子宮内でサメの赤ちゃんはどうやってウンチを処理しているのか?超貴重なハチワレの胎仔から考えてみた

未分類

おはヨシキリザメ!サメ社会学者Rickyです!

今回はオナガザメというサメの仲間の一種、ハチワレについて紹介していきます!

このサメの名前自体を聞いたことがないかもしれませんし、最初にお伝えすると今回は割とマニアックな内容です。ただ、めちゃくちゃ貴重な標本で、非常に興味深いものを観察できたのでシェアさせて下さい。

先日レビュー記事をアップした『寝てもサメても 深層サメ学』の内容にも関係してくる話なので、この本を読んだ、またはこれから読む予定の方は特に必見です!よろしくお願い致します!

 

ハチワレとはどんなサメ?

まずはオナガザメとは、そしてハチワレとはどんなサメなのか、一応簡単に紹介をしていきます。

「オナガザメ」とは、ホホジロザメやアオザメなどが分類される「ネズミザメ目」というグループに分類される、マオナガ、ニタリ、ハチワレの3種を表す言葉です。

僕が描いた3種それぞれの絵です。上からマオナガ、ハチワレ、ニタリです。

「オナガ」という名前の通り、このサメたちは尾鰭が非常の長いのが特徴です。ごく一部を除き、ほとんどのサメは尾鰭の上側が下側よりも長いのですが、オナガザメはその中でも飛び抜けて長いです。尾鰭上葉だけで全長の半分が占められています。

このオナガザメの仲間については以前に紹介記事を出していますが、この中でハチワレは非常に大きな目、そして深く刻まれたV字型の溝が特徴です。

こちらがハチワレの頭です。とんでもなくデカい目玉をしています。

サメという言葉の語源は目が小さい「狭眼」だという説があります。これには諸説あって否定している人もいるんですが、どちらにしろハチワレにはミスマッチなネーミングですね。

ハチワレは表層域を泳ぐこともありますが、他のオナガ2種に比べると深く潜るサメのようで、恐らくそれがこの目の大きさの理由だと思います。頭の背面にまで達している大きな眼は、暗い水中でも自分の上を泳ぐ獲物を見つけるのに役立ちそうですね。

他のオナガザメも目は大きいのですが、ハチワレはその中でもBigeye thresherと呼ばれます。

 

超貴重な胎仔の標本

ハチワレの基本情報についてはこのくらいにしましょう。

このサメ自体は水族館で展示したりするのが難しいだけで、超激レアかと言われれば、そうでもないです。僕もハチワレのお肉を食べたことがあります。

ただ、今回観察したのはハチワレの赤ちゃんです!先ほどデッカい頭をご覧いただいたのですが、あのサメの子宮内に入っていた子達です。

実際のハチワレの胎仔がこちらです。ちゃんとオナガザメらしく尾鰭が長いですね。ハチワレ特有の大きな眼、V字型の溝も確認できます。

ハチワレは母体依存型胎生、つまり産み落とされた卵殻内で育つネコザメやイヌザメなどと異なり、ママのお腹の中で育ちます。そして、ハチワレは他のネズミザメ目の多くと同じく卵食型、つまり母胎内でママから供給される他の卵を食べて成長します。

この状態からどれくらい成長するのか、あと何ヶ月経てば産まれていたのか、はっきりとしたことは分かりませんが、北米近海に生息するサメ類を研究している専門家の方によれば、オナガザメは他のネズミザメ目のサメよりも、成魚に近いフォルムになるのが早いそうです。そして、別のハチワレの胎仔を見たことがある方曰く、もっと尾鰭が長くなるはずということなので、この見た目でも生まれる直前ではないみたいです。

ちなみに口はこんな感じです。

ほとんど歯がないような状態でした。肉眼で見ると「歯っぽいものがあるかも?」という感じだったのですが、触っても分からないくらいでした。なかなかに可愛い口をしています。オナガザメ類は顔に対して口が小さくて、そこがまたチャームポイントですね。

ちなみに、すでに観察時点で子宮から取り出された状態でしたが、この子達は二つある子宮のそれぞれに1匹ずつ入っていました。ハチワレはもともと一度に産む数が少ないようです。

 

