シロシュモクザメ (Sphyrna zygaena)


和名:シロシュモクザメ
学名:Sphyrna zygaena
英名:Smooth hammerhead
分類:メジロザメ目シュモクザメ科シュモクザメ属
CITES:附属書Ⅱ
生殖方法:母体依存型胎生・胎盤タイプ
飼育難易度:★★★★☆☆(水族館で頑張れば飼育可 )
見れる場所(野生):太平洋、インド洋、大西洋、地中海の温帯・亜熱帯地域。日本では北海道以南の各地に分布
見れる場所(飼育):鴨川シーワールドなど

【特徴】
シュモクザメが複数種類いるということを知らないサメ初心者にとって、非常に困惑させられる存在なのがシロシュモクザメでしょう。一見すると水族館やダイビングで人気のアカシュモクザメとの違いが分かりにくいですが、頭部先端にアカシュモクザメは凹みがあるのに対して、シロシュモクザメは凹みがなくきれいな曲線を描いています(水族館などで頭部が傷つくと分かりにくいですが)。
体長は最大で4m以上にもなる大型のサメです。

シロシュモクザメの正面顔です。頭部先端に凹みがありません。

 

【生態・行動など】
シロシュモクザメはアカシュモクザメと同じく幅広い海域に生息するサメですが、シュモクザメの仲間の中では最も冷たい場所にも現れるサメのようです。図鑑により生息域に「熱帯」と記載があることがありますが、熱帯ではごくわずかしか生息が確認されていないようです。

摂餌行動はアカシュモクザメとほぼ同じで、硬骨魚類、エイ、小型のサメを捕食して食べます。生殖方法も、胎盤を形成するタイプで、30尾前後の子供を産みます。

 

【人間との関り】
シロシュモクザメはアカシュモクザメ、ヒラシュモクザメと並びフカヒレ目的をはじめとする漁の対象で、資源数減少が危惧されるためワシントン条約で保護の対象になっています。外見がアカシュモクザメと似ていますが、水族館でよく飼われているアカシュモクザメと異なり飼育が難しいようで、あまり見かけることがありません。

 

【チャームポイント】
シロシュモクザメも他のシュモクザメと同じく第二背鰭がチョロンチョロンするのが僕のお気に入りポイントです。また、アカシュモクザメが嫌いなわけでは決してないのですが、頭部先端がつるんとしている頭はなんかいいなって思います(笑)。

【トリビア】
シロシュモクザメは身が白いから「シロ」と名がついたようです。解体される様子を見たことがあるのですが、きれいな白身をしていました。


【サイト内関連記事】
胎盤を作るサメの観察会!シュモクザメの生殖を学ぶ静岡合宿!

【参考文献】
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p529
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p77
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p56

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る

 

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com