明ではないです。

【人間との関り】
トラザメはサメの中では飼育が容易な方で、人口飼育下でも順調に成長、産卵させることができます。水族館ではよくトラザメの卵殻や産まれた赤ちゃんが展示されていますし、何世代も繁殖させているという園館も多いはずです。実際に水族館のバックヤードツアーで、金魚すくいの金魚のごとく大量のトラザメの卵殻が保管されているのをよく見かけます。

生理学の研究などでサメを使用する際は、トラザメは実験用に用いられることがよくあります。やや可哀想に聞こえるかもしれませんが、小型で繁殖させやすいトラザメはサメ版マウスとして利用しやすい存在です。実際に、サメの研究を行っている某大学の水槽を見学させていただきましたが、実験用にたくさんのトラザメが飼育されていました。

成長しても50cm程度であまり泳ぎ回らないので、一般家庭でもがんばれば飼育可能だと思いますが、少し低めの水温に保つ必要があります。

 

 

【チャームポイント】
近い仲間のナヌカザメなどにも言えることですが、トラザメは平たい頭とネコっぽい楕円形の目をした顔が可愛らしいですね。特に鼻孔が大きいくて前鼻弁があるせいか、正面顔がたまらなく可愛いです。各鰭の先がとがっていなくて丸みを帯びていることや茶色い体色なども可愛さを引き立てているかもしれません。

トラザメの正面顔が可愛すぎる・・・。

 

【その他紹介】
トラザメ科の新種として1992年にイズハナトラザメ(Scyliorhinus tokubee)というサメが記載されました。このサメは体の白点模様や口の幅が広い等の特徴から新種記載されましたが、2019年に「イズハナトラザメはトラザメのシノニムである(つまり、トラザメと同種なのに別種だと記載されてしまったサメである)」と主張する論文が別の研究者より発表されました。

後者の論文に従うのであれば「イズハナトラザメ」という種は分類学上は存在しないことになりますが、2020年9月現在、日本の複数の水族館で「イズハナトラザメ」として展示されていたサメの記載変更も行われていないようなので、本HPでは上記の問題点を解説しつつも、トラザメとイズハナトラザメを分けて取り扱っていきます。

イズハナトラザメとして沼津港深海水族館に展示されているサメ。


【サイト内関連記事】
激レア甲殻類に可愛いサメたち!沼津港深海水族館へ行ってきた!

 

【参考文献】
Karla Soares, Marcelo R. de Carvalho 『The catshark genus Scyliorhinus (Chondrichthyes: Carcharhiniformes: Scyliorhinidae): taxonomy, morphology and distribution』2019年
アクアワールド茨城県大洗水族館 『SHARK サメのふしぎ』2014年 p15
白井 滋, 萩原 宗一, 仲谷 一宏 『Scyliorhinus tokubee sp.nov. from Izu Peninsula, Southern Japan (Scyliorhinidae, Elasmobranchii)』1992年
新江ノ島水族館 『2018/01/03 トラザメの赤ちゃんと卵の展示始めました』2020年9月3日アクセス
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p181

 

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com