世界最小のサメ!コビトザメの仲間たち!

未分類

おはヨシキリザメ!サメ社会学者Rickyです!

一般に「サメ」という動物は大きくて怖いと思われがちですが、実際は大きさも姿も様々な種類のサメがいます。

一番大きなサメと言えば、世界最大の魚類でもあるジンベエザメです。サメが特別好きでない方もこの子のことはご存知だと思います。

世界最大のサメであり最大の魚類ジンベエザメ

では、世界最小のサメをご存知でしょうか。

それがこのコビトザメの仲間です。

背鰭や胸鰭も小さくて、尾鰭も薄っぺらく、いわゆる「フツーのサメ」と比べると、なんかサメっぽくないシルエットですね。

では、この子たちがどれくらい小さいのか、より分かりやすい写真をお見せします。

合成ではないです。本当にこれくらいのサイズです。

一応補足しておくと、これが最大サイズというわけではないです。恐らく未成熟個体だとは思います。しかし、大きくなっても20~30cmにしかなりません。典型的なサメのイメージを覆す大きさですね。

「もはやサメなのか?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、ツノザメ目ヨロイザメ科ツラナガコビトザメ属の仲間です。写真だと分かりづらいですが、サメ特有の5対のエラ孔がありますし、サメっぽい歯が生えています。

 

ちなみに、日本近海にはツラナガコビトザメとオオメコビトザメの2種のコビトザメの仲間が生息しています。名前の通りオオメコビトザメは目が大きいので一応それで見分けられるのですが、この違いというのが何とも微妙で、ノギスを使って厳密に計測するか究極のサメ変態にならない限り見分けは困難です・・・。

以前にコビトザメたちを観察した時の記事はコチラ↓

ちなみに、ツラナガコビトザメは世界最小のサメであると同時に、発光器をもつサメとしても知られています。

サメには何種か発光器をもつ種類が知られていて、つい先日もヨロイザメの発光器が確認されて話題になりました。

光るサメの最新ニュースはコチラ↓

せっかくなので僕も発光器を観察したかったのですが、肉眼では確認できませんでした。顕微鏡を使って詳細に見れば分かるのかもしれませんが、ただただ黒いザラザラしたサメ肌が見えるばかりでした・・・。

 

そのうち光るサメについてもまとめて紹介したいと思います。

ゴールデンウイークも自粛ムードで過ごすことになりそうですが、出来る範囲でサメ活を続け発信もしていくので、引き続きよろしくお願いいたします!

 

 

投稿者プロフィール

1992年東京都生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国、ポートランド州立大学に留学。

HPやYouTubeでサメなどの海洋生物・水族の生態を紹介、環境問題の解説を行っている。サメや関連イベント参加、水族館巡り、ダイビング、標本作製などサメや生き物活中心の生活を送る。水族館のボランティアスタッフの経験あり。トークイベントのプレゼンターやライターとしても活動。

ライティングやトークイベントのご依頼・その他お問い合わせはコチラ↓
shark.sociology.ricky@gmail.com

サメ社会学者Rickyをフォローする
未分類
サメ社会学者Rickyをフォローする
The World of Sharks

コメント

タイトルとURLをコピーしました