人食いザメ?ワニの仲間?勘違いされすぎなサメ、シロワニを徹底解説して救済します

未分類

おはヨシキリザメ!サメ社会学者Rickyです!

早速ですが、「シロワニ」という単語を聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。

もし、真っ白いワニを想像した人は、最後までこの記事を読んでください。

まあ、正解の方を想像した人にも最後まで読んで欲しいです笑。

 

ということで、今回はこの「シロワニ」という名前のサメを解説します。

名前が紛らわしいというのもありますが、それ以外にも非常に誤解されているサメなので、この子にまつわる勘違いを全て解いていきます!

 

 

 

【シロワニはどんなサメ?】

シロワニとはどんなサメなのか?まずはざっくりと紹介します。

シロワニはネズミザメ目オオワニザメ科に分類され、大きいものだと全長3m以上に成長する大型のサメです。

このネズミザメ目というのは、『ジョーズ』のモデルになったホホジロザメや、深海魚として有名なミツクリザメ、漁獲されるとニュースになりがちなメガマウスなど、水族館で飼育するのが難しいサメがほとんどです。

しかし、シロワニは水深15〜25mほどの浅い場所でゆっくりと泳いでいるサメのためか人工環境になれやすく、ネズミザメ目で唯一、水族館で長期飼育できるサメと言えます。

そんなサメなので見たことあるという人も多いと思いますが、どんな見た目なのかおさらいしておきましょう。

シロワニは円錐型の吻と小さい目、そして常に半開きになった口から尖った歯が覗いているのが印象的です。不規則な斑点模様がある体は全体的に太くがっしりしていて、体についている各部のヒレも大きいです。

他のサメの場合、二番目の背鰭、第二背鰭と、臀鰭(しりびれ)が小さくなりがちなのですが、シロワニはそれらも第一背鰭と同じくらいの大きさで非常に目立っています。

こちらはオオメジロザメ。第一背鰭に比べて、第二背鰭、臀鰭が小さいことが分かる。

 

個人的にはかなり特徴的なので見間違うことはまずないのですが、全然違うサメをさして「シロワニですか?」という人が結構いるので、サメ初心者の方は今挙げたようなポイントで見分けるようにしてください。

このシロワニというサメ、個人的に大好きな推しの一種なのですが、冒頭でも言った通り非常に勘違いされがちなサメです。なので、今回はシロワニにまつわる勘違いを徹底解説して、シロワニを救済したいと思います。

 

 

【何故サメなのにワニ?】

シロワニについて話すときに、「シロワニ」という名前だけ伝えると、高確率でワニと勘違いされます。

前に、ダイビングをやっているという人と「すみだ水族館にシロワニがいる」という話をしていて、どうも噛み合わないなって思ったら、相手の人がアルビノのワニだと勘違いしていたっていうことが実際にありました。

すみだ水族館で実際に展示されているシロワニ。

サメ好きの中ではシロワニは有名な存在なので全く違和感がないのですが、普通に考えると確かに紛らわしいですね。

では、何故サメなのにワニとついているのか?

実は、日本の一部地域では、サメのことはワニと呼ばれているんです。

そもそも、日本にはサメと一般に呼ぶ動物を指す言葉が三つあります。

一つはお馴染みの「鮫(サメ)」で、もう一つ有名なのが「鱶(フカ)」です。中華料理で使うサメのヒレをフカヒレと言いますが、まさにここから来ています。実際、ネムリブカ、ラブカなど、鱶と名前がつくサメは数多くいます。

そして、山陰など一部の地域にはサメのことを「鰐(ワニ)」と呼ぶ文化があります。

実際に広島県では「ワニ料理」という名前でサメ肉を使った料理が売られていますし、古事記の『因幡の白兎』に出てくるワニというのは、実はサメではないかとする説もあります。

三次市観光サイトのワニ料理紹介はコチラ↓

この三つの名称がどういう経緯で生まれたのか、はっきりとした起源はわかりませんが、サメは交尾をする魚であり、お腹の中で赤ちゃんを育てる仲間も多く、そして顎を使って獲物を捕らえる捕食者なので、鮫、鱶、鰐の三つともサメを表す言葉としてしっくりきますね。

シロワニについては、別に山陰地方に特別多いサメでもないし、なんなら体の色も白くはないので、なんでこの名前がついたのかは正直分かりませんが、実はシロワニには少しワニっぽいと言えなくもない特徴があります。

実は、シロワニは時々水面に出て空気を胃の中に取り入れることがあるんです。

もちろんサメの仲間なので呼吸はエラで行いますが、サンゴ礁や洞窟などでゆっくりと泳ぐシロワニは、水面の空気を体内に維持することで浮力の足しにしているようです。

水族館でじっと見ていると、もしかしたらシロワニが空気を取り込む瞬間を観察できるかもしれません。

 

 

