アカシュモクザメ (Sphyrna lewini)

和名:アカシュモクザメ
学名:Sphyrna lewini
英名:Scalloped Hammerhead
分類:メジロザメ目シュモクザメ科シュモクザメ属
CITES:付属書Ⅱ
生殖方法:母体依存型胎生・胎盤タイプ
飼育難易度:★★★☆☆(水族館などで飼育可)
見れる場所(野生):太平洋、大西洋、インド洋、地中海などの熱帯・温帯地域、日本海、沖縄、伊豆諸島、小笠原など
見れる場所(飼育):葛西臨海水族園、アクアワールド大洗水族館、鴨川シーワールド、新江ノ島水族館など

【特徴】
言わずと知れたハンマーヘッドです。非サメ好きの方々でも知名度があり、好きなサメとしてよくあげられるサメです。シュモクザメ、いわゆるハンマーヘッドシャークは現状きちんと学名のついたもので9種(シュモクザメ属とインドシュモクザメ属の2属に分かれます)確認されていますが、一番有名で目にすることが多いのはこのアカシュモクザメでしょう。全長は1.5~2.5mほどで、最大で4m以上になるとも言われています。

シュモクザメを他のサメと見間違うことはまずないですが、シュモクザメ間での分類は分かりづらいので取り上げておきます。シュモクザメは頭の形でだいたいを見分けることができます。アカシュモクザメの場合は、いわゆるハンマーの部分が割とちゃんとしたハンマー型で、前面が丸みを帯びていて、真ん中および左右中ほどにくぼみがあることです。

少々見えにくいですが、アカシュモクザメの頭部です。@葛西臨海水族園。

恐らく一番頭の形が似ているのはヒラシュモクザメですが、頭の真ん中にしか凹みがないことで見分けられます。

また、これはシュモクザメ類全体の特徴になりますが、胸鰭が他のサメより小さめです。これは、その独特な形の頭が胸鰭と同じ役割と果たすからだと言われています。

【行動・生態など】
シュモクザメの頭は一見物が見えにくく不便そうに見えますが、実は視野が広がり、鼻孔が離れているため臭いを拾いやすく、さらにロレンチーニ瓶も広範囲に広がっているため、狩りに適した形と言われています(ただし、これに反論する人も一部いるようです)。生殖方法もへその緒がつながった胎盤から栄養をもらう胎盤型で、最も進化したサメとしてシュモクザメをあげる人もいます。

アカシュモクザメは比較的浅い、ダイバーが遊びに行ける沿岸地域に生息し、河口にまで入ると言われています。ただし、成長に伴い沖合に出るようで、水深300~1000mくらいの深みにも潜るそうです。

アカシュモクザメの特徴としては、最大で4mにもなる大型種も関わらず、大規模な群れで移動するということです。この群れについては諸説挙げられていますが、はっきりしたことは分かっていません。以下、挙げられる説と疑問点をまとめてみました。

・遊泳しやすくするため
→流れがきつくないところで群れが確認され、アカシュモクザメ自体の遊泳能力も低いわけではない。

・餌を効率よく採るため
→アカシュモクザメは餌を食べる際に群れを解消し、ハイエナのように徒党を組んで狩りをするわけではない。

・繁殖のため
→群れに未成熟の個体がよく確認される説明がつかない。

・身を守るため
→2~4mにもなる成魚が身を守るためにここまでの群れを作るだろうか・・・。

さらに、とあるダイバーさんからの情報ですが、アカシュモクザメの群れの中に、アカシュモクザメよりも大きいメジロザメの仲間が紛れていたことがあったらしく、この群れの謎は深まるばかりです・・・。解明されたら真っ先に取り上げます。

【人間との関り】
アカシュモクザメをはじめとする大型のシュモクザメの鰭は高級なフカヒレとして高値で取引されています。資源保護の面から絶滅が心配され、アカシュモクザメ、シロシュモクザメ、ヒラシュモクザメの3種はCITES付属書Ⅱに記載されています。ただ、アカシュモクザメは水族館では割となじみの種で、ある程度広い水槽と適切な管理がなされれば、長期飼育も可能です。葛西臨海水族園では、照明の向きや水槽内の水流を調整することで飼育に成功し、大水槽でないにもかかわらず状態の良いアカシュモクザメが元気に泳いでいます。

葛西臨海水族園のアカシュモクザメたち。

また、アカシュモクザメはダイバーに大人気のサメです。サメ好きでなくとも、神子元島をはじめとするポイントで「ハンマーリバー」と呼ばれるアカシュモクザメの群れを見るため潜る人が沢山います。

©ルパンDSさん 
Downloaded from photoAC

アカシュモクザメはテレビ番組や図鑑によっては危険なサメに分類されています。確かに大型になるうえ動きも素早く歯も鋭いので、襲われたら大怪我をする可能性はありますが、ダイバーが近づきたくても逃げて行ってしまうくらい警戒心が強く、こちらから手出しをしない限り危険はないでしょう。ちなみに僕はダイビングの安全停止中、遠くにシュモクザメ(種類不明)を見つけて、「どうせ逃げられるのなら」と全力で追いかけましたが、結局見えなくなってしまいました(良い子はマネしないでください)。

【チャームポイント】
アカシュモクザメのチャームポイントとして注目しがちなのがやはりそのハンマーヘッドですが、僕がアカシュモクザメの萌えポイントとして推したいのが、第二背鰭です。泳ぐ時にチョロン、チョロンと左右に振れるのが可愛すぎて、アカシュモクザメに会うたびにそれを見て癒されています。他のサメでもこの第二背鰭の動きは見られるんですが、シュモクザメは特にこの動きが可愛いですね。

第二背鰭がチョロンって触れた瞬間(^^♪!

【トリビア】
アカシュモクザメの「アカ」は肉に赤みが入っているからその名がついたと言われています。

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る

 

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com