「鱶いい話」トークイベントで素敵なサメ料理を堪能!

未分類

先日、判子作家の京楽堂さんと水棲生物画家の繁田穂波さんのトークイベント「鱶いい話」に参加してきました!

お二人ともとても素敵な生き物グッズを作ってくださっていて「博物ふぇすてぃばる」などのイベントでもお会いしていましたが、今回サメがテーマということで参加してみました!

会場に展示されていたヨロイザメの頭骨標本

トークの内容はお二人の推しザメやお勧めの水族館など盛沢山で、サメの分類や進化にかかわる話にまで発展し、なかなか鱶(深)いトークになりました。

僕がまだ行ったことない水族館の紹介などもあって、サメ好き兼水族館好きとしてテンション上がりましたね(とりあえずマリンワールド海の中道に早く行きたい)。

楽しいトークの内容は参加したもの勝ちということで、今回は会場に展示されていた素敵なサメグッズや料理のご紹介です!

繁田穂波さんの描くホホジロザメ

 

店内もおしゃれに装飾され、こんな素敵な絵も飾ってありました。

 

めんちゃん&てんちょうのランチョンマットが可愛い・・・。

今回の「鱶いい話」イベントは美味しい料理をいただきながらトークを楽しんだのですが、その料理のすべてがサメをモチーフにしたり実際にサメを使ったおしゃれすぎる料理でした!

とんがりコーンをサメの歯に見立てたサラダ

 

チーズをサメの歯に見立てたサラダ。このサメの歯の形はアオザメあたりでしょうか・・・。

 

シュモクザメの頭に見立てたピッツァ・ロレンチーニ笑

 

ネコザメの卵をモチーフにしたパスタ。もうそれにしか見えませんんね笑

  飛びぬけてすごいなと思ったのがコチラです。

ラブカ!!お皿自体がラブカというのもすごいですが、赤いフリルのような鰓が6対あることやエメラルドグリーンの目、独特な形の歯など、ラブカの特徴忠実に合わせていった感じた堪らないですね。

これまではサメをモチーフにした普通の(?)料理でしたが、サメ肉を使った料理もいただきました!

ネズミザメ(モウカザメという名前で流通)のムニエル!

 

モウカの星!ネズミザメの心臓で、トップクラスで美味しいサメ料理です!

トークも楽しく料理も美味しく、それを囲む作品も素晴らしいという、かなり充実した時間を過ごすことができました。

 

今回トークされた繁田穂波さんは10月に開催される「おもにサメ展」というイベントをプロデュースされていますが、きっと「おもにサメ展」も今回のようなサメ好きが満足する素晴らしいイベントになるだろうと期待しています。

【おもにサメ展】
http://shigeta-honami.com/news/519

2019/10/12(土)〜14(月祝)※3日間限定
13:00~19:00(最終日~18:00)

Studio SOIL
〒103-0003 東京都中央区日本橋横山町10-5
JR馬喰町C1出口徒歩1分/浅草線東日本橋B4出口徒歩5分

 

ちなみに、先日のブログでもちょこっと紹介しましたが、僕も10月5日トークイベントを行います!

サメ好き・水族館好きはもちろん、そこまで生き物とか詳しくないよという方もきっと水族館でサメに会いたくなる、そんなイベントにしようと思っていますので、ぜひこちらもよろしくお願いいたします。

第33回八王子ネイチャートーク
「サメがいる水族館を10倍楽しむための講義」
https://imatama.jp/event-page/index/3919

10月5日(土)16:00~17:30

nature cafe Hidamari
東京都八王子市中町7-10 紅洋ビル5F TEI:042-621-0292

参加費:一般:2000円 学生:1000円 小学生以下:無料

予約はcafe@liferbird.comまでお願い致します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※今回の記事に使われている写真は全て主催の方に許可を頂き撮影・掲載しております。京楽堂さん、繁田穂波さんの応援もぜひお願い致します。

京楽堂×繁田穂波 「鱶(フカ)いい話〜繁楽堂の宴〜」

水棲生物画家 繁田穂波 Twitter→@shige_hnm

判子作家 京楽堂 ‪Twitter→@kyouraku_stamp ‬
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

投稿者プロフィール

1992年東京都生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国、ポートランド州立大学に留学。

HPやYouTubeでサメなどの海洋生物・水族の生態を紹介、環境問題の解説を行っている。サメや関連イベント参加、水族館巡り、ダイビング、標本作製などサメや生き物活中心の生活を送る。水族館のボランティアスタッフの経験あり。トークイベントのプレゼンターやライターとしても活動。

ライティングやトークイベントのご依頼・その他お問い合わせはコチラ↓
shark.sociology.ricky@gmail.com

サメ社会学者Rickyをフォローする
未分類
サメ社会学者Rickyをフォローする
The World of Sharks

コメント

タイトルとURLをコピーしました