オンデンザメ (Somniosus pacificus)

和名:オンデンザメ
学名:Somniosus pacificus
英名:Pacific sleeper shark
分類:ツノザメ目オンデンザメ科オンデンザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵黄依存型胎生(?)
飼育難易度:★★★★★★(長期飼育実績なし)
見れる場所(野生):北大西洋の温帯〜寒帯、土佐湾以北の日本近海など
見れる場所(飼育):なし。国立科学博物館などで標本が展示されている

【特徴】
ツノザメ目ではニシオンデンザメと並ぶ最大級。サメの中の最大種ジンベエザメには及びませんが、「巨大ザメ」の称号が相応しいサメです。4mを超える個体が見つかっており、最大では7mを越すとも言われています。諸説ありますが、駿河湾で見つかった全長290cmの雄で交接器が未発達だったことから、巨大になることは間違いないでしょう。

オンデンザメは太い体に対して、ほぼ同じ大きさの第一・第二背鰭が小さく、シャープなサメのイメージとはかけ離れています。また、ツナザメ目の仲間ですが、背鰭に棘(きょく、トゲ)がないことも特徴です。第一背鰭が胸鰭より腹鰭側に位置し、臀鰭の下葉は団扇のような形に発達しています。楯鱗が粗く「サメ肌」らしいザラザラ感がありますが、肉が水っぽく体はプニプニしています。

国立科学博物館の深海展で展示された液浸のオンデンザメ。

上顎と下顎で歯の形状が異なり、上顎歯はナイフ状で下顎歯は先が外側に傾いてカミソリみたいになっています。

オンデンザメの歯

近縁種のニシオンデンザメとは住む場所こそ違うとはいえ非常に姿形が似ていて、標本だけ目の前に出されると見分けるのは困難です。複数の専門家の書籍を調べたところ、下記のような見分け方ができるとされています。

・ニシオンデンザメは背鰭がオンデンザメより胸鰭側にあり、両背鰭の間隔(X)が吻端から第一鰓孔までの距離(Y)に等しい(オンデンザメはX=0.7Yほど)。

・オンデンザメの吻端から第一背鰭の始まりまでの距離は全長の44%以上である(ニシオンデンザメはもっと狭い)。

しかし、より標本が集まらないと見分け方の確立は困難とする学者もいて、意見は一致していないようです。

 

【生態・行動など】
ここ最近の深海ブームと、ニシオンデンザメの400歳まで生きる説で話題に上ることが多いオンデンザメですが、まだまだ分かっていないことが多いサメです。日本近海など比較的暖かい場所では深海に生息していますが、アラスカ近海など冷たい海などでは浅い場所にも現れます。また、富山湾で漁獲されたオンデンザメの胃から、水深70〜200mで見つかる生物(スルメイカ、サバ、ミズダコ)が見つかったことから、夜に深みから浅い場所に移動して餌を食べている可能性もあります。逆に、カグラザメにオンデンザメがカグラザメに食べられてしまうこともあるようです。

その体型とのんびりし動きから、スカベンジャー(死肉を漁る)のイメージがありますが、イカ、サケなど動きの速いものが胃から発見されることから、突発的なスピードや奇襲攻撃で生きた獲物も食べていると考えられます。また、アラスカで行われた調査によれば、体が大きな個体ほど海生哺乳類の肉を食べていて、生きたアザラシを捕食している可能性もあるそうです。

 

【人間との関り】
オンデンザメはデカすぎる体の割に肉の市場価値がなく、漁獲されても捨てられてしまったりすることがあるそうです。実際、オンデンザメの料理に挑戦したプロのお寿司屋さんは、「素材の味を生かすことを諦めた」と言って、あんかけ焼きそば風に仕上げていました。

オンデンザメのお肉を使ったあんかけ風焼きそば

飼育について、これまで、沼津深海水族館などが小型のオンデンザメの飼育に取り組んできましたが、捕まった時の状態のためか、飼育環境のせいか、もれなく長生きせずに標本になっていきました。長期飼育への道は遠いと言えるでしょう。

 

【チャームポイント】
オンデンザメはラブカやミツクリザメをはじめとする、日本で見つかる珍しい深海ザメの代表的な存在で、謎に満ちたロマンあふれるサメの一種です。また、間近で見て思った感想ですが、ブニョブニョした柔らかい体のため、陸上にあげると間の抜けたアザラシみたいな顔をしていて意外に可愛いです。

オンデンザメの正面顔。こうして見ると愛嬌ありませんか?

 

【トリビア】
オンデンザメの学名を意訳すると、「太平洋にいる眠そうなやつ」になります。

トリビアではありませんが、オンデンザメの肌でワサビおろしをした時の模様を紹介した動画があるので、ぜひご覧ください!

 

【参考文献】
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p131-134
M.F. Singer, L.B.Hulbert, C.R.Lunsford, N.H.Thompson, K Burk, G O’Corry-Crowe, and A.C. Hirons 『Diet of Pacific sleeper shark, a potential Steller sea lion predator, in the north-east Pacific Ocean』
伊串祐紀、稲村修 『富山湾で捕獲されたオンデンザメの初記録』
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p153, p179
沼口麻子 『ほぼ命がけ サメ図鑑』2018年 p134

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る