フトツノザメ (Squalus mitsukurii)

和名:フトツノザメ
学名:Squalus mitsukurii
英名:Shortspine spurdog / Shortspine dogfish
分類:ツノザメ目ツノザメ科ツノザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵黄依存型胎生
飼育難易度:★★★★☆☆(頑張れば水族館などで飼育可 )
見れる場所(野生):
見れる場所(飼育):アクアワールド茨城県大洗水族館、横浜・八景島シーパラダイスなど

 

【特徴】
よく見ると思うし実際見てはいるはずだが確証がない。そんなサメの一種がこのフトツノザメです。というのも、これまで数多くの水族館や深海魚イベントで会ってきてはいるのですが、ツノザメの仲間は見分けが難しく、フトツノザメと紹介されていても確証が持てない時があります。

大きさは50~100cmで大きくても120cm程度の小型のサメです。英名にShortspineとついているように、他の多くのツノザメ目より背鰭の棘が短いのが特徴です。他には第二背鰭が第一背鰭よりも小さい、若い個体ではヒレの端が白く縁どられている(成熟すると消えていってしまう)などの特徴があります。

ちなみに、学名の「mitsukurii」はミツクリザメと同じく、動物学者の箕作佳吉氏にちなんでつけられました。

 

【生態・行動など】
フトツノザメは日本近海をはじめオーストラリア南部、ニュージーランド、メキシコ湾などなど世界各地に分布しているとされていますが、先述した通りツノザメの仲間は見分けが難しく、海外の図鑑では「報告が正しければ」と前置きがついていたり「種の混同があるかもしれない」などの注意書きが添えられていました。

比較的暖かい海の大陸棚に生息していて、水深100~500mの深さで主に暮らしています。群れになって泳ぎ、硬骨魚や甲殻類などを捕食します。

生殖方法は卵黄依存型の胎生で、2~15尾ほどの子ザメを産みます。

フトツノザメの母胎から取り出された胎仔です。

 

 

【人間との関り】
フトツノザメは深海魚を対象にした漁で混獲されることがあります。個体数がどれくらいなのかはデータ不足なところもありますが、成熟するまで時間がかかり出産する子供の数も多くはないので、漁獲圧が高まれば著しく数を減らしてしまうのではないかという懸念はあります。

ツノザメ目のサメが飼育が難しいサメが多いですが、フトツノザメはアブラツノザメなどと一緒に水族館で展示されることがあります。

【チャームポイント】
ツノザメの仲間の多くに共通した点ですが、生きている時の目の色が非常に綺麗です。他にあまり例えられない緑がかったその色には心惹かれます。どことなくおとぼけたような表情も可愛げがあって魅力かもしれません。

【その他紹介】

【サイト内関連記事】
戸田(へだ)深海魚まつり in 戸田(とだ)! 海なし県埼玉で貴重な深海魚を発見!
静岡サメBBQ!サメトーク、サメカレー、サメ解剖とサメ尽くしの夏休み!

 

【参考文献】
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p65~66

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com