分類学上のサメ

【サメは魚の仲間?】
サメは一般に魚の仲間と言われています。より細かく言えば、サメは軟骨魚類というグループの動物です。ここではサメがどういう生物なのか分類学の視点で解説します。

地球上の生き物をある法則に基づいて秩序立てて整理し、学名という唯一無二の名前をつけていく学問を分類学と言います。この分類学における最小単位は種で、近い種がいくつか集まったグループが属、近い属がいくつか集まったグループが科というようにグループ分けがされています。

専門的に聞こえるかもしれませんが、要は住所みたいなものです。例えばお気に入りのバーの場所を教える際に、いきなり「池袋のケンタッキー・フライド・チキンの店を曲がって少し進んだところ」とは説明しませんよね。「池袋のどのKFCだよ?」となりますし、そもそも東京の地名に詳しくなければ「池袋って何県?」となります。

しかし、 東京都豊島区東池袋~という風に大きい単位から徐々に説明されれば、だいたいの場所が分かりますし実際にいくとなっても人に聞いたり地図アプリに打ち込んだりして確実に目的地にたどり着けます(ちなみに東池袋には本当に僕のお気に入りのバーがあります)。

生物の分類もこれと同じようなものです。界→門→綱→目→科→属→種という順番に、大きいグループ分けからより細かいグループ分けになっていきます。僕たちヒトも例外ではなく、以下のように分類されます。

分類階級をかなりざっくりと図解してみました。実際には門や綱はこれ以上の数があります。

界は細胞レベルの分類で、動物界、植物界などに分かれます。門はそのなかでもどのようなボディプランをもつかという大きなグループ分けです。このようにして徐々に細かい分類になっていき、最小単位の種になります。例えば僕たちヒトは動物界脊索動物門哺乳綱霊長目ヒト科ヒト属のヒトで、学名はHomo sapiensです。

この界門綱目科属種それぞれを分類階級と呼びます。

では、この分類階級にサメの仲間を当てはめて、サメがどんな生物かを見ていきましょう。ひとまず『ジョーズ』のモデルになったホホジロザメを当てはめてみます。

途中にある「亜綱」というのは、綱と目の間、数字で言う.5みたいなものと思ってください。板の鰓と書いて「ばんさい」と読みます。

この分類をもとにまとめると、サメというのは骨格のほとんどが軟骨でできていて(軟骨魚綱)、鰓孔が板を並べたように複数に並んでいる(板鰓亜綱)の魚、という風に定義できます。ホホジロザメはそのサメの中でネズミザメ目というグループの中に位置しています。

この軟骨魚綱は板鰓亜綱のほかに全頭亜綱というグループがいます。板鰓亜綱にはサメのほかにエイの仲間が、全頭亜綱にはギンザメの仲間が分類されています。一般向けの書籍では「軟骨魚類」や「板鰓類」と書かれることがありますが、同じ意味です(類はどの階級にも使える言葉です)。

 

 

【他の魚と何が違う?】
サメは軟骨魚だと説明しましたが、俗に「普通の魚」と呼ばれるマグロやタイなどの魚は硬骨魚と呼ばれます。サメやエイ、ギンザメの骨は糖たんぱく質がメインですが、硬骨魚の骨は僕たちと同じようにカルシウムが主成分です。

一般的にはサメもマグロも「魚」でまとめられがちですが、実はかなり異なった動物です。

先ほどの分類階級にクロマグロを当てはめてみます。

ここで注目すべきは、綱という割と大きいグループ分けの時点で、すでにサメと異なっているということです。綱のレベルというのは哺乳類や鳥類が分かれる階級です。

つまり、サメとマグロ(およびその他の硬骨魚)は、ヒトとハシブトガラスが違う動物であるのと同じくらい異なった位置にいる動物と言えます。

サメ図鑑や一般向けのサメの本を読むと「コバンザメとチョウザメはサメではない」と書いてあります。これはコバンザメとチョウザメが条鰭綱に属する、つまり綱レベルでサメと異なる硬骨魚の仲間だからです。「サメ」と名前についているので未だに多くの方が勘違いしていますが、コバンザメもチョウザメもサメとはかなり離れたグループにいます。

 

【まとめ】
ここまでの話を一旦まとめます。

・サメは軟骨魚綱板鰓亜綱の動物である

・サメとエイは同じ板鰓類である

・ギンザメは軟骨魚だが全頭類というグループに分類される

・タイやマグロなどの魚は硬骨魚である

・硬骨魚とサメたち軟骨魚は人間と鳥くらい分類が離れた動物である

・コバンザメやチョウザメは硬骨魚なのでサメではない

「サメは軟骨魚類です」とか「コバンザメはサメではない」などの解説は水族館などでも紹介されますが、その裏にはこうした分類学的な背景があります。実際の分類学はもっと細かくて色々な説があるので、沼にはまってみたい方はぜひご自身で調べてみてください笑。ただ、ここで紹介した内容を知っているだけでもかなりサメに詳しい感は出ると思います。

 

【サイト内関連記事】
分類学とは?生き物を分類する意義とは?
ギンザメはサメじゃない?不思議な見た目の深海魚を解説!
チョウザメはサメじゃない? キャビアを産む古代魚を解説!