ネムリブカ (Triaenodon obesus)

和名:ネムリブカ
学名:Triaenodon obesus
英名:Whitetip reef shark
分類:メジロザメ目メジロザメ科ネムリブカ属
CITES:記載なし
生殖方法:母体依存型胎生・胎盤タイプ
飼育難易度:★★★☆☆☆(水族館などで飼育可)
見れる場所(野生):太平洋、インド洋の熱帯・亜熱帯地域、日本の伊豆諸島、小笠原諸島、九州地方などに分布
見れる場所(飼育):鴨川シーワールド、アクアワールド大洗水族館、海遊館、おたる水族館などなど多数

 

【特徴】
水族館でもダイビングでもお馴染み、真ん丸お目目とホワイトチップがチャーミングなサメと言えばネムリブカです。全長50~60㎝で産まれますが、成長しても1~2mほどのサイズで、そこまで大きくなりません。

一属一種なのでネムリブカを他のサメと見間違うことはないと思いますが、一応身体的特徴を説明すると、背鰭が胸鰭よりも腹鰭に近い位置にあり、第二背鰭と臀鰭が割と大きいです。体色は全体的に灰色がかっていて、不規則に斑点模様があります。英名の「Whitetip」の由来でもある白い模様が第一背鰭・尾鰭上葉それぞれの先端にあるのも特徴です。

【生態・行動など】
「ネムリブカ」とは文字通り眠るサメ(フカ=サメ)。サメへの一般的なイメージを裏切り、泳ぎ続けなくても生きていられるサメの一種です。昼間は海底でじっとしていることが多いのですが、夜になると活発に行動し、岩場やサンゴの隙間に頭を思い切り突っ込んで隠れた魚を捕食します。サメ特有の循鱗は、こうした際もサメの体を守ってくれます。

まとまって行動することが多く、洞窟で休むときは集団で折り重なっていることもあります。夕方から夜中にかけても、ネムリブカは群れで狩りをする姿が観察できます。

生殖方法は胎生で卵黄嚢から胎盤を形成します。飼育しやすく多くの浅瀬に生息するネムリブカですが、意外に生殖については分かっていないことが多いようです。雄が雌の胸鰭に噛みついて交尾し、妊娠期間は5か月ほどであることが1970年代くらいの研究では知られていますが、詳しいことは未知の部分も多いようです。ここら辺は新情報が手に入り次第更新していきます。

 

【人間との関り】
ネムリブカは飼育しやすく、多くの水族館で飼育されています。また、生息域も浅瀬であり性格が大人しいため、ダイビング初心者でも野生のネムリブカを見ることができます。

 

 

【チャームポイント】
ネムリブカはメジロザメ類の中でも癒し系な部類だと思います。吻に丸みがあって短めで、第一背鰭の位置がやや後方にあって第二背鰭や臀鰭が大きいために、他のメジロザメと比べてシャープさでは劣ります。ただ、ネコみたいな可愛い目と、先の白い鰭が魅力的なサメです。底で大人しくしている姿も微笑ましいです。もちろん、夜のハンターとして素早く泳ぎ回る姿も魅力の一つです。

個人的なエピソードになりますが、ネムリブカは僕がダイビングで出会った初めてのサメです。ネムリブカはポピュラーなサメなのでテレビ番組でも水族館でも飽きるほど見てきましたが、いざダイビングで見た時はその場でタンクの空気を使い切るのではという感動でした。水中でサメに出会ったことに関して一切の恐怖はなく、ダメと知りつつ追いかけたい衝動にかられました。やはり水中で見るサメは格別ですね。

泳ぎ去っていくネムリブカ@サイパン。サークルの仲間が撮影してくれました。

【その他紹介】

【サイト内関連記事】

 

【参考文献】
Jose I. Castro 『The Sharks of North America』 2011年 p503
William Robbins 『Abundance, Demography and Population Structure of the Grey Reef Shark (Carcharhinus amblyrhynchos) and the Whitetip Reef Shark (Triaenodon obesus)』 p80
仲谷一宏 『サメ ー海の王者たちー 改訂版』2016年 p157

HPトップへ戻る

図鑑ページトップへ戻る

 

【ギャラリー】
ギャラリー内の写真についてのお問い合わせは以下までお願いします。
shark.sociology.ricky@gmail.com