サメのウンチ問題

ハチワレの胎児自体が非常に貴重な標本なのですが、今回さらに興味深いものを見せていただきました。それを理解していただくために、僕が勝手に「サメウンチ問題」と呼んでいるものについて紹介をしていきます。

先日『寝てもサメても深層サメ学』のレビューをしましたが、この本にサメのウンチに関する紹介があります。

簡単に話すと、サメは母胎内で羊水に浸かっています。もしここに赤ちゃんがそのまま糞尿を排泄してしまうと、排泄物で羊水が汚染されてしまうので、羊水を通して物質のやりとりをしている赤ちゃんの命に関わります。

では、胎生のサメやエイの仲間はどうやってこの問題を解決しているのか?これがサメウンチ問題です。

本の中で触れられているのが、先ほど取り上げたハチワレを含む卵食型のサメでは特にこの問題が重要になるということです。

例えばシュモクザメなどのサメは臍の緒が繋がった胎盤を通して栄養をもらいますが、卵食型のサメは子宮内で食事をするので、かなりの糞ができるはずです。これをそのまま出したら子宮内がとんでもないウンチ地獄になります。

胎盤とへその緒でつながったシュモクザメの胎仔たち

では、どうやってサメウンチ問題を解決しているのか?それについてもこの本では触れられています。

サメとエイは共に軟骨魚綱・板鰓亜綱の仲間なので、生殖方法が似ていることもあります。その中でアカエイは卵食はしないものの、子宮内で分泌されるミルクのような栄養液を飲んで育つ胎生です。子宮内で飲み食いすることは共通しているんですね。

アカエイの胎児の成長過程を調べたところ、胎児の腸の後ろに大量の糞便が詰まっていて、しかも腸の出口が閉じていることが確認されました。つまり、羊水を汚染しないようにどうにか処理して出しているのではなく、絶対に出さないように全部溜め込んでいるんです。

しかも、サメやエイの仲間って腸が大体短いんですが、アカエイの胎児の腸は成魚の4〜6倍あるそうで、子宮内にいるときのウンチ貯蔵タンクになっています。

実際の論文はコチラ↓

 

ここでようやくハチワレに話が戻ってくるのですが、アカエイで確認されたこのウンチ貯蔵方式、卵食型のサメではどうなっているのか?

こちらが腹を開いた状態のハチワレの胎仔です。サメの内臓に関して知識がある人ならこの時点で気づくと思いますが、サメにしては腸がだいぶ大きく見えます。

種によって比率は異なりますが、サメの臓器で一番大きいのは肝臓です。浮き袋がないサメたちはこの肝臓の脂で浮力を維持しているというのが通説ですが、ハチワレの胎仔は明らかに肝臓よりも腸の方が大きいです。

そして、注目していただきたいのがその中身です。結構な量の糞便と思しきものが詰まっています。

ちょっと黄色がかった、緑っぽい糞便が見えますね。

さらに、腸の出口付近を見てみると、総排出孔の少し手前で明らかに色がピンク色に変わっています。この中身を開いたりはしていないですが、恐らく先ほど話したアカエイのように、ここで行き止まりになっていて、産まれた後に排泄するのかもしれません。

現時点で、僕がここまで紹介したのはあくまで推測でしかないので、本職の研究者の方に調べていただく必要があると思いますが、ホホジロザメの胎仔の腸にも緑色の糞が詰まっていたという記録があるので、ネズミザメ目の卵食型のサメも、ウンチ貯蔵方式を採用しているのかもしれません。

子宮内でサメたちはどうやって排泄物を処理しているのか?このサメウンチ問題の謎については、進展があればまた紹介していこうと思います。

 

 

投稿者プロフィール

1992年東京都生まれ。早稲田大学国際教養学部卒。アメリカ合衆国、ポートランド州立大学に留学。

HPやYouTubeでサメなどの海洋生物・水族の生態を紹介、環境問題の解説を行っている。サメや関連イベント参加、水族館巡り、ダイビング、標本作製などサメや生き物活中心の生活を送る。水族館のボランティアスタッフの経験あり。トークイベントのプレゼンターやライターとしても活動。

ライティングやトークイベントのご依頼・その他お問い合わせはコチラ↓
shark.sociology.ricky@gmail.com

サメ社会学者Rickyをフォローする
未分類
サメ社会学者Rickyをフォローする
The World of Sharks

コメント

タイトルとURLをコピーしました