アブラツノザメ (Squalus suckleyi)

和名:アブラツノザメ
学名:Squalus suckleyi
英名:(North Pacific / Spotted)spiny dogfish
分類:ツノザメ目ツノザメ科ツノザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵黄依存型胎生
飼育難易度:★★★★☆☆(水族館などで飼育可)
見れる場所(野生):北太平洋・北田西洋の沿岸域。日本では千葉以北の太平洋側(特に北海道、東北)、日本海側の山陰地方。
見れる場所(飼育):アクアワールド大洗水族館、仙台うみの杜水族館など

 

【特徴】
最大でも1.2~1.3mのアブラツノザメは、大きい目が特徴の可愛い顔をしたサメです。第一背鰭は胸鰭の上か少し後ろに位置し、胸鰭は丸みを帯びています。背鰭には欠刻がなく、尾柄腹面には太い隆起線があります。目立たない場合もありますが、ところどころに白い斑点模様があるのも特徴です。両背鰭にはツノザメ目の多くに共通する棘があります。この背鰭の棘と良質な油が取れることからその名がついたそうです。

成熟したアブラツノザメの雌。

 

【生態・行動など】
アブラツノザメは決して大きなサメではありませんが、大きな群れを形成して集団で狩りをするハンターです。沿岸域の水深150~600mに生息し、1000mまで潜ることがあります。外洋では表層を泳ぐこともありますが、いずれの場合も15℃以下の冷たい水温を好みます。大規模な回遊を行うことでも知られていて、カナダで標識をつけられた個体が日本で発見されたこともあります。ただ、太平洋を横断するようなこうした記録例はそこまで多くないようです。

アブラツノザメは100~1000尾単位の大きな群れをつくり、小魚、イカ・タコ、エビ・カニなどあらゆるものを捕食します。食べ物が少ないときはクラゲも食べるそうです。生息する場所から考えても人間の脅威になることはないでしょうが、小さな生き物からしたら恐怖の進軍でしょうね。

生殖方法は卵黄依存型の胎生です。冬の時期に交尾をして、20~35㎝ほどの赤ちゃんを2~12尾産みます。

体内から発見されたアブラツノザメの胎児

アブラツノザメは成長が遅い長寿のサメとして知られていて、成熟するまで10年以上を要します。近年ニシオンデンザメが400年近く生きると話題になっていますが、古いサメ図鑑などでは70年近くいきるアブラツノザメが最長寿として紹介されていたりします。

 

【人間との関り】
人間との関りという意味ではある意味一番興味深いサメが、このアブラツノザメです。アブラツノザメは大きな群れで移動することもありまとまって漁獲されるので、食用・研究用として多く用いられています。

日本では青森を中心に食用のサメとして親しまれ、フライ、刺身、煮こごりなど様々な料理に使われます。ムキサメ、棒ザメ、福島、栃木などではさがんぼなど地域ごとに異なる呼び方が数多くあり、いかに多く消費されてきたかを物語っています。青森県ではスーパーでもアブラツノザメの肉や頭が売っています。

アブラツノザメの唐揚げ。僕の手作り。

アブラツノザメは解剖で最もよく使われるサメで、水産系の学部などにいた方は馴染み深いかもしれません。そのため、アブラツノザメは謎が多いサメたちの中でも例外的に研究が進んでいる種でもあります。

さらに言えば、アブラツノザメはスクアレン(スクアラン)と呼ばれる肝油が多くとれるサメであり、ランプ油、ビタミンAを多く含む食材など、様々な需要にこたえるものとして利用されてきました。

アブラツノザメの肝臓。と他の内臓を覆い隠すようなサイズです。

日本人にとってもう一つ知っておくべきアブラツノザメの利用法があります。それはウナギ仔魚の餌です。二ホンウナギは蒲焼きで親しまれる反面、乱獲によりパンダよりも絶滅が危惧される動物です。その養殖でアブラツノザメの卵が使われています。孵化したウナギの仔魚が何を食べるか長い間分からなかったそうですが、水産総合研究センター増養殖研究所の田中秀樹氏らの研究により、アブラツノザメの卵が有効であることが分かり、シラスウナギの育成に大きく貢献しました。

 

【チャームポイント】
近い仲間であるトガリツノザメやフトツノザメにも言えることですが、アブラツノザメは目がクリクリしていて吻先も尖り過ぎず、なかなか可愛い顔をしたサメです。また、先述した通り僕たちに馴染み深いサメでもあることも、アブラツノザメの魅力かなと思います。

 

【トリビア】
アブラツノザメの背鰭の棘には毒があるという報告があります(詳細不明)。

アブラツノザメの解剖動画はこちら!

【サイト内関連記事】
サメのお腹を開いたら赤ちゃんが出てきた!!アブラツノザメ解剖で起きた衝撃!

【参考文献】
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p55~61
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p103
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p152
沼口麻子 『ほぼ命がけ サメ図鑑』2018年 p298
ナショナルジオグラフィック日本版 『完全養殖ウナギの量産化はどこまで可能か?  https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20140902/413838/ 』 2019年1月29日アクセス

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る