オオワニザメが水族館で見られる?シロワニとの見分け方などを詳しく解説!

未分類

おはヨシキリザメ!サメ社会学者Rickyです!

今回は、生きている姿を一生に一度見られるかどうか分からないという本当に超激レアなサメ、オオワニザメを紹介します!

サメ好きでないと「聞いたことない」という人が多いと思いますし、「そもそもワニなの?サメなの?どっちなの?」という疑問を持つ人がいるかもしれないですが、珍しいサメとして取り上げられることの多いラブカやミツクリザメよりも貴重と言えるかもしれません。

そんなオオワニザメの生態や魅力を解説していきますので、よろしくお願い致します!

 

オオワニザメはどんなサメ?

レアだ!貴重だ!と言われるだけだとよく分からないと思うので、オオワニザメがどんなサメかをまずはざっくりと解説します。

オオワニザメは、ネズミザメ目オオワニザメ科オオワニザメ属に分類されるサメです。

以前の記事で「シロワニ」というサメがワニだとか人食いザメだとか色々勘違いされているという紹介をしたのですが、あの子と近い仲間で、同じオオワニザメ科に分類されています。

そのシロワニ動画でも話しましたが、サメの仲間を一部地域で「鰐」と呼ぶ習慣があります。詳しい経緯はわかりませんが、オオ「ワニ」ザメやシロ「ワニ」という名前は、その地方名が反映されたものだと思います。

近い仲間ということもあって、シロワニとオオワニザメはぱっと見の見た目が似ていて、どちらも3m以上に成長する大型のサメです。サメ好き初心者の方だと見分けに苦労するかもしれないので、一応見分けのポンとをお伝えすると

・目の大きさ

・第二背鰭の大きさと位置関係

・歯の形

この3つを押さえておけば大丈夫です。

シロワニとの見分け方①:目の大きさ

まず、多くの水族館で展示されているシロワニは顔に対して目が小さいですが、オオワニザメは目がまんまるで大きいです。シロワニの顔も好きですが、オオワニザメはぬいぐるみみたいで可愛いですね。

オオワニザメの顔

シロワニの顔

シロワニとの見分け方②:第二背鰭の大きさと位置関係

次に第二背鰭です。有名なホホジロザメやザ・サメという見た目のメジロザメ類の多くは大きく三角形な第一背鰭に比べて、第二背鰭が小さいです。ちょこんとおまけみたいについています。一方で、オオワニザメとシロワニ、この2種はどちらも第二背鰭が非常に大きいです。

ただし、シロワニは第二背鰭が第一背鰭と同じくらい大きく、第一背鰭が腹鰭側、つまり体の後ろの方についているのに対して、オオワニザメは第二背鰭が第一背鰭より小さく、第一背鰭が胸鰭側、つまりシロワニよりも若干前の方に位置しています。

シロワニとの見分け方③:歯の形

最後に歯の形です。シロワニもオオワニザメも、獲物を突き刺すのに適した細長く尖った歯をしていますが、ちょっとした違いがあります。

どちらの歯も、大きく突き出た部分の左右に副咬頭というちょこんと突き出た部分があります。この副咬頭が可愛いというのも推しポイントだったりするのですが、シロワニはこれが左右ひとつずつ、オオワニザメは左右二つずつついています。

図鑑によってシロワニも複数あるとか、オオワニザメは2〜3本だと書いてある場合がありますが、僕が今まで見てきた限りだと、シロワニは1つずつ、オオワニザメは2つずつの歯ばかりだったので、ある程度精度の高い見分け方と言っていいと思います。

もちろんこの3つ以外にも細かい違いはありますが、これだけ押さえておけば両種は簡単に見分けることができるので、サメ好きの方はこれを機会に覚えておきましょう。

ラブカよりも珍しい?

