カスザメ (Squatina japonica)

©みのわかえる

和名:カスザメ
学名:Squatina japonica
英名:Japanese angelshark
分類:カスザメ目カスザメ科カスザメ属
CITES:記載なし
生殖方法:卵黄依存型胎生
飼育難易度:★★★☆☆☆(水族館などで飼育可)
見れる場所(野生):北大西洋の温帯・亜熱帯地域。日本海、台湾に分布。
見れる場所(飼育):アクアワールド大洗水族館、横浜・八景島シーパラダイス、海遊館など

【特徴】
ひどい名前をつけられたものです。「ヨゴレ」と並ぶ可哀想な標準和名のサメです。実際は正面顔が可愛く、意外にダイバーにも人気の素敵なサメです。

全長が最大で2mほどのカスザメは海底の砂地などに隠れて獲物を待ち伏せるハンターで、平べったいその姿からエイだと誤解されることが多いですが、れっきとしたサメの仲間です。かなり見えにくいですが鰓孔が腹ではなく側面にあり、エイのように体が一枚つながりになっていません。

口を開けたカスザメ。体の側面に鰓孔があるのが見えます。©みのわかえる

以下、他のカスザメ目のサメと被る特徴もあり写真だと分かりにくいですが、カスザメの身体的特徴です。

カスザメは獲物や敵から身を隠すため、砂の中に隠れてカモフラージュします。水族館でも水槽によっては下の写真のように見つけにくい場合があります。

カスザメ目のサメは世界に20種ほどいるとされていますが、本種は学名に「japonica」とついているように日本近海に見られる僕たちに馴染み深いカスザメです。

なお、カスザメによく似たサメでコロザメ(学名:Squatina nebulosa)というサメがいます。こちらもカスザメ目で同じく日本近海に生息しています。同じような体型をしていて見分けがつけにくいですが、カスザメの胸鰭の外角は直角なのに対し、コロザメはより広い角度の胸鰭をしていることで区別することができます。

 

【生態・行動など】
生態は意外に知られていないことが多いです。水深320mより浅い砂地に生息しています。生殖方法は胎生ですが、具体的なことはあまりわかっていません。

餌の獲り方は待ち伏せ型で、砂地に隠れて近付いてきた魚に素早く噛みつき(または飲み込み)ます。その目にもとまらぬスピードで獲物は何が起こったのか全く気付かないうちに食べられてしまいます。大人しそうな見た目に反してその歯は鋭く、刺されたらそう簡単には逃げられそうにありません。

 

【人間との関り】
カスザメは水族館やダイビングで馴染みの種ですが、食材としても利用され、かなり美味だと一部では有名です。自分は近い仲間のコロザメしか食べたことはありませんが、唐揚げや炒め物が合う素晴らしい逸材でした。鱗がかなり硬くぬめりがすごいので、お湯や流水で根気よくぬめりを落としてから気を付けて調理することをお勧めします。

トロール漁船の網に入ることがあり、東シナ海などでは個体数減少が危惧されています(2020年8月現在、IUCNでの評価はVU)。

【チャームポイント】
チャームポイントはテンジクザメ目のサメと同じように正面から見た時の顔が癒し系なことがまず挙げられますが、個人的に推したいのは餌をとる瞬間の顔です。顎の骨が頭骨から離れるせいだと思うのですが、「ニマァァ~」と笑ったような何とも言えない顔になります。映像でしか見たことありませんが、生でぜひ見てみたいです。

サメ展で展示されたカスザメの標本です。すごい表情で固定されています(笑)。

 

【その他紹介】

 

【サイト内関連記事】

 

【参考文献】
Leonard Compagno, Marc Dando, and Sarah Fowler 『Sharks of the World』2005年 p143
The ICUN Red List of threatened Species Squatina japonica (Japanese Angelshark)  www.iucnredlist.org/details/161558/0  2018年3月10日アクセス
田中彰 『美しき捕食者 サメ図鑑』2016年 p89
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p29

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com

 

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る

 

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com