【英語名も紛らわしい】

シロワニという標準和名が紛らわしいという話をしましたが、英語ではどうでしょうか。

シロワニは世界中の熱帯・温帯海域に分布しており、同じ英語圏でも国や地域によって呼び方が異なっています。

最もポピュラーなのが米国でよく用いられるSand tiger sharkですが、英国や豪国ではGrey nurse shark 、南アフリカではSpotted ragged tooth shark という呼び方がされます。

全部シャークとついているのでワニと勘違いする人はいないと思いますが、実は面倒なことに、全く別の種でTiger shark、及びNurse sharkというサメがいます。

Tiger sharkk、日本名はイタチザメ

 

Nurse sharkことコモリザメ

このうちTiger sharkに関する間違いが結構多いです。

日本でも「危険な人食いザメ タイガーシャーク!」とナレーション入れながら堂々とシロワニの映像を流す番組が放送されたり、某サメ映画でも、明らかにシロワニの見た目したサメが泳いでいるのに「Tiger shark」とドヤ顔で説明しているおっさんが出てきたりして、なかなかにひどいことになっています。

確かに名前は少し似ていますが、シロワニはネズミザメ目で、Tiger sharkと呼ばれるイタチザメはメジロザメ目なので分類上のグループもだいぶ離れていますし、そもそも見た目が全然違います。

一応覚え方を教えると、シロワニは砂浜がある海岸近くのような浅瀬にいるので、Sand tiger、イタチザメは体にトラを思わせる縞模様が入っているのでTigerです。

いいですか、これはテストに出るんで、このイメージでちゃんと覚えておいてください。

 

【危険なサメなのか?】

名前について勘違いするのはまだいいとして、シロワニはその危険性についてもひどく誤解されていて、もはや風評被害を受けています。

ただでさえサメは「人食いモンスター」のようなひどい偏見を受けていますが、シロワニは、主にその顔のせいで、特にその傾向が強いです。

大抵のサメは、たとえ鋭く切れ味のある歯を持っていたとしても、口を開いて獲物を襲う瞬間でもない限り、外からはあまり見えません。

メジロザメの仲間。ちゃんと歯はあるが、肉に埋もれていて普段はあまり見えない。

しかし、シロワニは常に口を半開きにしていて歯も長いので、何もしていなくても尖った歯が剥き出しになっています。しかも体が大きくてがっしりしているので、いかにも危険なサメのように見えるのかもしれないです。

何もしていなくても歯がむき出しのシロワニ。

実際に水族館のシロワニ水槽の前で「ジョーズ」とか「人食いザメ」とかいう声はよく聞きますし、テレビやネットの記事でシャークアタックが報じられる際、シロワニが襲ったわけじゃないのにシロワニの映像とか画像が使われることがよくあります。

こんな感じで、シロワニは「人食いザメ」「凶暴なサメ」というイメージを持たれがちですが、シロワニは人を積極的に襲うようなサメでは決してありません。

サメの食性、つまり何を食べているかは胃の中を開くのが手っ取り早いですが、歯を見るだけでもある程度わかります。

こちらがシロワニの歯です。先端が鋭く尖っている細長い形状をしています。似た形状の歯を持つ有名なサメに、同じネズミザメ目のアオザメ( Isurus oxyrinchus)がいますが、シロワニの歯は大きく尖った部分の左右に、副咬頭という、小さなトゲみたいなものがちょこんと一つずつついています。

個人的な話ですが、この小さな副咬頭がちょこんとついているのが可愛いというのも、シロワニの推しポイントです。

こんなに尖っている歯を剥き出しにしているのは、確かに一般の人からしたら怖い顔なのかもしれませんが、この歯は突き刺す歯、食器に例えていうならフォークです。つまり、シロワニの歯は、人間みたいな大型の動物の肉を噛み切るのではなく、一口で口に入るような大きさの獲物を捕まえて逃がさないためのものだと言えそうです。

実際にシロワニは硬骨魚や自分より小さなサメ類、そしてイカなどの頭足類を食べていることが確認されています。

この説明を聞いても納得してくれない人のためにもう一つ言わせてもらうと、シロワニは性格も非常に穏やかで、ダイビングで彼らと一緒に泳ぐことができます。

シロワニは水深30mよりも浅い陸の近くに生息していたりするので、ダイビングで気軽に出会うことができます。日本でも小笠原のいくつかのポイントで一緒に泳ぐことができ、この子たちのためだけに訪れる人がいるくらい大人気です。

小笠原観光局のシロワニ紹介はコチラ↓

 

 

僕も一回小笠原でダイビングしたときに、小さな洞窟でシロワニに会ったことがあります。手を伸ばせば届くような距離に2m近いシロワニがゆっくりと泳ぐ姿は、めちゃくちゃカッコ良かったし、非常に優雅で美しかったです。こっちを気にする様子もなかったし、僕も怖いという気持ちは全くなかったですね。