オオワニザメは今紹介した通り水族館によく展示されているシロワニに近い仲間で見た目も少し似ているのですが、実はこれまで長期飼育実績もなく、ほとんど生態が分かっていない、超激レアなサメです。

シロワニが飼いやすい理由として、陸に近い場所の水深15〜30mというシュノーケルやダイビングで簡単にいける水深生活していて、しかも普段は非常にゆっくりと泳いでいるので、水質の変化や限られた空間での生活に慣れやすい可能性が考えられます。

一方のオオワニザメは、浅い場所に来ることがありますが、水深300mや600m、深い場所だと1000mほどの深海に生息しているとされ、捕獲例も非常に少ないです。

そのため、滅多に採集できることがないですし、できたとしても生きたまま水族館などに搬入することは困難で、過去に展示された個体もすぐに死んでしまいました。こういう事情もあって、その生態はほとんど分かっていないです。

例えば、同じオオワニザメ科のシロワニは、子宮内で共食いするという話が有名ですが、オオワニザメは現在まで妊娠個体すら見つかっていません。

近い仲間であり、成熟した雌の生殖器官の特徴がシロワニに似ていたことから、同じ胎生の卵食タイプ、つまり母胎内でほかの卵や赤ちゃんを食べるサメの可能性が高いとされていますが、はっきりとしたことは分かっていません。

深海に住んでいる珍しいサメといえばラブカやミツクリザメのイメージがありますが、ラブカは妊娠個体が複数見つかっていて「妊娠期間3年」とか言われていますし、ミツクリザメもそれなりの頻度で水族館に展示されています。それを考えると、知名度こそ劣りますが、オオワニザメはラブカやミツクリザメを凌ぐ超激レア深海ザメと言えるかもしれません。

油壺にオオワニザメ現る!

そんなオオワニザメがなんと、今年2021年5月に、京急油壺マリンパークに展示されました!

生きている様子はYouTubeの解説動画にアップしたので、油壺まで行けないという人は是非そちらを見て欲しいのですが、非常にカッコよく、可愛く、惚れ惚れする姿でした。

実際にこのオオワニザメを見た子供が「可愛い」という場面を僕は目撃しているので、なかなかマスコット感というか、アイドル要素にあるサメだなって僕は思います。

ちなみに、この油壺の回遊水槽には、シロワニ、レモンザメ、オオメジロザメという、熱帯などの暖かい海の比較的浅い場所に生息している大型サメ類も暮らしています。

それを考慮すると、この水槽の水温は高めだとは思いますし、結構な光が降り注いでいますが、オオワニザメは割と平気そうに悠然と泳いでいました。先ほどオオワニザメは深海に生息するサメと紹介しましたが、この様子を見る限り、いわゆるラブカとか、深海水槽で良く展示されているツノザメ類などと比べると、水温・光量の変化には強いのかなと思います。

ちなみにこの個体は御名版によると横須賀で漁獲された子だそうです。クラスパーが見えないので女の子ですね。この水槽の他のサメ類が大きくてムチムチしているので小さく見えますが、1mはゆうに超えていたと思います。かなり立派で、僕が見に行った時点の感想ですが、非常に状態が良かったです。

京急油壺マリンパークが今年の9月30日で閉館するというニュースが発表されて非常に残念ではありますが、一生に一度見られるかどうかの超貴重展示ですので、閉館までに行けるという方は、ぜひ一度訪れてみて下さい!

以下のYouTube動画で本記事の内容と合わせて、回遊水槽にいるサメたちの見分け方なども紹介しているので、よろしければ予習にご活用いただければ幸いです。

※本記事は2021年月25日に執筆しています。本記事をご覧になる時点で展示内容が変更になっている可能性がございます。予めご了承ください。

 

投稿者プロフィール

1992年東京都生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国、ポートランド州立大学に留学。

HPやYouTubeでサメなどの海洋生物・水族の生態を紹介、環境問題の解説を行っている。サメや関連イベント参加、水族館巡り、ダイビング、標本作製などサメや生き物活中心の生活を送る。水族館のボランティアスタッフの経験あり。トークイベントのプレゼンターやライターとしても活動。

ライティングやトークイベントのご依頼・その他お問い合わせはコチラ↓
shark.sociology.ricky@gmail.com

サメ社会学者Rickyをフォローする
未分類
サメ社会学者Rickyをフォローする
The World of Sharks

コメント

タイトルとURLをコピーしました