もちろん、シロワニを追いかけたり驚かせたり、あるいは餌などで刺激すれば襲われる可能性があるし、そうでもなくても全長3mのサメがもし全速力でぶつかってきたらただでは済みません。しかし、大型の野生動物と関わる際に気をつけないといけない、というのはサメに限った話ではなく当たり前のことです。むしろ出会い頭に急に襲われる危険性で言えば、イノシシやクマの方が全然高いと思います。

表面的な見た目で過度に怖ががったり、変なメディアに惑わされることなく、この子たちのカッコよさ、美しさ、そして可愛さを僕は知って欲しいなと思います。

 

【子宮内共食いの真実】

シロワニを語る上でどうしても外せないのが、彼らの生殖方法についてです。

シロワニは「子宮内で共食いするサメ」としてネットでよく紹介されます。この情報自体は間違ってはいないのですが、この情報も、シロワニのはむき出しの顔とセットになって一人歩きして、「シロワニはやべえサメ」みたいな雑なイメージが広まっている気がするので、ちょっと深掘りさせてください。

サメの生殖について基本をおさらいすると、サメには卵殻に包まれた状態の赤ちゃんを産み落とす卵生のタイプと、お腹の中で赤ちゃんを育てて、成魚のミニチュア版まで成長させる胎生のタイプがいます。

そして、胎生のサメの中でも、赤ちゃんに他の卵を食べさせるもの、ミルクのような栄養液を与えるもの、胎盤を形成してへその緒を通して栄養を送るものなど、いくつかのタイプに分かれます。

胎盤とへその緒でつながったシロシュモクザメの胎仔

実際には卵も栄養液も使うサメがいたり、そもそもこの栄養の与え方が分かっていないサメもいるのでこんなにきれいに分けられないのですが、初心者の方はとりあえずここまでおさえてください。

そしてシロワニはこのうち、赤ちゃんが他の卵を食べて成長する、卵食または食卵と呼ばれる方法をとります。

卵食自体はホホジロザメなど、他のネズミザメ目のサメでも確認されていますが、シロワニは未受精卵だけでなく、成長した他の兄弟も食べてしまうことが確認されています。

シロワニの受精卵は、薄い卵殻に包まれた状態で、最初は卵黄の栄養を吸って育ちます。

やがて5cmくらいまで成長すると卵殻から出てきますが、10cmくらいにまで大きくなると歯が生えてきて、自分より小さな兄弟・姉妹を殺しはじめます。

唯一生き残った赤ちゃんが、その兄弟たち、そしてその後に排卵される卵を食べることでさらに大きくなり、全長1m近い立派な姿で生まれてきます。これが、子宮内共食いと呼ばれる理由です。

なお、サメの子宮は二つあるので、1匹の雌はそれぞれ1匹ずつ、合計2匹の子供を生みます。

兄弟で殺し合うというのは人間基準で考えれば恐ろしいですが、これは彼らなりの生存競争だと言えます。

シロワニを含む多くのサメは、1匹のメスが複数のオスと交尾して、異父兄弟がお腹の中で育ちます。そして、シロワニの子宮内で生き残るには、最も早く成長しないといけません。

以上のことを踏まえると、生まれてくるシロワニの赤ちゃんというのは、

・できるだけ早くメスと交尾して、

・他よりも早く卵に辿り着ける元気な精子を送り込めて、

・子宮内で一番に成長することができる

こうした特徴をもった雄の子供だと言えます。

そう考えると、子宮内共食いはメス視点でいえばオスの遺伝子の選別、オス視点でいえば、受精した後の戦いと見ることもできます。

つまり、今この世界で泳いでいる全てのシロワニが、ある種の最終選別を勝ち抜いたエリートなわけです。

もちろん生存競争をしている全ての生物がそうだと言えますが、受精しただけでは終わらないというところに、自然の厳しさやサメの進化の面白さを感じます。それもまたシロワニの魅力かもしれないですね。

 

 

 

投稿者プロフィール

1992年東京都生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国、ポートランド州立大学に留学。

HPやYouTubeでサメなどの海洋生物・水族の生態を紹介、環境問題の解説を行っている。サメや関連イベント参加、水族館巡り、ダイビング、標本作製などサメや生き物活中心の生活を送る。水族館のボランティアスタッフの経験あり。トークイベントのプレゼンターやライターとしても活動。

ライティングやトークイベントのご依頼・その他お問い合わせはコチラ↓
shark.sociology.ricky@gmail.com

サメ社会学者Rickyをフォローする
未分類
サメ社会学者Rickyをフォローする
The World of Sharks

コメント

  1. […] この辺のことはラブカとかシロワニの紹介でも述べましたが、表面的な見た目が恐かったり異様だからといって「人食いザメ」とか騒ぎ立てるのはご遠慮いただくようお願いいたします。 […]

タイトルとURLをコピーしました